電気なデンキ。日本初エレキテルの復元を遂げたイノベーター・平賀源内 その1

電気なデンキ。日本初エレキテルの復元を遂げたイノベーター・平賀源内 その1

江戸時代の中期に活躍したイノベーター・平賀源内(ひらが・げんない)。 源内はエレキテルの発明家として名が知れていますが、彼の活躍はそれだけにとどまらず、蘭学者、本草学者、医者、シナリオライターなど、マルチな分野で才能を見せ、多彩なキャリアを築きあげました。 日本初となる静電気発生装置・エレキテルを復元し、江戸時代をほのかに照らし出した平賀源内とはどんな人物だったのか。どうやってエレキテルを復元したのか。現代の視点で見ていきましょう。


平賀源内の生い立ち

今からおよそ300年前、享保13年(1728)に、現在の香川県さぬき市志度に位置する讃岐国寒川郡志度浦で産声をあげました。父の白石茂左衛門、母の山下氏の娘から三男として誕生し、多くの兄弟とともに成長。父も母も後々、彼が本来の能力を発揮し、さまざまな発明やプロジェクトを発足するとは夢にも思わなかったことでしょう…。ちなみに、白石家の先祖は、信濃・佐久の平賀城主だった平賀玄信とされています。
そんな平賀源内は、11歳の時に、掛け軸に細工を施した「お神酒天神(おみきてんじん)」を作成したとされ、その評判によって13歳から藩医のもとで本草学、儒学を学ぶことになります。それだけでなく、俳諧グループに属し、俳諧も行っていました。若い頃からすでに豊かな感性を持っていたのでしょう。
寛延元年(1748)父・白石茂左衛門の死後、21歳の平賀源内は家督を継ぎ、藩の蔵番に。宝暦2年(1752)、24歳の頃には1年ほど長崎へ遊学し、本草学とオランダ語、医学、油絵を学びます。長崎から戻ってからは、藩の蔵番であったにも関わらず、妹に婿養子を迎えさせ家督を放棄、ひたすら勉学に励みました。

理系よりだった少年時代

10代〜20代前半、源内はどんな人物だったのでしょうか。

11歳で作成した「お神酒天神」は、唯一現存するもので、お酒をそえると掛け軸の中の天神さまのお顔が赤く変わるという仕掛け。ちなみに、さぬき市の平賀源内記念館で開催された「さぬき源内ふるさとまつり」では、2018年、実際に「お神酒天神」を作ってみるというワークショップも開催されました。

青年時代は植物や鉱石に興味をもち、あちらこちらで枝を切ったり、石を砕いたりして調査をしていました。幼少期より本草学を学んでいますが、その当時から「この草はこれに役立つ」「これは調合して薬になる」など、ただ知識吸収するだけでなく、自分の頭の中で考え、知識をどのように活かすべきかを自然と考えてきたようです。その知識が高松藩で買われ、薬草園のお世話がかりを任されたと言われています。幼少期、父の畑作業を横目に見ながら、気候や土の特徴、原理などを見て、自然と知識を身につけていったと言われていますが、その観察眼はかなり鋭いものだったことでしょう。

熱中した時間は無駄にしない。知識を最大限に活かす

庭や山の草木を調べ、名前や特徴を次々と頭に入れ、どんなものに対しても真剣に向き合ってきた源内。同じ植物でも季節によって姿は違うし、日当たりや気温など、条件によって育ち方も変わります。そうしたさまざまな情報を、無垢な心と好奇心でインプットし続けてきたのでしょう。

心がときめく。
冒険に出ているようなワクワク感。
知識を蓄えたら、それをどのように生かしていくのか。どうやってアウトプットしていくか。それが後々にアイデアを生み出し、発明品を作る手立てになっていくのです。

そしてインプットした情報と五感で得た感覚が多様であれば多様であるほど、その人自身を豊かにしていくものかもしれません。


その2では、青年期の源内と彼が考案した数々のプロジェクト・プロダクトをご紹介します。

関連するキーワード


電気 伝記

関連する投稿


ブレーカーはどうして落ちるの?その原理を解説します。

ブレーカーはどうして落ちるの?その原理を解説します。

家の中を見渡すと、エアコンや電子レンジ、ドライヤーなど、多くの電化製品があるはず。しかし家族から、「同時に利用しないようにね」と言われませんか? なぜこのように注意されるのか。それは、一度にたくさんの電気を利用するとブレーカーが落ちて家にある全ての電化製品が利用できなくなってしまうからです。もしブレーカーが落ちたら、自分の手でブレーカーを上げ、もとに戻さなければなりませんが、そもそもブレーカーはなぜ“落ちる”のでしょうか。非常に身近なことなのに、意外とその理由を理解していないかも?今回はブレーカーについて一緒に勉強していきましょう。


電気とは何か? 23年の仕事を通じて気づいた電気の偉大な力

電気とは何か? 23年の仕事を通じて気づいた電気の偉大な力

電気一筋のベテラン電気主任技術者が沖縄にいました。沖縄電気保安協会で働く萩原一貴さんは生まれ育った沖縄の電気を守り続けて23年。今回、萩原さんにご自身のキャリアを振りかえっていただきました。キーワードは「変幻自在」。暑さが続く8月の沖縄で話を聞きました。


電気工事会社を変える電気工事会社!? 株式会社電建 【電気企業インタビュー】

電気工事会社を変える電気工事会社!? 株式会社電建 【電気企業インタビュー】

「電気工事会社」のイメージというと、どういうものがあるでしょうか。 少し職人気質な方たちが、現場作業をこなしている様子? 体力のいる仕事? 建設業者のもと、過酷な環境で働いている光景? 3K(きつい・きたない・きけん)? そんなイメージを持たれている方も多いのかもしれません。 今回インタビューに訪れた電気工事会社さんはそのイメージとは全くかけ離れていました。 電気工事を目指す人たちに、是非とも知っていただきたい会社さんです。


生活に密着したコイル製品〜身近なこんなところにも使われている!

生活に密着したコイル製品〜身近なこんなところにも使われている!

「聞いたことはあるけど、何に使うものかは知らない」かもしれませんね。コイルは私たちの生活の多くの場面で大活躍している電気の部品の一つ。むしろ、これがないと生活は成り立たないのです…。今回は、あなたをそんな「コイル」の世界にお連れしましょう。


電力自由化とは〜電気も自由に選べる時代に〜

電力自由化とは〜電気も自由に選べる時代に〜

電力自由化がスタートしてから、数年が経ちました。しかし、いまだにどのようなシステムなのか分からないという人も少なくはないはず。今回は、電力自由化の特徴やメリットについてわかりやすく解説します。


最新の投稿


電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生した中、長野県が受けたダメージは特に甚大でした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害に。それにより電気の供給がストップ。電気が使えない…そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。後編では、復旧活動で求められる“チーム力”をテーマに語っていただきました。復旧活動を指揮した早川さんが「多くの方の協力があって、電気を灯せる」と明かすように、電気はみんなの力がひとつになって灯せるもの。チームで動く上で大切なこととは?


消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生しましたが、中でも長野県が受けたダメージは特に甚大なものでした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害にあい、電気の供給がストップ。「電気が使えない」。そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。前編では、当時の復旧活動について、実際に復旧活動に従事された早川さん、森川さん、田平さん、そして多田井さんの4人に語っていただきました。


静電気の不思議。パチッとならないためにはどうすればいいの?

静電気の不思議。パチッとならないためにはどうすればいいの?

寒い時期、ドアノブに手をかけると「パチッ」という音ともに小さな痛みが走った経験はありませんか。そう、静電気です。あなたはこの静電気が一体何者かご存知でしょうか。その正体を理解すれば、静電気を避けることができるのです。この記事では、一緒に静電気について勉強していきましょう。


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ






























最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 ストレッチ