資格を得て知った仕事の楽しさ。電気保安業務と資格の関係

資格を得て知った仕事の楽しさ。電気保安業務と資格の関係

電気を守る仕事に就きたい! しかし電気の仕事をするには国家資格が必要です。今回は電気保安業務にはどのような資格が必要かについて、九州電気保安協会の梅林良行さんに教えていただきました。梅林さん自身は試験に落ちた経験があるとのことで、不合格という経験を糧に合格を獲得、次のステージへと飛躍してきた梅林さん。資格取得までに苦労したこと、資格を取ったことで得た仕事の楽しさとは?


――はじめまして、WattMagazine編集部です。まずは自己紹介をお願いします。

 

「はじめまして、九州電気保安協会・北九州支部に所属する梅林良行です。本日は宜しくお願いします。私は工業高校の電気科を卒業した後、2002年に入社し、今年で19年目(20205月時点)を迎えます。入社してからは、高圧受変電設備(=自家用電気工作物)の保安業務に従事していましたが、現在は主に試験技術業務を担当しています」

 

――試験技術業務とはどのような業務をなされるのでしょうか。

 

「自家用電気工作物を設置するお客さまの要請を受け、点検・測定・試験などを行うのが主な業務です。具体的には、自家用電気工作物の精密点検や太陽光発電設備の保守点検、安全用具の点検、防災などに関する点検として消防用設備点検を実施しています」

 

――色々な種類の設備点検をされているんですね。

 

「そうですね。電気設備点検や消防用設備点検を実施するためには、必ず設備の種類に応じた点検資格が必要です。色々な点検業務をするためには資格を増やす必要があります」

難関の「第三種電気主任技術者」。なかなか突破できなかった合格への道

――現在はどのような資格をお持ちなのでしょう。

 

「工業高校に在籍した時に、学校のカリキュラムとして『第二種電気工事士』や『危険物取扱者』などの資格を取得しました。危険物取扱者は、一定数量以上の危険物を貯蔵し、取り扱う際に必要な資格です。入社してからは、500kW未満の自家用電気工作物の電気工事をするのに必要な資格である『第一種電気工事士』を取得しました。その後、『第3種電気主任技術者』を取得しました」

 

――「第三種電気主任技術者」は電気の資格において合格するのが難しいと言われる資格ですよね。

 

「そうですね。この資格の取得方法は2種類あります。1つは毎年9月にある筆記試験に合格する方法。もう1つが、経済産業省が定めた認定校を卒業し、実務経験を積んだうえで取得する方法です。私は工業高校の認定校を卒業していましたので、後者の方法で取得しました」

――「第三種電気主任技術者」の資格を取得したことで、業務の幅はどのように広がりましたか。

 

「多くの電気を必要とする商業施設や店舗、工場、オフィスビルなど様々な施設には高圧受電変設備(=自家用電気工作物)が設置されています。この資格があれば、高圧受変電設備の点検や管理といった電気主任技術者ができるようになります。業務の幅は大きく広がりました。その他には試験技術業務があります。防災などに関する点検として、消防用設備点検を実施していますが『消防設備士』の資格が必要となります。この資格は甲種と乙種の2種類があり、甲種は工事・整備・点検、乙種は整備・点検ができます。建物の用途、規模、収容人員に応じた消防用設備の設置が法律で義務づけられています。スプリンクラー設備やガス消火設備、自動火災報知設備、消火器などの点検には特類・1類から7類の資格が必要です」

 

――そんなにたくさんあるんですね!

 

「そうなんです。将来的には取得していない残りの甲種や特類を取得したいです」

試験に落ちた後に自分を振り返ることが次の合格に繋がる

――その他に、今後取得したい資格はありますか?

 

「『第二種電気主任技術者』の試験にも興味があります。この資格は、電圧が17万ボルト未満の事業用電気工作物の主任技術者としての知識が必要です。『第三種電気主任技術者』は、電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物の主任技術者としての知識が必要とされているので、『第二種電気主任技術者』を取得することで業務の幅が大きく広がります。この資格は非常に難しいので、しっかりと勉強をしなくてはいけません」

 

――梅林さんはどのように試験勉強をされているのでしょう。

 

「仕事や家事・育児をしながらの試験勉強は、朝5時には起床し、1時間ほど勉強します。また、昼休みなどの休憩時間や就寝前の時間を有効活用して取り組みます。また、勉強に集中する日と勉強を休む日をスケジュールで決め、メリハリを作ることにも気を付けています」

――資格を取ることで仕事にどんな影響がありましたか。

 

「多くの資格があれば業務の幅が広がるので、任せてもらえる仕事が増えます。また、資格の取得後は経験を積むことが必要なことです。」

 

――試験勉強は苦になりませんか?

 

「仕事と家事・育児をしながら取り組んでいますので大変ですが、頑張って勉強しています。働くうえで必要な資格試験なので、自分がなりたい姿をイメージして自己啓発に努めています」

 

――試験に落ちた時は落ち込みますよね。

 

「そうですね、落ち込みますね」

 

――そんな時、どのようにして気持ちを切り替えていますか。

 

「あと少しで合格できそうだったので、もうひと踏ん張り頑張ろうと自分を鼓舞して気持ちを上げます。また、試験結果を自己採点し、不足しているところを復習し、再チャレンジしています」

――そこまで頑張れる、この仕事の楽しさとは?

 

「電気設備に不具合が起き、停電で困っているお客さまがいる。お客さまのために対応し、電気が通った時に感謝された時は喜びを感じます。また弊社のECOねっとシステム(デマンド監視装置)を導入されたお客さまから、電気料金の削減効果が出たと言われた時は達成感がありました。

そうやってお客さまのお役に立てた時は、この仕事で良かったと心から思います。現在は副長として、業務の遂行や後輩の育成にやりがいを感じて頑張っています」

 

――仕事が好きだなんて素敵ですね。そんな梅林さんにとって“デンキ”とは?

 

「社会を支える大切なエネルギーだと思っています。停電して電気が使えない状態から通電して再び電気が使用できるようになった時に、電気の大切さとありがたさを感じています。私たちが生活を送るうえで必要不可欠な存在だと思います」

<梅林良行さんプロフィール>

九州電気保安協会の北九州支部の所属。2002年に入社して以降、電気保安技術者として、主に自家用電気工作物の点検業務や防災点検などを行う。現在は、北九州支部の技術グループにおいて、一般管理職として多岐に渡る業務を遂行。

 

<取材・執筆>

野田綾子

関連する投稿


「過去の自分」が「今の自分」を支えている。“中途社員の星”が語る電気保安の仕事

「過去の自分」が「今の自分」を支えている。“中途社員の星”が語る電気保安の仕事

電気保安の職場では「新卒入社→定年退職」が定番のキャリアコースでしたが、最近は中途採用にも力を入れています。とはいえ中途入社をすると、経験の差が出てしまい活躍できないのでは…と感じる方もいるかもしれません。しかしそんな不安は心配ご無用。九州電気保安協会の米田健志さんは、電気保安の経験ゼロで中途入社し、活躍しています。米田さんは「過去の経験が今に活きている」と語り、経験の差はあっても中途だからこそできることがあると明かします。また、教育制度が充実していて、先輩や同僚のフォローがありましたので安心だったとのこと。今回は米田さんから、中途社員が輝く方法を伺いました。


性別を問わないこの仕事。生真面目な私は今日もみんなのために電気を守る!

性別を問わないこの仕事。生真面目な私は今日もみんなのために電気を守る!

一昔前は現場では男性が力仕事を、女性は社内で事務を、といった印象が色濃くありましたが、最近では価値観や働く環境が多様化し、誰もが自分らしく働ける環境が浸透してきました。工事現場で活躍する女性作業員もいますし、キャビンアテンダントとして働く男性もいます。そして、電気の世界でも変化が起きているのです。男性ばかりだったところから、いまでは女性職員も少しずつ増加。そして中部電気保安協会で働く関ひかるさんも男性に交ざって、働く日々を送る女性職員の一人。今回は関さんに電気保安という仕事について語っていただきました。


子供たちが誇れる父になるために。頑張るお父さんの職業は電気保安技術者

子供たちが誇れる父になるために。頑張るお父さんの職業は電気保安技術者

工業高校を卒業してから20年あまり、ずっと電気を守り続ける電気保安技術者が九州電気保安協会にいます。その方の名前は松本修平さん。「電気を守るこの仕事は私の性格と合っています。一度も辞めたいと思ったことはありません」と語る松本さんとって、働くモチベーションは家族です。働く人にとって家族はどんなパワーをくれるのでしょうか? 明かしていただきました。


入社5年目。“なんとなく”はじめた仕事が今は私の心に灯をともす--22歳女子の仕事観

入社5年目。“なんとなく”はじめた仕事が今は私の心に灯をともす--22歳女子の仕事観

学生時代を終え、社会人としての第一歩を歩む始めの職場は自分の人生を決める重要な場所。しかし社会に出たことがない学生さんにとっては、どんな会社がいいのか分からず、“なんとなく”で決めてしまうことも。四国電気保安協会の梶村彩姫さんもそんな一人でした。しかし、「仕事に向き合うなかで徐々に仕事愛が芽生えていった」と語る梶村さん。4年間で変化した仕事観とは?


次こそ第二種電気工事士に合格する!勉強のコツ

次こそ第二種電気工事士に合格する!勉強のコツ

第二種電気工事士は、店舗や会場設営で電気工事をする際に必要な資格です。経済産業省が管轄している国家資格ですが、独学で合格する人も少なくありません。そこで今回は、「第二種電気工事士」取得するための勉強方法のおすすめをご紹介していきましょう。


最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


電験三種合格は無理ではない!僕が独自で見つけた勉強方法と習慣化

電験三種合格は無理ではない!僕が独自で見つけた勉強方法と習慣化

電気業界の資格の中でも最難関と言われる第三種電気主任技術者試験、通称「電験三種」。電験三種の資格を取得するなんて…と尻込みしてしまう人も少なくはありません。とはいえ、無理だと決めつけて何もしなければ合格の可能性は0のまま。鼻っから無理だと諦めず、戦略的な勉強方法を見つけてチャレンジしてみませんか?


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ