電気が進歩していく様子を最先端で見る―電気保安業務の楽しさ、そして難しさ

電気が進歩していく様子を最先端で見る―電気保安業務の楽しさ、そして難しさ

映画「君の名は」のモデルになった場所と言われている諏訪湖がある、長野県下諏訪町。この地域周辺の電気を守っているのが、電気保安業務に従事する畑佳暁さん(31歳)です。実家が電気工事業を営んでおり、幼い頃から電気の仕事は身近な存在だったそう。電気工事業務と電気保安業は同じ電気の仕事ではあるものの、業務内容に違いがあります。具体的にどのような違いがあり、どのような魅力があるのか、畑さんに明かしていただきました。


電気保安の仕事は、思っていたよりタイヘンだった

――畑さんが担当されている電気保安の具体的な業務内容を教えてください。

 

電気主任技術者として働いています。一定以上の大きさの電気を使う建物の所有者は、有資格者に電気設備(自家用電気工作物)の保守保安をさせるという法律があるんです。もし有資格者がいない場合は外部にその業務を委託することができ、私はその委託業務を担当しています。具体的にはビルや工場などの建物へ行き、自家用電気工作物が安全に動いているかを点検する業務です」

 

――ご実家が電気工事業を営んでいたそうですが、具体的にどんなことをしていましたか?

 

「簡単に言うと、電気を使えるように施工することが主な仕事です。よく大工さんから依頼を受け、新築住宅やリフォーム住宅の電気の配線工事をしていましたね。ただ私が中学生の頃になると、住宅の配線工事は下火になったため、工場の配線工事にシフトチェンジ。工場が新しい機械を入れると配線を直す必要があるのですが、うちはその工事を請け負っていました」

 

――従業員を雇っていたのでしょうか。

 

「いえいえ、父親が一人で親方としてやっていました。中学生になってから、手伝いとして現場に同伴させてもらえるようになったんですが、そこで得た経験は本当に大きかったですね。建築現場には大工さんだけでなく、水道関係者や内装屋さんもいる。いろんな職人たちと触れ合い、お話しするなかで、自分にとってしっくりくるのはやっぱり電気関係の仕事だなって思うようになりました。電気って目に見えないじゃないですか。だから事前に計算と設計を入念に行い、施行するんです。そうやって事前に計画を練るのが楽しくて!でも、施工して上手くいかない時も楽しい。上手くいかなくって、どうすればいいかを現場で考えているとワクワクするんです」

 

――へえ〜。なんだか面白い視点。電気関係以外の仕事に就こうとは思わなかったんですか?

 

「ずっと野球をしていたので、野球に携わる仕事をしたいと思うことはありました。夢のないことを言ってしまいますが、当時、電気の仕事は“保険”として考えているところがあって。中学時代、次の進路を決める時に『野球の仕事が無理なら、電気の仕事をしよう』と決めて、工業高校の電気科を選びました。高校生になって『やっぱり野球は無理だろうなって』って現実が見えた時に、じゃあ電気に携わる仕事をしようと」

当時は野球選手を目指していた畑さん。

――電気に携わる仕事と言ってもたくさんありますよね。なぜ電気保安の仕事を選んだんでしょう。

 

「これもまた夢のない話になってしまうのですが、電気保安は電気設備を検査するだけだから、なんだかラクそうな仕事だと思って志望しました。ただ、実際にやってみると真逆で、結構タイヘン。電気工事の仕事は、建物に電気を流すことが目的ですが、電気保安の仕事は自家用電気工作物をどう安全に使い続けてもらうかを目的に対応します。とくに“安全”は最重要ポイントです。

 

電気保安の仕事を、もっとわかりやすく解説しましょう。キッチンの冷蔵庫置き場周辺にはコンセントがありますよね。このコンセント、昔は冷蔵庫の裏に隠れるような場所にあったんです。でも今は上の方に設置されています。なぜかというと裏にあるせいで掃除が行き届かなくなりコンセントにホコリが溜まり火災の原因になるからです。安全面を考えてコンセントを上に設置すべきと提案するのが、電気保安の仕事。電気保安は安全に電気が利用できる場所を考えます」

電気の可能性はまだまだ広がっていく

家族との時間も大事にしています。

――安全を最優先に考えながら業務を進めていくんですね。

 

「そうですね。また理論的に物事を捉えることも大切になりますね。ある工場に点検に行った時、よく壊れるコンセントがあって、なんでここだけ壊れるんだろうと考えていたら、ちょうど荷物を運ぶ台車にぶつかりやすい位置にあったんです。だから、壊れやすくなっていたのだな、と気づくことができました。このままにしておくのは危険ですので、原因がわかった後はコンセントにカバーを付け、安全の確保に努めました。そうやって事故が起こる原因を見つけ、安全対策をし、事故を未然に防ぐ。これは理論的に物事を考えないとできないことです」

 

――この仕事の難しさとは?

 

「電気業界で働く誰もがそう感じていると思いますが、見えないものを相手にしているのでそこが一番大変ですね。実体としてつかむことができませんから、推測しながら業務を進めなくてはなりません。たとえば、ホテル。もし、宿泊客がドライヤーを同じタイミングで一斉に使ってしまったら、ブレーカーが落ちる可能性が出てきます。そうしたことを想定し、対策をしましょう、と提案するのです。でもそれはあくまで推測であって、正解かどうかは動かしてみないと分からなかったりします」

――最後の質問になります。畑さんにとって“デンキ”とは。

 

「なくてはならないもの。そして将来、広い分野で発展していくものだと思っています。技術が加速的に進歩し、スマートフォンで家電を操作できるようになりました。その動力は電気です。電気の可能性も広がり、それを最先端で見ることができるのがこの仕事の魅力。その進歩に追いつくために勉強をし続けないといけませんが、私自身はそれをまったく苦だとは思いません」



<畑佳暁さんプロフィール>

中部電気保安協会の諏訪営業所所属。実家が電気工事業であり、工業高校電気科在学時から電気保安管理業務に魅力を感じて2007年に入社。以降、電気保安技術者として、電気設備の保安、試験業務、電気安全使用の広報業務などを行う。

 

<取材・執筆>

野田綾子

関連するキーワード


電気保安 中部電気保安協会

関連する投稿


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。



「電気を止めるな!」電気保安業務に従事する僕が伝えたいこと 前編

「電気を止めるな!」電気保安業務に従事する僕が伝えたいこと 前編

「電気業界はこのままで本当に大丈夫かな?」 電気の世界に身を置く僕が、今、肌で感じている不安、そしてあなたに伝えたいこと。


「過去の自分」が「今の自分」を支えている。“中途社員の星”が語る電気保安の仕事

「過去の自分」が「今の自分」を支えている。“中途社員の星”が語る電気保安の仕事

電気保安の職場では「新卒入社→定年退職」が定番のキャリアコースでしたが、最近は中途採用にも力を入れています。とはいえ中途入社をすると、経験の差が出てしまい活躍できないのでは…と感じる方もいるかもしれません。しかしそんな不安は心配ご無用。九州電気保安協会の米田健志さんは、電気保安の経験ゼロで中途入社し、活躍しています。米田さんは「過去の経験が今に活きている」と語り、経験の差はあっても中途だからこそできることがあると明かします。また、教育制度が充実していて、先輩や同僚のフォローがありましたので安心だったとのこと。今回は米田さんから、中途社員が輝く方法を伺いました。


性別を問わないこの仕事。生真面目な私は今日もみんなのために電気を守る!

性別を問わないこの仕事。生真面目な私は今日もみんなのために電気を守る!

一昔前は現場では男性が力仕事を、女性は社内で事務を、といった印象が色濃くありましたが、最近では価値観や働く環境が多様化し、誰もが自分らしく働ける環境が浸透してきました。工事現場で活躍する女性作業員もいますし、キャビンアテンダントとして働く男性もいます。そして、電気の世界でも変化が起きているのです。男性ばかりだったところから、いまでは女性職員も少しずつ増加。そして中部電気保安協会で働く関ひかるさんも男性に交ざって、働く日々を送る女性職員の一人。今回は関さんに電気保安という仕事について語っていただきました。


最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ