男性ばかりの現場で女性が働くのは大変ですか? 電気工事業界で奮闘する20代女子のリアルトーク(前編)

男性ばかりの現場で女性が働くのは大変ですか? 電気工事業界で奮闘する20代女子のリアルトーク(前編)

空に向かって、力強く、まっすぐと伸びる「鉄塔」。みなさんは、電気を運ぶ送電線を支えるこの建造物を“守る”お仕事があることをご存じでしょうか。その現場で今、活躍している20代の女性たち、それが岳南建設で働く松山由夏さんと亀田紫野さんです。2人は若き女性技術員として日々、鉄塔を見つめ続けています。男性ばかりで、なおかつ体力が必要な現場。この仕事を選んだ理由を伺いました。


人々の生活を支える仕事ってホントにかっこいい!

左から松山由夏さん、亀田紫野さん。制服がピリリとキマっています。

――お2人とも鉄塔を守るお仕事をされているそうですが、なぜこの世界で働こうと思ったのでしょうか。

 

松山由夏さん(以下、松山)「私は学校でこの仕事の求人を見て、興味がわきました。気になったので実際に現場見学に参加してみると、現場でテキパキと働いている人たちの姿が想像以上にかっこいい。一目で心が奪われ、迷うことなく就職を決意しました。それに、人々の生活に直接かかわる仕事ができるなんて、素晴らしいこと。担任の先生から、岳南建設が女性の採用に積極的になっていると聞かされていたので、『今がチャンスだ』って思いましたね」

 

亀田紫野さん(以下、亀田)「就職活動をするまで、実は鉄塔を守る仕事があるなんて知りませんでした。大学では経済学部で簿記の勉強をしていたため経理を志望していましたが、合同説明会でこの仕事を知ります。内勤ではなく、外で働くのもいいなと視野を広げていたところにこの仕事と出会い、縁の下の力持ちとして活躍できるところに魅力を感じて、志望を決意。毎日、違う現場で幅広い経験を得られるので本当に刺激的ですし、やりがいを感じています」

 

松山「鉄塔に登るなんてなかなかできない経験ですしね。この仕事って、ある意味、“目立つ”ことができる仕事。活発な人や人と関わるのが好きな方は向いていると思います」

 

――現場のお仕事ですし、一般的には男性が多いイメージがありますが、その点について気になりませんでしたか?

 

亀田「ぜんぜん気になりませんでしたね。力の面ではやはり男性の方が強いし、比較するものではありません。ただ、力仕事以外にもやるべきことはたくさんありますから、その部分で能力を発揮すればいいかなって」

 

松山「男性ができて女性の自分ができないことがあるので悔しいと思うこともありますが、それは仕方がないこと。対等にと言うより、女性ならではの視点や感覚を大事にしながら、チームをフォローしていければと考えています」

――お2人が今、担当している業務を教えてください。

 

亀田「私は現場監督として、作業が工程通りに進んでいよう現場管理をする仕事をしています。作業員さんがいまの現場を終えて次の現場へ移行するにあたって、資材や重機を移動させる手はずを考えながら管理するのはまだ難しいと感じますね。また、住宅街で作業することもあるので近隣住民の方へのご迷惑をかけないように進めるよう、注意を払っています」

 

松山「私は事務所でデスクワークをしていることが多いですね。施工計画書の作成補佐や支店業務を担当しています。施工計画を作成した現場へ実際に出向き、技術員や監視員として従事しています。将来的には、さまざまな工事現場に出向き、技術員として活躍したいと思っています」

男性ばかりの現場だけど、実はすごく“レディーファースト”

――男性ばかりの仕事場で困ったことはありますか。

 

松山「現場に出ると女性用トイレがないので困ることがありますが、その点は上司も配慮してくれるので、働きづらさを感じたことはありません」

 

――みなさんとはどのようにコミュニケーションを取られていますか。

 

亀田「この仕事はチームワークが何よりも重要。ですから、みんな、和気あいあいとしていますし、優しく接してくれるので働きやすいんです」

 

松山「私は作業員さんから親しみを込めて『まっちゃん』って呼んでもらったり、親身になって話を聞いてもらったりしています。みんな本当に優しいし、仲がいいんです。むしろ男性社員よりも優遇されているかも。レディーファーストを信条とする職場なので(笑)」

――仕事をするうえで楽しいこと、つらいことを教えてください。

 

亀田「生活の基盤である鉄塔を守るというのは、すごく責任重大なお仕事です。ですから、そこに携わっていることに対し、大きな責任感と充実感がつねにあります。たくさんの人と関わりながら働けることも楽しいですね」

 

松山「人との出会いがたくさんあることが、この仕事の醍醐味ですね。私はアウトドア派でアクティブな性格なので、外の現場に出ている時も楽しく働いています」

 

亀田「ただ…気温が厳しい夏や冬の外の現場は辛くない?」

 

松山「ツライ!私が所属する広島支店では、山で作業することもあるので自分の足で山を登って現場に向かうことも。体力勝負の仕事なので、体調管理はしっかり行っています」 

――いまの仕事内容に点数をつけるとしたら、100点満点中、何点ですか。

 

亀田「80点ですね。覚えることがたくさんあるし日々、充実していますが、自分の技術不足で周囲に迷惑をかけることも多々あるので。マイナス20点分はこれから埋めていきます!」

 

松山「私も80点。体力面でハードなことや、外の現場へ行くと喋る相手が少なくて寂しいので、そこがマイナス20点。だけど1日として同じ仕事をすることがないので、楽しくて刺激的ですし、飽きない。飽き性の私にはぴったりな仕事なんです」

 


 

後編では電気工事業界で働く20代女性のプライベートに迫ります!



<亀田紫野さんプロフィール>

岳南建設、東京支店に所属。2019年入社。現在は送電線建設現場での現場施工管理、施工計画書の作成補佐などを行っている。送電線業界では稀な女性技術職。

 

<松山由夏さんプロフィール>

岳南建設、広島支店に所属。2017年入社。現在は支店内で現場の施工計画書の作成および現場での技術員、並びに支店業務に従事。送電線業界では稀な女性技術職。



 

<撮影・執筆>


野田綾子

関連するキーワード


20代 電気工事 送電線工事

関連する投稿


転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

いろいろな理由で自分と同じ40代で転職を考えられていらっしゃる方々、その他の年代で転職を考えておられる方々が多くいらっしゃると思います。この記事では、非正規雇用の自分が転職を決意した理由、お金や手続きなどについて、体験・経験したことを紹介していきます。


電気工事士マンガ「転電虫」 第十一回 口元注意

電気工事士マンガ「転電虫」 第十一回 口元注意

あなたは、勉強中や仕事中についついやってしまいなクセがありますか?


電気工事士マンガ「転電虫」 第十回 階数音痴

電気工事士マンガ「転電虫」 第十回 階数音痴

同じ景色が続いてしまうと、自分がどこにいるのかわからなくなる・・そんな経験ありませんか?


電気工事士マンガ「転電虫」 第九回 穴掘り

電気工事士マンガ「転電虫」 第九回 穴掘り

電気工事士の仕事の中には、穴を掘る仕事もあります。日々、さまざまな発見があって面白い!


伊藤菜々さんと動画で学ぼう!その5 「電力と電力量」

伊藤菜々さんと動画で学ぼう!その5 「電力と電力量」

今回、伊藤菜々さんと一緒に学ぶのは、「電力と電力量」について。ここでもオームの法則をしっかり活用しますので、おさらいをかねてぜひクイズにも挑戦してくださいね。


最新の投稿


転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

いろいろな理由で自分と同じ40代で転職を考えられていらっしゃる方々、その他の年代で転職を考えておられる方々が多くいらっしゃると思います。この記事では、非正規雇用の自分が転職を決意した理由、お金や手続きなどについて、体験・経験したことを紹介していきます。


【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

受験勉強中、理由もなく家族や友だちにイライラする自分に気づいて、自己嫌悪に陥ってしまう。このイライラはどこからくるのでしょうか? 受験期は自分と懸命に向き合っているからこそストレスも溜まりやすいもの。 今回は、家族や友人にイライラする心理とその原因について解説します。


疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

寝ても寝ても疲れが取れない、四六時中仕事のことが浮かんできて気が休まらない…多忙な現代社会において、しつこい疲れに悩まされている方は多いはず。今回は、ZERO GYMによる書籍『超疲労回復』[ZERO GYM(著)、松尾 伊津香(著)、板生 研一(監修)、駒澤 真人(監修)]から、現代人の疲れが取れない2つの原因と、最速で疲労回復に導く4ステップを特別にご紹介します。


これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

健康な人なら、1日に1度はあるお通じ。「毎日お通じがあるよ」という人でも、便の状態をしっかり把握できている人は少ないかもしれません。私たちが食べたものは体内で消化吸収され、吸収された栄養素を使い、身体に吸収された栄養素は、エネルギーや身体に必要な物質をつくり出すのに使われます。その残りとして不要になったものが「便」です。つまり、せっかく栄養バランスのよい食事をとっても、栄養素が体内できちんと利用されなければ、栄養不足と同じ状態になってしまいます。食べたものを使える身体にするには、きちんと消化吸収ができる身体へと変えていきましょう。


入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

2021年8月24日、東京パラリンピックが開催されました。その幕開けを彩る華やかな開会式で、パラ楽団によって演奏が奏でられるなか、リレー形式で次々に掲揚台へと運ばれていくパラリンピック旗。掲揚台までまもなくという終盤に差し掛かり、パラリンピアンたちから旗を託されたのは、8人のエッセンシャルワーカーでした。その1人として先頭で旗を運ぶ大役を担ったのが、東京電力パワーグリッドに所属する大峠志帆さんです。全世界が注目する舞台で、会社のユニフォームを身にまとい、堂々たる姿を見せてくださった大峠さんに、開会式出演のエピソードや現在の仕事についてお話を伺いました。


今月のおすすめ