「ブロックチェーンってなに?」神奈川県工業高校で特別講座を開催。熱狂した講座のアフターレポート

「ブロックチェーンってなに?」神奈川県工業高校で特別講座を開催。熱狂した講座のアフターレポート

グラフィックデザイナーの細谷巌さんや“ハマのドン”として知られる実業家の藤木幸夫さんなど、多くの著名人を輩出している神奈川工業高等学校。電気科、建設科、機械科、デザイン科があり、専門的な知識を学びたい学生さんに人気です。 今回は同校にて最先端テクノロジーに関する特別講義があるとのことで、WattMagazine編集部がお邪魔させていただきました。


特別講座「ブロックチェーン」への思い

今回の特別講座のテーマは、「ブロックチェーン」、参加生徒は電気科の3年生10名です。

神奈川工業高校では、3年生になると自分でテーマを決めて一年を通して実験や制作を行う、「課題研究」という授業があります。今回は電気科の3年生のうち、AIやブロックチェーンをテーマに選んだ生徒に向けて講演を実施。

神奈川工業高校としては、ブロックチェーンの研究開発をしている専門家に講演を依頼すること自体、初めての取り組みだといいます。今まで、学生に向けてブロックチェーンを説明する機会がなかったため、一般社団法人日本ブロックチェーンの理事である峯荒夢(みね・あらむ)さんに「ブロックチェーンが創る未来」を講演いただく流れになったとか。

公演の企画と実施を担当した中谷先生は、「生徒に、未来を創造する力を養ってもらいたいと思いでさまざまな特別講座を企画しています。本講演では、峯さんにブロックチェーン技術の概要と、それを活用した新しい組織形態であるDAO(※)についてわかりやすく解説いただきました。ブロックチェーンによるWeb3.0の技術は、将来的にテクノロジーの主流としてこれからの社会生活に大きな変化をもたらす可能性を秘めていますから、今後、さらに多くの分野で活用が進んでいくでしょう。

生徒には自分たちがその変化の中にいることを認識してもらい、実際にブロックチェーンやAIの技術に触れる体験的学習を通して、未来の社会をリードする人材になってほしいと思っています」。

※Decentralized Autonomous Organizationの略で、参加者の意思でプロジェクトの方向性を決定する形態の組織のことをいいます。ブロックチェーン上で管理・運営される組織のため、取引履歴が全て記憶されており、改ざんや不正はほぼ不可能と言われています。

参考:Gaiax「DAOとNFTを組み合わせて、どのように活用できるかを解説

ブロックチェーンはより良い社会を作るカギになる?

特別講座は45分程度でしたが、参加した生徒さんたちはどのような学びと気づきを得られたのでしょうか。

「ブロックチェーンという言葉自体は聞いたことがあったが、具体的にどのようなものか知りませんでした。今回の特別講座は、短時間で理解を深めることができる、とても有意義な講座でした。課題研究の中でNFTを活用しようと考えているので、ブロックチェーン、スマートコントラクト、NFTのつながりを理解して、課題研究の内容をより良いものにしたいです」という課題研究への前向きな意見のほか、
「今回の講演を聞いて、ブロックチェーンに限らず、新しい技術にとても興味を持つことができました」「中央集権的にならないため、みんなで世界を作ることができる。そうすれば、より良い世界ができるんじゃないかと期待しています」という明るい未来を想起させる意見や、「ブロックチェーン技術をもっと身近なものにしたい」と、ブロックチェーンを活用して社会を変えてくれそうな意見も。

新たな技術を知ることで、自分たちがどのように活用していくべきか、誰もが暮らしやすい社会を作り上げるために、どのようなシーンで役立つかを一人ひとりが思い描けたようです。

特別講座に参加して…

限られた時間のなか、生徒たちが集中して講座に参加し、高度な質問をして理解を深めていく姿を拝見し、これからの未来を担う10代の漲るパワーを感じました。この先もさまざまなテクノロジーが誕生していくと思いますが、うまく活用しながら明るい社会を築いていって欲しいですね。楽しく意義のある講座に参加させていただき、ありがとうございました…!

この記事のWriter

WattMagazine編集部 編集長

関連するキーワード


レポート

関連する投稿


東大病院の大規模電気設備の点検現場に潜入!停電ができない設備の点検ってどうやって安全に作業してるの?

東大病院の大規模電気設備の点検現場に潜入!停電ができない設備の点検ってどうやって安全に作業してるの?

今回、訪れたのは東京都文京区本郷にある東京大学医学部附属病院です。患者さんの命を守るためにも病院の電気設備は安全に使用できる状態を維持しなくてはなりません。今回、年に一度実施される試験業務の点検作業に携わる関東電気保安協会の人たちを密着取材しました。


電気予報士・伊藤菜々さんレポート!「京極発電所に行ってきたよ!電力はバランスが大事」

電気予報士・伊藤菜々さんレポート!「京極発電所に行ってきたよ!電力はバランスが大事」

電力は発電量(供給)と使用量(需要)が常に一致している必要があります。この状態は同時同量といい、気候によって発電量が変わる「再生可能エネルギー」の増加により、現在は同時同量が難しくなっています。そこで活躍するのが、需要と供給のバランスを整える役割がある揚水発電です。今回は北海道にある京極発電所に行って、揚水発電所の役割を取材してきました。 トップ画像:京極発電所上部調整池の前にて


テレビCMでお馴染みの「関東電気保安協会♪」ってどんな仕事?編集部が研修施設に潜入!【後編・レポート】

テレビCMでお馴染みの「関東電気保安協会♪」ってどんな仕事?編集部が研修施設に潜入!【後編・レポート】

関東エリアにお住まいの方なら、テレビCMで「関東電気保安協会♪」というフレーズを一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ただ、実際にどんな仕事をしているのか、どんな会社なのか、知らない方は多いはず。そこで今回は、関東電気保安協会についてご紹介すべく、WattMagazine編集部が同社の技術研修所へ潜入。後編では技術研修所について、レポート形式でご紹介します。


テレビCMでお馴染みの「関東電気保安協会♪」はどんな仕事をしているの?編集部が研修施設に潜入!【前編・インタビュー】

テレビCMでお馴染みの「関東電気保安協会♪」はどんな仕事をしているの?編集部が研修施設に潜入!【前編・インタビュー】

関東エリアにお住まいの方なら、テレビCMで「関東電気保安協会♪」というフレーズを一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ただ、実際にどんな仕事をしているのか、どんな会社なのか、知らない方は多いはず。そこで今回、関東電気保安協会さまの技術研修所にWattMagazine編集部が潜入。どんなお仕事をされているのか、電気安全のプロ技術職員さんへお話を伺いました。


電気予報士・伊藤菜々さんレポート!「地層処分ってなあに?避けては通れない大事な問題」

電気予報士・伊藤菜々さんレポート!「地層処分ってなあに?避けては通れない大事な問題」

原子力発電をした後に発生する燃料の燃えカスを高レベル放射性廃棄物と言いますが、放射線を発することから、人が生活する場所から離れた場所へ保管することが決められています。地下深くに埋めることを決めており、そのことを地層処分といいます。発電後の廃棄物処理は電気を使う私たちにとっても重要な問題なのです。


最新の投稿


【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(機器・測定器編)

【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(機器・測定器編)

第二種電気工事士の筆記試験で重要視する分野に「識別」がありますが、種類が多く初めて電気に関わる人は最初の壁になるのではないでしょうか。この記事では、識別の中でも間違えて覚えやすい機器や測定器類に今回はスポットをあてて解説していきます。


 十人十色でこだわりたい【腰道具は職人のロマンNO.2】by.札電協青年部

十人十色でこだわりたい【腰道具は職人のロマンNO.2】by.札電協青年部

電気工事士の欠かせない道具たち。100人いれば、100通りある「マイベスト」。今回は第二弾です!


2024年4月に開講!次世代の電気関係者を育成する「北陸電気保安協会ミライウムアカデミー」とは?

2024年4月に開講!次世代の電気関係者を育成する「北陸電気保安協会ミライウムアカデミー」とは?

電気保安の未来を守るために今春、新たに開設されたミライウムアカデミー。今回はミライウムアカデミーの詳細についてお伝えします。


電気業界は、誰もが活躍できる時代へ。電気保安協会で働くベトナム人技術者へインタビュー!

電気業界は、誰もが活躍できる時代へ。電気保安協会で働くベトナム人技術者へインタビュー!

電気保安協会では、2024年3月よりベトナム人技術者4名が来日し、4月から定期採用者(正社員)として研修を受けています。研修はすべて日本語のため、やや苦労もあるようですが、助けを借りながらもマナーや電気保安業務について学んでいるようです。そんな4名にインタビューを実施しました。


電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編②

電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編②

毎日、何気なく利用している電気用品ですが、誰もが安全に使えるように検査に合格したものだけが販売されています。普段はあまり意識して見ることはないかもしれませんが、勉強を兼ねて家にある家電のマークを調べてみましょう。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング