2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


台風上陸前から本部に宿直。復旧活動は、台風上陸前から始まる!

左から岡村篤人さん、芹澤裕一さん、阿部貴成さん

――今回は20199月に上陸した台風15号によって発生した停電と、その復旧活動についてお話を聞かせていただければと思っております。まずは皆さん、自己紹介をお願いします。

 

芹澤裕一さん(以下、芹澤)「私は、関東電気保安協会の保安本部に所属しており、通常時は、電気設備の保安業務に関わる業務計画の立案等を担当しています。台風15号の災害時は、本部に交替で常駐し、現場で作業をする技術者たちに指示を出す、司令塔のような立場で業務にあたっていました」

 

岡村篤人さん(以下、岡村)「私と阿部は、建設部に所属し、電気設備工事の図面や見積を、作成をする業務を担当しています。災害時は千葉県の各地に向かい、復旧作業に従事していました」

 

阿部貴成さん(以下、阿部)「私たち関東電気保安協会は、関東16県だけでなく、山梨県と静岡県にも拠点を置いています。台風15号が去った後、各拠点で働く技術者(延べ700)が、千葉県に集結し、復旧作業を行いました。その時は2人で1チームとなって、日中担当と夜間担当に別れて、交互に作業を実施。24時間体制で対応し、3週間で復旧活動が完了しました」

災害時に発足した本部。web会議などで情報を集め、現場に指示を出していた

――当時、どのような復旧活動を担当されていたのでしょうか。

 

芹澤「復旧活動は、台風上陸前から始まります。数日前から首都圏に最強クラスの台風が上陸すると分かっていましたので、台風上陸前から事務所の事故応動に従事する宿直要員を増員し、台風が去った後の復旧活動に備えていました。台風が去って、いざ復旧活動となると、情報収集に集中。本部にいた私は、『〇〇市の□□へ行って欲しい』『●●の事業所で、燃料が足りていないから補給して欲しい』など、状況を加味しながら災害地で作業をする技術者たちに指示をしていました。なので、正確な情報を集め、現場で働く作業員がスムーズに働けるよう、適切な選択と決断を行うよう細心の注意を払っていましたね」

道が塞がり現地へ行けない、夜通し作業…。災害時ならではのトラブルや苦労

――実際に災害地へ行かれた岡村さんは、どのような復旧活動を行われたのでしょう。

 

岡村「復旧活動について話す前に、質問したいのですが、電気はどうやって皆さんの元に届くがご存じですか?」

 

――ええと……(答えが出てこず)

 

岡村「ざっくり分けると3つの段階に分けられます。(関東周辺では)東京電力さん等が電気を“発電する”、次に送電線や配電線などを通じて“送電する”、そして建物に設置している電気設備が“受電する”という流れです。私たちは最後のパートである“受電する”部分に関わっており、受電する電気設備に異常がないかをチェックしています」

 

阿部「電気設備に問題がないと判断できたら、建物に電気を通し、ここでやっと明かりを灯すことができるんです」

 

岡村「台風15号が上陸したことで、配電線経路が途絶えてしまったり、電気設備に不具合が起こったりして、多くの建物で電気が使えない状態になりました。そこで全国から、電力関係者が千葉県に集結。現地で配電線や電気設備を修理し、電気の復旧活動に努めたのです」

配電線を修理する様子。これを直さないと電気が建物に届かないのだ

――通常時の作業と比べると、災害地での復旧作業は、どういった点が違いましたか?

 

阿部「普段は電気設備ごとに、担当者がいて、その担当者が日々、点検作業を行っています。そのため、通常はその電気設備に詳しい担当者がいますが、災害時は担当ではない者が電気設備をチェックすることになる。つまり、初めての電気設備に触れるため、手探り状態で作業することが多々ありましたね」

 

芹澤「保安協会のシステムには各電気設備の情報をまとめたデータが、“カルテ”のように保管されているんです。分からないことがあれば、現場に情報を共有し、作業しやすいようフォローしています」

台風15号の暴風雨により、電柱が倒され、行く手を塞がれた道路

――災害時ならではの苦労はありましたか?

 

岡村「作業をする現場に行くまでに苦労しました。ナビが案内する道を通っても、その道に木が倒れているので予定通りに進むことができず、迂回しなくてはならない。その迂回した先でも道路が塞がれていて、通れない…と現場に辿り着くまでが大変でしたね」

 

――1日に何箇所くらい電気設備をチェックするのでしょうか?

 

芹澤「1チーム、23箇所を担当していました。みんな必死で作業をしていました。宿直した日、私が寝る前に作業をはじめた夜班チームがいたんですが、朝起きて連絡してみたら、『まだ作業中です』と言っていて…。夜通し、作業をしていたんだなと。少しでも早くあかりを灯すために必死でした」

復旧活動が認められ、「電気保安功労者経済産業大臣表彰」を受賞

「電気保安功労者経済産業大臣表彰」の授賞式の様子。代表して理事長が表彰状を授与された

――そうした取り組みが評価され、翌年の2020年、関東電気保安協会は「電気保安功労者経済産業大臣表彰」を表彰されました。おめでとうございます! この賞は電気保安の確保に顕著な功績があった団体や個人を表彰するものです。

 

3人「ありがとうございます」

 

――なぜ受賞できたと思いますか。

 

芹澤「台風15号で停電被害を受けた時、災害地へ行き、復旧作業をしたことへの功労が評価されたのかな、と思っています。私たちの仕事は、電気設備の保安です。台風で建物が停電し、困っている方の元へ駆けつけ、迅速に対応する。そういった取り組みが、評価されたと思うと嬉しいですね」

 

阿部「当時はまだ、暑い時期だったので、停電でエアコンが使えず、みなさん、ジワリと体力を奪う熱さに困っていました。だから、電気が復旧し、空調が動いた時に、方々から『よかった』という安堵の声を聞くことができて、本当に嬉しかったです。そういう時、この仕事をしていて良かったと心から感じますね」

関連する投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


【高校生インタビュー・後編】将来は大好きな地元で地域貢献をしながら電気に関わる仕事に就きたい!現役女子高生が語る「私の夢」

【高校生インタビュー・後編】将来は大好きな地元で地域貢献をしながら電気に関わる仕事に就きたい!現役女子高生が語る「私の夢」

未来の電気保安を担う電気技術者の応援を目的とし、「電気技術者としての夢や抱負」をテーマにした高校生作文コンクール。応募者数665人の中から最優秀賞に輝いた、山梨県立甲府工業高等学校電気科の3年生、丸山侑晏さん。WattMagazine編集部は受賞を果たした丸山さんに直撃し、前編と後編の2回に渡ってインタビュー。後編では、丸山さんの現在と未来についてお話を伺いました。将来は電気に関わる仕事に就きたいと夢を明かしてくれた丸山さんの現在の高校生活とは?将来の夢についても語っていただきました。


【高校生インタビュー・前編】ワタシが考える電気の未来。カギは「女性の社会進出」と「環境にやさしい電気」

【高校生インタビュー・前編】ワタシが考える電気の未来。カギは「女性の社会進出」と「環境にやさしい電気」

未来の電気保安を担う電気技術者の応援を目的とし、関東電気保安協会が主催する「電気技術者としての夢や抱負」をテーマにした第8回高校生作文コンクール。応募者数665人の中から最優秀賞に輝いたのが、山梨県立甲府工業高等学校電気科の3年生、丸山侑晏さんです。WattMagazine編集部は丸山さんに直撃し、前編と後編の2回に渡ってインタビュー。前編では電気に興味を持ったきっかけから、作文のことまで聞いてきました。作文では、「女性の社会進出」と「環境にやさしい電気」をテーマに問題提起をしていた丸山さん。高校3年生の丸山さんが考える、“電気の未来”とは?


安定、安心、フォローも抜群! 女性管理職が明かす、仕事も家庭も両立できる電気主任技術者の働き方

安定、安心、フォローも抜群! 女性管理職が明かす、仕事も家庭も両立できる電気主任技術者の働き方

多くの働く女性が直面する「家庭と仕事をどう両立するのか?」という問題。結婚、出産、育児に追われる中で、なかなか自分のキャリアを築けず断念する人も。そんななか、勤続28年を誇り、現業系職場において初の管理職に就いた方が電気業界にいます。 それが関東電気保安協会・土浦事業所に所属する日野由利子さんです。「この仕事は女性でも続けられるし、制度も環境も整っている」と日野さんは語ります。毎日、家族のためにお弁当を作る、母としての仕事も抜かりなしの日野さんの仕事観とは?


最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


電験三種合格は無理ではない!僕が独自で見つけた勉強方法と習慣化

電験三種合格は無理ではない!僕が独自で見つけた勉強方法と習慣化

電気業界の資格の中でも最難関と言われる第三種電気主任技術者試験、通称「電験三種」。電験三種の資格を取得するなんて…と尻込みしてしまう人も少なくはありません。とはいえ、無理だと決めつけて何もしなければ合格の可能性は0のまま。鼻っから無理だと諦めず、戦略的な勉強方法を見つけてチャレンジしてみませんか?


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ