電気がくれた「ご縁」を掴み、60歳からはじめた電気管理技術者のシゴト

電気がくれた「ご縁」を掴み、60歳からはじめた電気管理技術者のシゴト

人生100年時代。2021年は定年退職後も、まだまだ活動的に働いている方が多くいます。四国電気管理技術者協会に所属する西松慎也さんは、60歳になってから電気管理技術者になりました。それを機に、新しい仕事経験を積み、毎日ワクワクしながら働いているのだとか。今の仕事と出会ったきっかけは、電気との「ご縁」。西松さん自身に、電気とともに歩んできた半生を語っていただきました。


四国電力時代の最も印象に残る思い出は、エジプトで遭遇した「アラブの春」

こんにちは。四国電気管理技術者協会の西松慎也です。今は、個人事業主の電気管理技術者として、香川県内にある電気設備(自家用電気工作物)の点検・保守管理を行う仕事をしています。

 

私が電気の世界に入ったきっかけは、小学校の時に習っていた“そろばん”です。そろばんのおかげで算数と計算が必要な理科が得意になり、高校は理数系のクラスに進みました。大学も理数系である電気工学科へ進学。ここで4年間、電気を学び、卒業後は四国電力で働くことに。

 

それはそうと、電気はどういった工程を経て、皆さんの元に届くか、ご存知ですか?

発電所で発電し、送電線で電気を送り、変電所で変電。そうした経緯を経てようやく、電気が使えるようになるんです。大きく、「発電」「送電」「変電」に分けると、私は「変電」を担当していました。なぜ変電する必要があるのかというと、送電してきた電気は電圧が高すぎて、低い電圧に落とさないと各家庭やビル・工場などで使用できないためです。そして、私の最初の業務は、変電所にある設備の保守管理。様々な種類の設備を点検し、異常があれば修繕工事をしていました。

マーシャルにて。電力関係者への講義風景

その変電所などの現場には3年間いて、その後は、アメリカのゼネラル・エレクトリック社で電力系統工学訓練コース受講や、系統制御所のシステム更新業務、送変電部門の研究企画の検討業務などを担当しました。四国電力では、さまざまな部所に異動し、さまざまな業務に就かせてもらいました。この経験の中で一番の思い出は、発展途上国でのコンサル業務。発展途上国の電気環境は、日本に比べると技術の蓄積・継承が遅れています。そういった国々へ出向き、現地の人に電気設備の保守方法や計画の仕方などを教えるんです。これまで12カ国に行きました。思い出深いのはエジプトですね。現地にいた時に「アラブの春」が勃発し、民主化運動のおかげでエジプトは混乱していました。電気どころではないと、帰国することに。しかし、帰国便なんてすぐに取れないので、ホテルに缶詰めでした(笑)。

ミクロネシアにて、電力関係者へのOJTをしているところ。

電気管理技術者を探していると言われ、資格を取得

発展途上国のコンサル業務を9年間担当し、2018年からは公益財団法人に出向。ここでは電気と全く関係のない仕事に就いていました。その財団法人で担当した業務のひとつに異業種交流会の事務局業務があり、2カ月に1回位の頻度で、この交流会に参加することに。そこには多くの中小企業の社長さんが集まっており、その中の1人の社長さんと知り合いになりました。その方は太陽光発電の事業をしており、私が四国電力の社員だと伝えると、「電気管理技術者を紹介して欲しい」と言われたんです。周囲に誰かいないかと相談してみたら、「いない」と返事が。

 

その時、ふと、自分が電気管理技術者になればいいと思ったんです。電気管理技術者になるには、電気主任技術者の資格が必要です。調べると、大学で取得した単位と変電所などの現場時代の経験があれば、資格が取れると分かりました。そこで書類申請をし、無事、第1種電気主任技術者の資格を取得。

そして、その社長さんに「資格が取れたので、自分が担当します」と伝えたら、四国電気管理技術者協会に入ることを勧められました。四国電気管理技術者協会は私のような個人事業主に、仕事を紹介してくれる協会です。それで定年退職後に協会に入り、電気管理技術者として働くことになりました。今は、3件ほど担当を持っているほかに、協会の先輩方から手伝いを頼まれるので、その現場へ向かっています。仕事依頼は途切れることがないので、協会に入っていて良かったと実感しています。

色んな経験ができた。そのベースにはいつも電気があった

60歳になってから電気管理技術者として、第二の人生のスタートを切ったわけですが、仕事は本当に楽しいです。ホテルや工場などの電気設備をチェックするためには、施設の奥に行かないといけません。そんな時、ここの施設の裏側ってこうなっているんだな~と日々発見があり、好奇心が刺激されます。扱う電気設備もこれまでと違うものなので、学ぶことも多くあるんです。

 

電気はいつも私に、色んな経験を与えてくれています。発展途上国へ行けたのも電気がベースにあったから。今もいろんな施設の中へ入れるのも電気のおかげ。仕事が終わって、夕食の時間の会話に、「今日はこんな建物の中に行ってきたんだ」と家族と話せるのは楽しいですね。

実は定年退職を前に、次は何をしようかと悩んでいたんです。海外経験があるから通関士になろうとか、キャリアコンサルタントになるかとか、色々考えていて。ところが結局、電気の仕事をしています。これも「ご縁」があったから。不思議ですが、このご縁を掴んだ場所が、電気と全く関係ない異業種交流会でした。どこにどんなご縁がころがっているか分からないものですね。だから、若い人に伝えたい。真面目に仕事に取り組む中で、ご縁やチャンスがやってくる。そのご縁を大切にすると、次のステージが見えてきます。もし、いま仕事で悩んでいる人がいたら、まずは目の前の仕事に真摯に取り組んでみてください。



<西松慎也さんプロフィール>

四国電気管理技術者協会所属。香川県出身。大学は電気工学科へ進学。卒業後に、四国電力に入社。変電所での現場業務や系統制御所システム更新業務、発展途上国でのコンサル業務および3度の出向など、多岐に渡る仕事に携わる。2020年に四国電力を退職した後、四国電気管理技術者協会に入会。電気管理技術者として、電気設備の保安業務に携わる。

 

<執筆>

野田綾子

関連する投稿


家電王が伝授する 「家電を買うコツ」と 「電気業界で求められるスキル」

家電王が伝授する 「家電を買うコツ」と 「電気業界で求められるスキル」

2002年に『TVチャンピオン』のスーパー家電通選手権で優勝し、“家電王”の異名を持つ中村剛さんは、東京電力エナジーパートナーの社員。今までのお仕事で培ってきた家電の知識を活かし、動画マガジン「くらしのラボ」で家電の使い方を伝えたり、イベントに登壇したり、メディアの取材を受けたりと、さまざまな場所で活動されています。その背景には、みんなの暮らしを豊かにしたいという切実な思いがあったのです。このインタビューでは、中村さんの電気と家電への思いとともに、電気業界で働く人へのエールを語っていただきました。


不景気なんて関係ない。安定の仕事ができる、それが電気管理技術者だ!

不景気なんて関係ない。安定の仕事ができる、それが電気管理技術者だ!

2020年に大流行した新型コロナウイルスは、全世界に経済の低迷をもたらしました。それによって、仕事を失った方や大幅な収入減になった方も少なくはありません。しかし、経済の変動を受けない職業がここに。それが電気設備を点検する、“電気管理技術者”です。参入するには資格と経験年数が求められる技術職ですが、北海道電気管理技術者協会に所属する石田浩倫さんは、「やる気さえあれば誰でもできる」と熱弁。石田さんのキャリアと共に、仕事の魅力を語っていただきましょう!


年間売上1000万も夢じゃない!? 転職2回で“電気ドリーム”を掴んだ電気主任技術者のハナシ

年間売上1000万も夢じゃない!? 転職2回で“電気ドリーム”を掴んだ電気主任技術者のハナシ

転職で、まったく異なる業種に就いて、そこから活躍するのは簡単なことではありません。しかし、異業種から電気の世界に転職し、現在では年間売上1000万円を達成した電気主任技術者がいます。それが、九州電気管理技術者協会に所属する織田秀彦さんです。理容師と塾講師を経て電気の世界に飛び込み、66歳(2020年11月現在)になった今でも現役として活躍し、「仕事が楽しい!」と語る織田さんの“電気ドリーム”とは?


偏差値50未満だった僕が電気主任技術者となるまでの話 前編

偏差値50未満だった僕が電気主任技術者となるまでの話 前編

将来あなたは何になりたいですか? パイロット? サッカー選手? ユーチューバー? 憧れる職業はたくさんあると思いますが、なりたい職業は異なりますよね。あなたが将来、本当に就きたい職業はなんでしょうか…? まだ進路を描けないあなたに、今回は、僕が経験したことをお話しします。この記事が将来の夢につながる、何かのきっかけになりますように。


「過去の自分」が「今の自分」を支えている。“中途社員の星”が語る電気保安の仕事

「過去の自分」が「今の自分」を支えている。“中途社員の星”が語る電気保安の仕事

電気保安の職場では「新卒入社→定年退職」が定番のキャリアコースでしたが、最近は中途採用にも力を入れています。とはいえ中途入社をすると、経験の差が出てしまい活躍できないのでは…と感じる方もいるかもしれません。しかしそんな不安は心配ご無用。九州電気保安協会の米田健志さんは、電気保安の経験ゼロで中途入社し、活躍しています。米田さんは「過去の経験が今に活きている」と語り、経験の差はあっても中途だからこそできることがあると明かします。また、教育制度が充実していて、先輩や同僚のフォローがありましたので安心だったとのこと。今回は米田さんから、中途社員が輝く方法を伺いました。


最新の投稿


伊藤菜々さんと動画で学ぼう!その3 「直流回路3. 並列接続」

伊藤菜々さんと動画で学ぼう!その3 「直流回路3. 並列接続」

電気系YouTuber兼 電気予報士の伊藤菜々さんと一緒に勉強する動画シリーズもいよいよ第三弾!今回は前回ご紹介した直流回路の直列接続に続き、並列回路について学んでいきましょう。


脳疲労回復には「アクティブレスト」。疲れているときこそ体を動かそう

脳疲労回復には「アクティブレスト」。疲れているときこそ体を動かそう

朝から晩までデスクワーク。ずっと座っていたのに、なんだか全身ぐったり……。こんな症状が出たとき、体の疲れだと思っていませんか? 実はこれ、本当に疲れているのは「脳」の方なんです。それなのに、なぜか疲労が溜まるのは体の方。 その不思議なメカニズムを解き明かし、「脳」も「体」も一度にスッキリさせるリフレッシュ方法をご紹介します。


電気工事士マンガ「転電虫」 第二回 ヘルメット

電気工事士マンガ「転電虫」 第二回 ヘルメット

電気工事の仕事の欠かせないもの、それは安全を守るためのヘルメット。しかし慣れるまでには多少の時間がかかるようで…。


効果的な目標は、3つのポイントがあった

効果的な目標は、3つのポイントがあった

ほとんどの人は、「○○試験に絶対合格!」などという目標を立てるのではないかと思います。しかし、これは効果的な目標だとは言えません。 簡単にできて効果の高い目標の立て方を解説しました。


電気工事士マンガ「転電虫」 第一回 転電虫誕生!!

電気工事士マンガ「転電虫」 第一回 転電虫誕生!!

「電気の仕事って面白い!」電気の世界がもっと身近になる電気工事士の4コママンガがスタートします。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 関東電気保安協会 電験二種 ストレッチ