安定、安心、フォローも抜群! 女性管理職が明かす、仕事も家庭も両立できる電気主任技術者の働き方

安定、安心、フォローも抜群! 女性管理職が明かす、仕事も家庭も両立できる電気主任技術者の働き方

多くの働く女性が直面する「家庭と仕事をどう両立するのか?」という問題。結婚、出産、育児に追われる中で、なかなか自分のキャリアを築けず断念する人も。そんななか、勤続28年を誇り、現業系職場において初の管理職に就いた方が電気業界にいます。 それが関東電気保安協会・土浦事業所に所属する日野由利子さんです。「この仕事は女性でも続けられるし、制度も環境も整っている」と日野さんは語ります。毎日、家族のためにお弁当を作る、母としての仕事も抜かりなしの日野さんの仕事観とは?


現場で女性ならではの細やかさで高評価をゲット

――電気業界は男性が多いイメージですが、なぜ男性中心の職場を選ばれたのですか?

 

「もともと工業高校の電気科に通っており、電気は身近な存在でした。そんななか、私が働く関東電気保安協会や東京電力さんが女性の技術者を入れようと取り組んでおり、女性でも働けそうだし面白そうだな、と好奇心が湧き、入社を志望しました」

 

――入社されてから現在までどのようなキャリアを築かれてきましたか。

 

「工業高校を卒業後、18歳で関東電気保安協会に入社。最初の4年は一般家庭の調査業務を担当し、その後は工場やビルなどの電気設備(自家用電気工作物)の安全面の点検といった保安業務に従事しました。保安業務の方は就任してすぐに担当を任されたわけではなく、最初の4年は、検査助手。先輩の補助的なポジションとして仕事に従事しました」


――ということは、働きながら、プライベートの時間を使って資格の勉強をしていたのでしょうか。

 

「いえ、4年の実務経験を積むことで資格を得ることができました。資格を獲得してから、担当検査員として本格的なキャリアをスタートさせることができました。ただ私の場合、途中で育休を2度取得したため、休みつつ4年の日数を積み重ねてく日々。そのため資格取得までには約8年の時間を要しました」


※現在は、実務経験は5年です。(保安協会の場合は外部委託)

 

指導をするのも大事なオシゴト。

――担当検査員になってから苦労されたことは?

 

「いままで男性が担当していたことを女性が対応していますので、訪問先のお客さまはびっくりされていましたね。『この女性に点検を任せていいのか』と不安を抱いているなと、感じることも多々。しかし、この仕事は経験と技術がものをいうので、実績を重ねていけばお客さまとの信頼関係を構築できる。なので、その点はあまり気になりませんでした。むしろ男性ばかりの現場なので、女性用トイレがないなど環境面で苦労しましたね」


――現場に出るということは体力を求められることもあると思います。そういった時に男性との差を感じたことはありましたか?

 

「測定器具を使う時に腕力のなさを痛感することはありました。ただそれは周囲がカバーしてくれるので、問題ありませんでした。力では男性に勝てないからこそ、細かな作業や女性ならではの気遣いや心配りを大事にするなど、別の部分で自分の実力を発揮していくことが大切です」

出産・育休で同期から遅れてしまうのが悔しかった。でも…

――日野さんはこの道ひと筋28年。この仕事を辞めたい!と思った瞬間はありますか?

 

「ありましたね。23歳で結婚し24歳の時に1人目を出産。その時、私はまだ電気保安のアシスタントの立場でまだ独り立ちできていない。妊娠が発覚した後は内勤業務になったので現場に出られず経験も積めない。そして仕方ないとはいえ、小さな子どものお世話をしなくてはならず、育休を取る…。27歳の時に続いて2人目を出産したので、同期からかなり遅れをとってしまったのです。アシスタントを卒業し、担当を任してもらえるようになったのは30歳のころ。この頃は焦りから辞職という言葉が頭をよぎりましたね」

 

――辞めようと思ったのに辞めなかった。日野さんを留まらせたものはなんでしょうか?

 

小さな子供の面倒をみてくれる家族や朝早く、夜遅くでの時間帯の業務を配置しなかった・軽減してくれた会社のサポートがあったからです。子どもの具合が悪くなったら、快く早退を許してくれる職場環境でもありましたし、ママ社員としては本当に働きやすい環境でした」

 

――仕事と子育ての両立で苦労したことは?

 

「実は、苦労をした記憶がないんですよ(笑)。土日出社が多い仕事なので、子供が遊びたい時に相手ができないこともありましたが、学校行事があれば休ませてもらったり、毎年の家族旅行へ出かけたりするなどして、子供たちとしっかり時間を過ごすことができました」

――現在は現場系職場としては初の女性管理職(課長代理)に就任されています。具体的にどんなお仕事をされているのでしょうか?

 

「私の下に2人の係長がおり、各係長の下に5名が所属。計12名の労務管理や点検内容の確認、それに付随して委託業務の契約管理をしています。管理職という立場から、チームをマネジメントすることも私の業務です。男性の管理職の中にはリーダーシップで引っ張っていくタイプが多いかと思いますが、私はチームに尽くしながらひとつにまとめるタイプ。メンバーに気を配り、率先して動くことでリーダーとしての姿を示すようにしています。

 

管理職を目指したいと思ったきっかけは、尊敬する上司が後押しをしてくれたことでした。その時の上司のような管理職になりたいと思いながら、日々努力をしています」

 

――同じ職種に就く女性の同僚はいらっしゃいますか?

 

「いまは茨城県の土浦事業所に勤務していますが、同事業所で働く女性は一名。過去には何名かいましたが、結婚・出産を機にみんな辞めてしまって。辞める前に『仕事と家庭をどう両立しているの?』と相談されたこともありますし、皆さん悩んでいたみたいです。女性技術者(検査助手)は、県外にも3名ほどいます」

プライベートもしっかり遊ぶ!

――せっかく経験を積んだのに辞めてしまうのはもったいないですね。

 

「そう思います。この仕事は女性でもやり遂げられると声を大にして言いたい。出産前後は、どうしても休まざるを得ない時期がありますが、ちゃんと復帰できますし、育児と仕事が両立できる環境も整っている。先述したように、技術職ですから、性別は関係ないんです。むしろ女性ならではの細やかな気遣いが求められる職業です」。

 

――最後の質問です。日野さんにとって電気とは?

 

未知数無限大。これは、電気が変化→仕事が変化→経験が未知数=ワクワク感無限大という造語です。

未来のことは分かりませんが、おそらく永遠に無くならない仕事。無くならないので永遠に携わっていられるなと思っています。可能なら定年を迎える65歳まで続けていきたいですね」


<日野由利子さんプロフィール>

関東電気保安協会所属の電気保安。自家用電気工作物の保安業務の補助者(検査助手)を経た後、自家用電気工作物を所有するお客さまからの委託による保安業務を実施する電気主任技術者(検査員)として勤務。 現在は、管理職(課長代理)として茨城事業本部土浦事業所の電気保安3課に所属。 担当業務として各検査員の現場業務の管理業務に取組む。 最近では、太陽電池発電所の使用前自己確認業務も多数実施。

<取材・執筆>

野田綾子

関連する投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


関西電気保安協会の若手ホープが語る、「25歳の僕が見つめる電気業界の未来」

関西電気保安協会の若手ホープが語る、「25歳の僕が見つめる電気業界の未来」

「電気業界で働く人は40代や50代が多そう…」なんとなくですが、そんなイメージを持っている人も少なくないのでは。しかし、そんなことはありません! 毎年、多くの若手がこの世界の扉を叩き、切磋琢磨しながら働いているからです。その一人が関西電気保安協会の“若手ホープ”里本樹さん(25歳)。18歳で入社し、今年で8年目。今回は里本さんに、電気業界の現在、そして未来について伺いました。実務経験を積む中で気付いた、働く上で大切なこととは?


偏差値50未満だった僕が電気主任技術者になるまでの話 後編

偏差値50未満だった僕が電気主任技術者になるまでの話 後編

高校、大学と電気と向き合ってきた僕。それから社会人になり、さらに電気の魅力に気づいたのです。


最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ