数学が苦手な高校生必見!克服するための勉強方法とは?

数学が苦手な高校生必見!克服するための勉強方法とは?

数学のテストで点数が取れない、問題が解けない、理解できないと悩んでいませんか?数学に苦手意識があると受験や進路にも影響が出てしまいますよね。でも、安心してください、数学が苦手な人でも克服する方法があります!この記事では、数学が苦手な高校生が克服するための勉強方法を紹介します。数学に対する苦手意識をなくし、成績アップにつなげましょう!


数学が苦手な理由を知ろう

数学の苦手意識をなくしたいとき、まずはなぜ数学が苦手と感じてしまうのか、理由を知ることが大切です。
その理由は人それぞれですが、一般的には以下のようなものが挙げられます。

・小学校や中学校のときに、数学の基礎が十分に身についていない
・問題の解き方や考え方がわからない
・数学の言葉や記号が理解できない
・数学の問題に興味や関心が持てない
・数学に対する先入観や恐怖心が強い

これらの理由は、実はどれも克服できます。
自分の弱点や課題を明確にし、それをもとに効果的な勉強方法を選ぶことが数学の成績向上への第一歩です。
まずは、なぜ苦手と感じるのか考えてみましょう。

数学の基礎をしっかり身につけよう

数学の苦手意識をなくすために、まず確認したいのは、数学の基礎はしっかり身についているかどうかです。
数学の基礎とは、四則演算、分数、小数、比例、平方根、二次方程式、三角比などの算数や中学数学で習った内容です。

これらの内容は、高校数学の基礎となるため、非常に重要になってきます。
例えば、確率や統計は、分数や平均という基礎を使っていますし、ベクトルや行列は、比例や方程式という基礎を使っています。
このように高校数学はほとんどが中学の応用です。数学が苦手だと感じる方は、まずは基礎をしっかりと固めることから始めてみましょう。

では、どうすれば基礎をしっかり身につけることができるでしょうか?
そのカギは、基礎をしっかり復習することにあります。

復習するときに大切なのは、単に忘れてしまった内容を思い出すことだけでなく、理解することです。なぜその公式や定理が成り立つのか、どういう意味があるのか、どういう場面で使えるのかなどを考えながら復習をしていきましょう。

復習する方法はいろいろありますが、おすすめなのは教科書や参考書を使うことです。教科書や参考書には、基礎の内容がわかりやすく説明されていますし、例題や演習問題もたくさんあります。
例題や演習問題を解き、基礎の理解度を確認したり、弱点を見つけたりすることに役立たましょう。

数学の問題をたくさん解こう

数学の勉強には、問題演習が欠かせません。
なぜなら、問題を解くことで、数学の知識や考え方を身につけることができるからです。

問題を解くことは、数学の筋トレと言えます。筋トレをすれば、筋肉がついて体力が上がりますよね。同じように、問題を解けば、数学力がついて成績向上につながります。
では、どんな問題をどのくらい解けばいいのでしょうか?

まず、問題は、自分のレベルに合ったものを選びましょう。難しすぎる問題や簡単すぎる問題は、効果的な学習になりません。
自分のレベルに合った問題とは、解ける確率が50%から70%くらいの問題です。このくらいの難易度の問題なら、解けたときに達成感を感じられますし、解けなかったときにも反省点や改善点が見つかります。

次に、毎日一定量の問題を解きましょう。数学は継続的な学習が大切です。一気にたくさんの問題を解いても、忘れてしまいます。毎日少しずつでもいいので、定期的に問題を解く習慣をつけましょう。例えば、毎日10問ずつ解くとか、毎日30分間だけ解くとか、自分に合った目標を設定してください。毎日コツコツと問題を解くことで、数学の知識や技能が定着します。

最後に、正しい方法で問題を解くことが重要です。
正しい方法とは、以下の3つのステップです。

1.問題文をよく読んで理解する
2.解き方や公式を思い出して適用する
3.答えをチェックして間違いがないか確認する

この3つのステップをしっかりと行うことで、数学の問題は確実に解けるようになります。

数学の応用力を高めよう

「数学の計算をして何のためになるんだろう」「数学なんて、将来使わないから...」なんて思っていませんか?
実は数学は社会に出ても使うことがあります。数学の応用力を高めるためにも少しずつ苦手意識をなくしていきましょう。

ここで言う数学の応用力とは、数学の知識や技術を実際の生活や社会に役立てることができる能力のことです。数学の応用力が高い人は、論理的に考えたり、問題を分析したり、解決策を見つけたりすることが得意です。これらのスキルは将来どんな職業に就いても必要なものです。

では、数学の応用力を高めるにはどうすればいいでしょうか?

一つの方法は、数学の問題を解くときに、その問題がどんな背景や意味を持っているのかを考えることです。例えば、三角比の問題を解くときに、三角比がどうやって発見されたのか、どんな場面で使われているのか、なぜ必要なのかなどを調べてみましょう。
そうすると、数学の問題がただの記号や数字ではなく、人間の知恵や発明であることがわかります。

また、自分の興味や関心がある分野に関連する数学の問題を探してみることもおすすめです。例えば、音楽や美術やスポーツなどにも、数学が隠れています。
自分が好きなことに数学が関係していることに気づくと、数学に対するモチベーションが上がります。

数学の応用力を高めることは、数学に苦手意識を持つ人にとっては難しく感じるかもしれません。
しかし、数学はただ正しい答えを出すだけではなく、その答えがどういう意味を持ち、どういう価値を持ち、どういう影響を与えるかを考えることが大切です。

数学の応用力を高めることで、数学はただの勉強ではなく、生きるための道具に変わります。数学の応用力を高めて、活用していきましょう!

数学の楽しさを感じよう

数学はただ暗記するだけの科目ではありません。数学には、論理的に考える力や創造的に問題を解く力が必要です。
そして、その力を身につけることで、自分の頭で考えることの喜びや、新しい発見をすることの驚きを感じることができます。

数学の楽しさを感じるためには、まずは自分の興味や関心に合ったテーマを見つけることが大切です。例えば、音楽や美術、スポーツやゲームなど、あらゆる分野に数学は関わっています。自分が好きなものに数学がどう使われているのか、どんな法則やパターンがあるのか、調べてみましょう。そうすると、数学が身近なものであることや、数学が表現する美しさや面白さに気づくことができます。

また、数学の楽しさを感じるためには、自分で問題を作ったり、解いたりすることもおすすめです。教科書や参考書に載っている問題だけではなく、自分で考えた問題や友達と交換した問題に挑戦してみましょう。自分で問題を作ることで、数学の仕組みやルールをより深く理解することができます。そして、友達と問題を共有することで、数学のコミュニケーションや協力を楽しむことができます。

数学の楽しさを感じることができれば、数学が苦手だった人も克服することができます。
数学の力は、高校だけではなく、社会に出てからも役に立つスキルです。楽しさを感じながら、数学の力を身につけましょう!

この記事のWriter

関連する投稿


第二種電気工事士試験の筆記試験合格を目指す!最低限覚えるポイント

第二種電気工事士試験の筆記試験合格を目指す!最低限覚えるポイント

前回は第二種電気工事士に最短で合格するポイントについて解説しましたが、今回は筆記試験に着目して解説します。通常、「識別」「計算問題」「配線図」について、ある程度の内容を理解して解くことができれば問題ありませんが、範囲が広く全ての内容を把握するのは難しいです。 この記事では、試験にでてくる頻度が高いものをピックアップして解説します。ぜひ、ご参考ください。


知って得する!第二種電気工事士の計算問題攻略のポイント

知って得する!第二種電気工事士の計算問題攻略のポイント

「計算問題が苦手」という人もご安心を。電気工事士の資格取得試験で出題される計算問題にはいくつかパターンがあり、ポイントさえ抑えれば攻略することができるのです。この記事では、重要な攻略ポイントを3つお伝えします。


若手職員が“先生”に!生徒と一緒に電気を学ぶ「特別講座」をちょっぴりのぞいてみた!

若手職員が“先生”に!生徒と一緒に電気を学ぶ「特別講座」をちょっぴりのぞいてみた!

日本電気協会中部支部では、年に6回、電気業界で働く若手職員が高等学校で教鞭をとり、「電気の魅力を伝える」ための特別講座を実施しています。2023年12月18日、愛知県にある岡崎北高校で特別講座が実施されると伺い、WattMagazine編集部も参加させていただくことに!和気あいあいとした教室で行われた電気の魅力たっぷりの講義内容をレポートします。


【受験生必見!】記憶力をあげるコツは?受験勉強に活かせる心理学

【受験生必見!】記憶力をあげるコツは?受験勉強に活かせる心理学

「全然覚えられない…」「覚えたはずなのに忘れちゃう」 そんな経験、ありませんか? 一生懸命に勉強していても、覚えられないとモチベーションも下がりますよね。今回は、受験勉強に役立つ心理学“記憶術”について解説します。


勉学の秋がやってきた!? コツを掴んで効率よく勉強するための記事5選

勉学の秋がやってきた!? コツを掴んで効率よく勉強するための記事5選

芸術の秋、スポーツの秋、食欲の秋、そして勉学の秋…! 「勉強は苦手」「なかなか集中できない」というあなたに、勉強がはかどるかもしれない記事をまとめてご紹介します。


最新の投稿


【第二種電気工事士】勉強に必要なモノまとめ【2024年最新版】

【第二種電気工事士】勉強に必要なモノまとめ【2024年最新版】

本記事は「第二種電気工事士の資格勉強で必要な物が分からない・・」という受験者さんに向けの内容です。ネットや書店を調べると多くの教材がある中で「結局どれがいいのかわからない」というのが本音なんじゃないでしょうか。 結論から言うと、私が実際にお世話になった「すい〜っとシリーズ」が1番理解しやすく、勉強を継続しやすい教材です。 工具については「ホーザンの工具セット」が鉄板で、材料は3周練習できるセットをご紹介します。本記事では失敗しない教材選びを厳選。ぜひ参考にしていただければ幸いです。


生ごみや下水汚泥、家畜糞尿からエネルギー?バイオメタンの知られざる実力

生ごみや下水汚泥、家畜糞尿からエネルギー?バイオメタンの知られざる実力

石油や石炭などと同じ化石燃料として、温室効果ガスを発生させる液化天然ガス(LNG)は、カーボンニュートラルを目指した次世代において、使用を削減していかなければならない燃料のひとつです。 しかし、LNGは都市ガスに代表されるような一般家庭のガスや火力発電などにも毎日使用されておりすぐに使用を停止することができません。そこで、LNGの代わりとまではいきませんが、利用量を削減できる可能性のある新たなエネルギー源として、バイオメタンが注目されています。


電気工事士の魅力・やりがいとは?【現役電気工事士が解説します】

電気工事士の魅力・やりがいとは?【現役電気工事士が解説します】

電気屋さんの魅力とかやりがいってどんな時に感じるものなの?未経験の人にも分かるように教えて欲しい… 今回はこういった悩みに答えます。


月の光で発電ができる?月の光の可能性と太陽光発電の最新研究

月の光で発電ができる?月の光の可能性と太陽光発電の最新研究

夜空に輝く綺麗なお月さま。雲が多いと隠れますが、天気が良いと月からの光がより強く感じたりもします。そんな月の光は、実は月から光を発しているのではなく、太陽の光が反射して私たちの目に映っているのです。 「太陽からの光なら、反射した月の光でも太陽光発電のように発電ができるんじゃないの?」 今回は過去に行われた月光を利用した「月光発電」の実験と、現在なお進められている太陽光発電の研究について解説していきます。


電気と生物は密接に関わりがある…?自分で電気を生成する生物とは。

電気と生物は密接に関わりがある…?自分で電気を生成する生物とは。

私たちの生活に不可欠な電気は、火力や風力、原子力などの動力を経て発電し、各家庭に配電されます。昔理科の実験などで電気を作ることに挑戦した経験がある人もいるかもしれませんが、自然界にも電気を生成する生物が存在するのです。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング