「保安法人を独力で立ち上げた日日是好日さん」 ~ 実務経験証明の壁 & 仲間たちと働ける場所としての保安法人 ~

「保安法人を独力で立ち上げた日日是好日さん」 ~ 実務経験証明の壁 & 仲間たちと働ける場所としての保安法人 ~

東京で保安法人を独力で立ち上げた驚くべき人がいる…そんな噂を聞きました。それは最近、Twitterでそのリアルな葛藤を描写し話題を呼ぶ、日日是好日(ハンドルネーム)さん。Twitterを見てみると、とても熱い方だという事が分かります。どうも電気主任技術者のお仕事をしながら今年、保安法人を立ち上げたようです。しかも一人で… どんな風になぜ立ち上げたのか、気になること実情をきいてみました


日日是好日さんの元で働こうとする技術者が保安業務担当者になるために、その必要条件とされる実務経歴書への捺印をもらうため、悪戦苦闘している様子がTwitterで書かれていました。その方は4年でもともと勤めていた会社の異動があったりなどで、経済産業省に実務経歴書を出す手続きが大変…など とても参考になる内容です。

保安業務担当者(電気管理技術者)になるために必要な実務経験の証明

折角なので詳しく説明します。

保安業務担当者?電気管理技術者?

受電設備といった自家用電気工作物(キュービクル等)を設置するオーナーは、保安管理をする電気主任技術者を自社の電験資格を持つ社員で選任する必要があります。

しかし社員の中で電験という難しい資格を持っていない場合が多いので、電気主任技術者を外部に委託するやり方も認められています(外部委託承認制度)

ここで、外部からの委託契約が許された保安法人のもとでお客様の電気主任技術者になり変わる者を「保安業務担当者」、または委託契約を個人で受けた者を「電気管理技術者」といいます。

この、保安業務担当者や電気管理技術者になるためには、経済産業省(中部近畿産業保安監督部など)で審査を受けなければならないのです。

必要条件として大きな障害となるものとして、実務経験の証明が必要となります。

基本的には5年以上の経験が必要なので、4年では足りません(厳密には、電験3種で4年の実務経験があれば300kVA以下のキュービクルで主遮断装置が、高圧限流ヒューズと高圧交流負荷開閉器を組み合わせて用いる形式 (PF・S形)設備のみ、受託可能)

今回のケースですと、受電設備の維持管理運用を業務として働かれた2つ以上の前職企業から、実務経歴書に捺印(しかも代表取締役の印)を頂く必要があります。しかし、ここに大変な現状があります。

勤められていた企業によっては、その経歴書へ捺印が頂けないのです!

理由は様々。

「押す必要の無いものだ」とか「社内の稟議が面倒だ」「辞めた人間のことなど知ったことではない」「在籍証明しか出す必要は無い」など、様々な理由をお聞きします。

中には、裁判で争った例もあると。

日日是好日さんは

「経産省が、労働基準法で提出を義務付けられていない書類を我々、これから保安業務担当者を目指そうとする者に対して義務付けるってどうなんでしょう… 断られたらどうなんでしょう?実務経験を緩和する前に、その辺を是非とも是正してほしいです」

とTwitterでも言っています。まさにその通りです。電気保安業界への入職者数を増やすことを訴えている経済産業省に対して、なぜ労働局(厚生労働省)はその提出を義務づけない…国としての大きな矛盾…

そういった大変なやり取りを日日是さんは点検の実務を行いながらも、雇う方のため、共に働く方のため、保安法人を立ち上げるため行動を続けたのです。ものすごいバイタリティです。

前職の片方の企業では経歴書への捺印を頂けましたが、別の前職からは頂けず、交渉の日々… 
弁護士にも相談、といった様々な活動を経て、ようやく認定を頂けたようです。

本当にお疲れ様でした。そんな行動的な日日是好日さんに、そういった苦労をされても保安法人を立ち上げる理由はなぜなのか。お話を伺いました。

仲間たちと働ける場所を作るために立ち上げた 保安法人

――― どうして保安法人を独力で立ち上げたのでしょうか?

「個人の電気管理技術者さんの知り合いが多いのもありますが、特に昔一緒に電験を取る時にできた仲間のための箱を作りたい。4,5年後にはその仕事場を作っておきたいんです」

やはり熱い方です。それに今まで関わった仲間のことを考えてらっしゃいます。きっといい技術者が多いんでしょう。聞くとたくさん勉強を教えて頂いていたようです。そんな恩をくれた周りのためにもそのお返しとしてその場所を作る。だからあれだけ辛抱強く審査のための行動もするんですね。そして、それに欲張らない。

「お客さんは手に持てるだけでいいんです」

自分の身の回りの人たちが幸せになるために必要な場所を作る。そのためだけに動いている方です。

――― しかし、保安法人を立ち上げても、保安をする場所がないとできません。どこから探してきたのでしょうか?

「飛び込みです」

技術者でありながら、飛び込み営業をして、そこで知り合ったオーナーさんのビルの保安を任されるという力強さ。そうやって現在、取り扱わせて頂く件数を増やしていると。出会ったオーナーさんに情熱を買われて保安業務をお願いされているようです。

「技術者として、腕を上げたいです。腕がないのに仕事だけあって、お金をもらうのは悲しい。それと同じように会社を作って、会社のレベルを上げていきたい。それに今やらないとみんなついて来ないと思っています」

本気です。

「やれると思ったから、今立ち上げています」









想いがあれば、保安法人は立ち上げることができる。


それを日日是好日さんは示してくれました。


Twitterをのぞいてみて下さい。


保安法人を立ち上げてからの動きも注目です。


なんと、保安法人日記が始まっています(twitterに続く…)

https://twitter.com/perehairimasita



参考:
関東東北産業保安監督部
https://www.safety-kanto.meti.go.jp/denki/jikayou/data/PDF/04_01.pdf

経済産業省
https://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/law/files/tenkenhidokokuji.pdf

株式会社ミズノワ

電気業界に特化したCAFÉ カフェジカ東大阪を運営
https://mizunowa.jp/
電気業界を盛り上げる技術者や求人企業情報
他にも電気業界を明るく照らす話題を「電気通信ピカリ⚡」にて発信している。
https://mizunowa.jp/pikali/

関連する投稿


関西電気保安協会の若手ホープが語る、「25歳の僕が見つめる電気業界の未来」

関西電気保安協会の若手ホープが語る、「25歳の僕が見つめる電気業界の未来」

「電気業界で働く人は40代や50代が多そう…」なんとなくですが、そんなイメージを持っている人も少なくないのでは。しかし、そんなことはありません! 毎年、多くの若手がこの世界の扉を叩き、切磋琢磨しながら働いているからです。その一人が関西電気保安協会の“若手ホープ”里本樹さん(25歳)。18歳で入社し、今年で8年目。今回は里本さんに、電気業界の現在、そして未来について伺いました。実務経験を積む中で気付いた、働く上で大切なこととは?


偏差値50未満だった僕が電気主任技術者になるまでの話 後編

偏差値50未満だった僕が電気主任技術者になるまでの話 後編

高校、大学と電気と向き合ってきた僕。それから社会人になり、さらに電気の魅力に気づいたのです。


偏差値50未満だった僕が電気主任技術者となるまでの話 前編

偏差値50未満だった僕が電気主任技術者となるまでの話 前編

将来あなたは何になりたいですか? パイロット? サッカー選手? ユーチューバー? 憧れる職業はたくさんあると思いますが、なりたい職業は異なりますよね。あなたが将来、本当に就きたい職業はなんでしょうか…? まだ進路を描けないあなたに、今回は、僕が経験したことをお話しします。この記事が将来の夢につながる、何かのきっかけになりますように。


入社から4年。新人ではないけれどベテランとまでは至っていない。そんな私が感じた「電気を守る」ということ

入社から4年。新人ではないけれどベテランとまでは至っていない。そんな私が感じた「電気を守る」ということ

入社4年目といえば、経験をそれなりに積み、仕事に慣れてやりがいと自信を感じる時期ではないでしょうか。同時に多くの失敗も経験し、苦い経験に右往左往することもあるでしょう。今回は新人ではないけれどベテランとまでは至っていない、入社4年目の女性職員・佐久間絵里さん(仮名)にWattMagazine編集部がインタビューを実施。北海道電気保安協会で電気主任技術者として働く佐久間さんが、入社4年目になって知った仕事の魅力とは?


電気とは何か? 23年の仕事を通じて気づいた電気の偉大な力

電気とは何か? 23年の仕事を通じて気づいた電気の偉大な力

電気一筋のベテラン電気主任技術者が沖縄にいました。沖縄電気保安協会で働く萩原一貴さんは生まれ育った沖縄の電気を守り続けて23年。今回、萩原さんにご自身のキャリアを振りかえっていただきました。キーワードは「変幻自在」。暑さが続く8月の沖縄で話を聞きました。


最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ