台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


電気が使えず廊下でうずくまる高齢者の姿を見て、茫然となる…。

左から岡村篤人さん、芹澤裕一さん、阿部貴成さん

――201999日に千葉県に上陸した台風15号。岡村さんと阿部さんは、実際に被災地に向かい、現地で復旧活動をされましたが、その際に印象的な出来事はありましたか?

 

岡村篤人さん(以下、岡村)「SNSが普及した現代ならでは、と思ったエピソードがあります。ある方が、Twitterで『電気設備が壊れていて、LBSという部品があれば直る』と呟いていたんです。偶然にも、その投稿を関東電気保安協会の職員が発見。そこで、本部からの指示で急遽、私と阿部で投稿者の元へ向かいました」

 

芹澤裕一さん(以下、芹澤)「私は本部にいて、被災地に向かう技術者たちに指示を出す立場。そのため、実際に復旧活動をする職員たちから、現場の話をよく聞いていましたね。印象的だったのが、ある老人ホームのエピソード。施設が停電していたので、ある職員を現場へ向かわせました。すると、停電の原因が鉄塔の倒壊による、送電の不具合だったと分かったんです。私たち関東電気保安協会は、送電の復旧活動は出来ません。目の前にいるお年寄りの方々は、廊下にうずくまり、何もできずに困っている。とはいえ、私たちは作業ができないので、待つことしかできない…。そんな状況が辛かったと言っていましたね」

 

――緊急時ゆえの苦労は?

 

阿部貴成さん(以下、阿部)「苦労と言うか、戸惑ったことはありましたね。今回、全国の電力関係者が応援に来てくれたのですが、(関東エリアを中心としている関東電気保安協会にとって)電力会社さんと言えば東京電力。でも今回は、中部電力や九州電力などともやり取りがあり、会社が違えば作業方法も異なるんです。そのため、最初はいつもと違う流れに少し戸惑うこともありました」

 

岡村「ただ、みんな電気に携わる仕事をしている“電気のプロ”。そしてみんな、電気を復旧させたいという強い思いで懸命に活動していたので、作業を進めている中で“戸惑い”は消え、最後はスムーズな連携が取れました」

団体や企業の垣根を越えて、電力関係者みんなで復旧活動

――災害時は、関東電気保安協会だけでなく、複数の会社さんとのやり取りが輻輳しますよね。そういった時、どのように調整するのでしょうか?

 

芹澤「本部では、情報共有が重要なミッションでした。また他社との情報共有の中で、とくに東京電力さんが発信する情報は重要です。そのため、関東電気保安協会の職員が東京電力さんに出向し、直でやり取りをしていました。おかげで情報のタイムラグを減らすことができましたね」

 

阿部「現場作業の中で、何よりも気を付けていたのは感電しないようにすること。現場で作業をするみんなと密にコミュニケーションを取らなければ、誤って感電する可能性があるんです」

 

岡村「台風15号による停電の復旧活動では、いろんな企業が携わりました。作業を終えた後、東京電力さんの発案で、復旧作業に携わったみんなで集合写真を撮影したんです。その時は会社の垣根を越えて、電気に携わるみんなが集合しており、一体感がありました」

――現場で作業をする技術者の職員は、ご自宅には帰らず、復旧活動をしていたんですか?

 

阿部「そうですね。千葉県にある事業所に寝泊まりしていました」

 

――それは大変…。

 

阿部「でも私たちはシャワーを浴びて、ちゃんと寝泊まりできる。一方、被災された方は、建物に電気が通らず、困っていて、何だか心苦しかったですね」

 

岡村「電気は使えて当たり前と思われていますが、災害時は使えなくなりました。私たちが現場へ向かい、電気が通常通りに使える状態になり、部屋が明るくなった時、みなさんから感謝されましたね。心から『ありがとう』と言われる現場が多くて、なんてやりがいのある仕事だろう!と改めて実感しました」

 

芹澤「私たちは現場で電気がちゃんと使えるようにするのが仕事です。電気が作られ、送電され、送られた電気がちゃんと使えるかどうかを判断する。この最後の部分を担っているので、電気を使う人と直接、触れ合うことができます。そのため、感謝の言葉を直接、言ってもらえる。やっぱり感謝されるのって、気持ちいいですよね」

電気を守ること、電気をいつでも使える状態に保つこと。それが僕らの役割だ

――素敵なお仕事ですね。最後にお聞きしたのですが、みなさんにとって“電気”とはどんな存在でしょうか?

 

芹澤「あって当然の存在。でも、私たちがいないと、みなさんの元に届かないのが電気。人生を楽しんでいただくために、電気を守ることが自分の役割かなと思っています」

 

岡村「使えて当たり前の存在。それを守るのが私の仕事であり、天職です」

 

阿部「電気とは“いつでも使えるもの”。コンセントにコードを刺せば、使えるのが当たり前。そして仕事をしている者としては、コンセントに刺せば、いつでも使える状態に保つ。それが私たちの使命です」。


関東電気保安協会

1966215日設立。関東の16県と山梨県・静岡県富士川以東の企業・家庭向けに電気の点検・保安業務を行っている一般財団法人。20199月に首都圏を直撃した台風15号により、停電したエリアの復旧活動をし、その功労が認められ、翌年には「電気保安功労者経済産業大臣表彰」を受賞した。

 

<執筆>

野田綾子

 

関連する投稿


【関東電気保安協会×Gakken】よくわかるシリーズ「電気の安全を守るひみつ」が公開!

【関東電気保安協会×Gakken】よくわかるシリーズ「電気の安全を守るひみつ」が公開!

「学研まんがでよくわかるシリーズ」は、疑問に思うこと、知りたいことを、小学生向けにわかりやすいマンガで解説する、日本PTA全国協議会の推薦図書です。インターネットでも無料で読むことができるシリーズで、こどもと一緒に大人も楽しむことができます。今回は「電気の安全を守るひみつ」についてご紹介します。


東大病院の大規模電気設備の点検現場に潜入!停電ができない設備の点検ってどうやって安全に作業してるの?

東大病院の大規模電気設備の点検現場に潜入!停電ができない設備の点検ってどうやって安全に作業してるの?

今回、訪れたのは東京都文京区本郷にある東京大学医学部附属病院です。患者さんの命を守るためにも病院の電気設備は安全に使用できる状態を維持しなくてはなりません。今回、年に一度実施される試験業務の点検作業に携わる関東電気保安協会の人たちを密着取材しました。


テレビCMでお馴染みの「関東電気保安協会♪」ってどんな仕事?編集部が研修施設に潜入!【後編・レポート】

テレビCMでお馴染みの「関東電気保安協会♪」ってどんな仕事?編集部が研修施設に潜入!【後編・レポート】

関東エリアにお住まいの方なら、テレビCMで「関東電気保安協会♪」というフレーズを一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ただ、実際にどんな仕事をしているのか、どんな会社なのか、知らない方は多いはず。そこで今回は、関東電気保安協会についてご紹介すべく、WattMagazine編集部が同社の技術研修所へ潜入。後編では技術研修所について、レポート形式でご紹介します。


テレビCMでお馴染みの「関東電気保安協会♪」はどんな仕事をしているの?編集部が研修施設に潜入!【前編・インタビュー】

テレビCMでお馴染みの「関東電気保安協会♪」はどんな仕事をしているの?編集部が研修施設に潜入!【前編・インタビュー】

関東エリアにお住まいの方なら、テレビCMで「関東電気保安協会♪」というフレーズを一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ただ、実際にどんな仕事をしているのか、どんな会社なのか、知らない方は多いはず。そこで今回、関東電気保安協会さまの技術研修所にWattMagazine編集部が潜入。どんなお仕事をされているのか、電気安全のプロ技術職員さんへお話を伺いました。


電気女子2人が行く!ネイルサロンのハンドケア体験で指先から気持ちまでリフレッシュしてきた

電気女子2人が行く!ネイルサロンのハンドケア体験で指先から気持ちまでリフレッシュしてきた

荷物を持ったり、キーボードを打ったり、ご飯を食べたり、至るところで毎日活躍している「手」。しかし、普段の生活の中で、自分でお手入れするのは難しいところです。 今回は、表参道にあるネイルサロン「tricia表参道」のご協力のもと、関東電気保安協会の田邊朱里さんと伊島美咲さんにハンドケアを体験していただきました。癒やしの空間で施される施術のレポートから、お二人の普段のお仕事について伺いました。


最新の投稿


【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(機器・測定器編)

【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(機器・測定器編)

第二種電気工事士の筆記試験で重要視する分野に「識別」がありますが、種類が多く初めて電気に関わる人は最初の壁になるのではないでしょうか。この記事では、識別の中でも間違えて覚えやすい機器や測定器類に今回はスポットをあてて解説していきます。


 十人十色でこだわりたい【腰道具は職人のロマンNO.2】by.札電協青年部

十人十色でこだわりたい【腰道具は職人のロマンNO.2】by.札電協青年部

電気工事士の欠かせない道具たち。100人いれば、100通りある「マイベスト」。今回は第二弾です!


「ブロックチェーンってなに?」神奈川県工業高校で特別講座を開催。熱狂した講座のアフターレポート

「ブロックチェーンってなに?」神奈川県工業高校で特別講座を開催。熱狂した講座のアフターレポート

グラフィックデザイナーの細谷巌さんや“ハマのドン”として知られる実業家の藤木幸夫さんなど、多くの著名人を輩出している神奈川工業高等学校。電気科、建設科、機械科、デザイン科があり、専門的な知識を学びたい学生さんに人気です。 今回は同校にて最先端テクノロジーに関する特別講義があるとのことで、WattMagazine編集部がお邪魔させていただきました。


2024年4月に開講!次世代の電気関係者を育成する「北陸電気保安協会ミライウムアカデミー」とは?

2024年4月に開講!次世代の電気関係者を育成する「北陸電気保安協会ミライウムアカデミー」とは?

電気保安の未来を守るために今春、新たに開設されたミライウムアカデミー。今回はミライウムアカデミーの詳細についてお伝えします。


電気業界は、誰もが活躍できる時代へ。電気保安協会で働くベトナム人技術者へインタビュー!

電気業界は、誰もが活躍できる時代へ。電気保安協会で働くベトナム人技術者へインタビュー!

電気保安協会では、2024年3月よりベトナム人技術者4名が来日し、4月から定期採用者(正社員)として研修を受けています。研修はすべて日本語のため、やや苦労もあるようですが、助けを借りながらもマナーや電気保安業務について学んでいるようです。そんな4名にインタビューを実施しました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング