電気がくれた「ご縁」を掴み、60歳からはじめた電気管理技術者のシゴト

電気がくれた「ご縁」を掴み、60歳からはじめた電気管理技術者のシゴト

人生100年時代。2021年は定年退職後も、まだまだ活動的に働いている方が多くいます。四国電気管理技術者協会に所属する西松慎也さんは、60歳になってから電気管理技術者になりました。それを機に、新しい仕事経験を積み、毎日ワクワクしながら働いているのだとか。今の仕事と出会ったきっかけは、電気との「ご縁」。西松さん自身に、電気とともに歩んできた半生を語っていただきました。


四国電力時代の最も印象に残る思い出は、エジプトで遭遇した「アラブの春」

こんにちは。四国電気管理技術者協会の西松慎也です。今は、個人事業主の電気管理技術者として、香川県内にある電気設備(自家用電気工作物)の点検・保守管理を行う仕事をしています。

 

私が電気の世界に入ったきっかけは、小学校の時に習っていた“そろばん”です。そろばんのおかげで算数と計算が必要な理科が得意になり、高校は理数系のクラスに進みました。大学も理数系である電気工学科へ進学。ここで4年間、電気を学び、卒業後は四国電力で働くことに。

 

それはそうと、電気はどういった工程を経て、皆さんの元に届くか、ご存知ですか?

発電所で発電し、送電線で電気を送り、変電所で変電。そうした経緯を経てようやく、電気が使えるようになるんです。大きく、「発電」「送電」「変電」に分けると、私は「変電」を担当していました。なぜ変電する必要があるのかというと、送電してきた電気は電圧が高すぎて、低い電圧に落とさないと各家庭やビル・工場などで使用できないためです。そして、私の最初の業務は、変電所にある設備の保守管理。様々な種類の設備を点検し、異常があれば修繕工事をしていました。

マーシャルにて。電力関係者への講義風景

その変電所などの現場には3年間いて、その後は、アメリカのゼネラル・エレクトリック社で電力系統工学訓練コース受講や、系統制御所のシステム更新業務、送変電部門の研究企画の検討業務などを担当しました。四国電力では、さまざまな部所に異動し、さまざまな業務に就かせてもらいました。この経験の中で一番の思い出は、発展途上国でのコンサル業務。発展途上国の電気環境は、日本に比べると技術の蓄積・継承が遅れています。そういった国々へ出向き、現地の人に電気設備の保守方法や計画の仕方などを教えるんです。これまで12カ国に行きました。思い出深いのはエジプトですね。現地にいた時に「アラブの春」が勃発し、民主化運動のおかげでエジプトは混乱していました。電気どころではないと、帰国することに。しかし、帰国便なんてすぐに取れないので、ホテルに缶詰めでした(笑)。

ミクロネシアにて、電力関係者へのOJTをしているところ。

電気管理技術者を探していると言われ、資格を取得

発展途上国のコンサル業務を9年間担当し、2018年からは公益財団法人に出向。ここでは電気と全く関係のない仕事に就いていました。その財団法人で担当した業務のひとつに異業種交流会の事務局業務があり、2カ月に1回位の頻度で、この交流会に参加することに。そこには多くの中小企業の社長さんが集まっており、その中の1人の社長さんと知り合いになりました。その方は太陽光発電の事業をしており、私が四国電力の社員だと伝えると、「電気管理技術者を紹介して欲しい」と言われたんです。周囲に誰かいないかと相談してみたら、「いない」と返事が。

 

その時、ふと、自分が電気管理技術者になればいいと思ったんです。電気管理技術者になるには、電気主任技術者の資格が必要です。調べると、大学で取得した単位と変電所などの現場時代の経験があれば、資格が取れると分かりました。そこで書類申請をし、無事、第1種電気主任技術者の資格を取得。

そして、その社長さんに「資格が取れたので、自分が担当します」と伝えたら、四国電気管理技術者協会に入ることを勧められました。四国電気管理技術者協会は私のような個人事業主に、仕事を紹介してくれる協会です。それで定年退職後に協会に入り、電気管理技術者として働くことになりました。今は、3件ほど担当を持っているほかに、協会の先輩方から手伝いを頼まれるので、その現場へ向かっています。仕事依頼は途切れることがないので、協会に入っていて良かったと実感しています。

色んな経験ができた。そのベースにはいつも電気があった

60歳になってから電気管理技術者として、第二の人生のスタートを切ったわけですが、仕事は本当に楽しいです。ホテルや工場などの電気設備をチェックするためには、施設の奥に行かないといけません。そんな時、ここの施設の裏側ってこうなっているんだな~と日々発見があり、好奇心が刺激されます。扱う電気設備もこれまでと違うものなので、学ぶことも多くあるんです。

 

電気はいつも私に、色んな経験を与えてくれています。発展途上国へ行けたのも電気がベースにあったから。今もいろんな施設の中へ入れるのも電気のおかげ。仕事が終わって、夕食の時間の会話に、「今日はこんな建物の中に行ってきたんだ」と家族と話せるのは楽しいですね。

実は定年退職を前に、次は何をしようかと悩んでいたんです。海外経験があるから通関士になろうとか、キャリアコンサルタントになるかとか、色々考えていて。ところが結局、電気の仕事をしています。これも「ご縁」があったから。不思議ですが、このご縁を掴んだ場所が、電気と全く関係ない異業種交流会でした。どこにどんなご縁がころがっているか分からないものですね。だから、若い人に伝えたい。真面目に仕事に取り組む中で、ご縁やチャンスがやってくる。そのご縁を大切にすると、次のステージが見えてきます。もし、いま仕事で悩んでいる人がいたら、まずは目の前の仕事に真摯に取り組んでみてください。



<西松慎也さんプロフィール>

四国電気管理技術者協会所属。香川県出身。大学は電気工学科へ進学。卒業後に、四国電力に入社。変電所での現場業務や系統制御所システム更新業務、発展途上国でのコンサル業務および3度の出向など、多岐に渡る仕事に携わる。2020年に四国電力を退職した後、四国電気管理技術者協会に入会。電気管理技術者として、電気設備の保安業務に携わる。

 

<執筆>

野田綾子

関連する投稿


「電気の業界に入って本当によかった」転職で電気業界に入った先輩たちのリアルなインタビュー記事4選

「電気の業界に入って本当によかった」転職で電気業界に入った先輩たちのリアルなインタビュー記事4選

「新卒入社→定年退職」という流れが変わりつつある現代。仕事を通して本当にやりたいことを見つける人、更なるやりがいを見つけようと奮闘する人、キャリアの描き方は人それぞれです。今回は転職で電気業界で活躍する道を選んだ先輩たちのインタビューをまとめてご紹介します。


四電工の若き社員3名が語り合う!ぼくらのキャリアとライフスタイル

四電工の若き社員3名が語り合う!ぼくらのキャリアとライフスタイル

香川県高松市に本社を置き、大阪、東京、東北、沖縄など、広域に事業を展開する株式会社四電工さま。今回は、四電工さまで働く若き社員3名に集まっていただき、現在のお仕事から今後の目標、そしてライフスタイルについて、語り尽くしていただきました。


転電虫が教える!第二種電気工事士試験 実技対策【工具編②】

転電虫が教える!第二種電気工事士試験 実技対策【工具編②】

必ず必要な物ではありませんが、あれば合格がグッと近づくアイテムをご紹介します。 その1は下記のリンクへ!


高校生に読んでほしい記事14選

高校生に読んでほしい記事14選

今、高校生に読んでほしい記事をWattMagazine編集部が厳選。 進路や受験勉強の悩み解決につながる記事や今日から使える電気のマメ知識を読んでみよう。


転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり②【ハローワーク、職業訓練校編①】

転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり②【ハローワーク、職業訓練校編①】

前の職場の引継ぎ業務や引っ越しなども終わり、いよいよ転職(就職)活動のスタートです。


最新の投稿


電験三種の科目別の勉強方法は?初学者がつまずく3つのポイントを解説

電験三種の科目別の勉強方法は?初学者がつまずく3つのポイントを解説

「今度の試験に向けてポイントや勉強のコツについて知りたい」 「電験三種の科目別の勉強方法はどうしたらいい?」 このような悩みを持つ受験生が実は多くいるのです。 電験三種は、4科目それぞれで勉強のポイントが異なります。そのため、各科目のポイントと全体に共通するポイントをおさえて対策することが大切です。 本記事では、電験三種の試験で初学者がつまずきがちなポイントや科目別の勉強方法について詳しく解説します。


電気工事士マンガ「転電虫」 第二十一回ソレ、ニホンゴデスカ?

電気工事士マンガ「転電虫」 第二十一回ソレ、ニホンゴデスカ?

その業界にしかわからないビジネス用語や専門用語って、ありますよね。はたから聞いていると、まるで???な世界で…。


☆家電で占う☆ 2023年2月のあなたの運勢は?

☆家電で占う☆ 2023年2月のあなたの運勢は?

星座の性質ごとに、4つのグループにわけてお伝えします。自分の星座が含まれるグループをチェックしてみてください。あなたの2月は、家電に例えると、どんな運勢でしょうか?自分の星座が含まれるグループをチェックしてみてください。 火…牡羊座、獅子座、射手座 地…牡牛座、乙女座、山羊座 風…双子座、天秤座、水瓶座 水…蟹座、蠍座、魚座


受験生が気を付けたい体調管理のポイント|健康第一で力を出し切ろう

受験生が気を付けたい体調管理のポイント|健康第一で力を出し切ろう

毎年1月を過ぎると、受験日を控えた受験生たちがそわそわし始めるころでしょう。大切な日に備えて万全の力を出し切るためには、勉強だけでなく体調管理も大切です。今回は受験日を乗りきるために、気を付けたい体調管理についてご紹介します。受験日が近づいている学生の皆さんは、ぜひ参考にしてください。


電気業界を牽引する!〜美しくパワフルに働くビジネスパーソンのインタビュー記事 

電気業界を牽引する!〜美しくパワフルに働くビジネスパーソンのインタビュー記事 

清く美しく逞しく。一生懸命働く人の顔はいつも輝き、自信に満ちています。元気が出る、自分のやりたいことが見つかる、そんな元気いっぱいのインタビュー記事をまとめてお届けします。


今月のおすすめ