電気なデンキ。日本初エレキテルの復元を遂げたイノベーター・平賀源内 その5

電気なデンキ。日本初エレキテルの復元を遂げたイノベーター・平賀源内 その5

好奇心の赴くままに、自分のやりたいこと、興味のあることに熱中してきた源内。今でいう”フリーランサー”として活躍を続けます。


二度の脱藩、フリーの事業者へ

江戸時代は半ば。当時の日本は金・銀・銅をはじめとした原料や資源の輸出国となっていました。しかし、人口が急激にふえたこと、資源が枯渇してきたことにとり、新規事業の創出や新たな施策が必要に。そこで、普及と発展を遂げてきた蘭学をもとに、輸入品の国産化を進めようとします。
そのとき、源内は本草学者として名をあげ、高松藩の薬坊主格となったものの、国内を自由に行き来するのは藩の許可が必要であることに不便を感じ、なんと脱藩。高松藩は源内を「仕官御構(おかまい)」という処され、幕府や他の藩への仕官を禁じられてしまうのです。
所属する藩がない=今でいうフリーランス(のような状態)。しかし源内はフリーという特権を生かし、さまざまな事業を立ち上げていきます。

短期間で次々と新規事業を興す

脱藩後の源内は次々と新規事業を興します。成功したか否かはなんとも言い難いものの、事業を興すということは、多大な労力と知識、そして何よりもアイデアが必要です。今の時代、彼のようにおよそ2年ごとのペースでここまで立ち上げている起業家はいるでしょうか…?

1762年 源内35歳
東都薬品会主催 1300種の物産を集めた博覧会

1764年 源内37歳
防災繊維で火浣布(燃えない布)を作り、幕府に献上。ただし技術が追いつかず、ビジネスとしてはうまくいきませんでした。この際、「火浣布略説」を執筆。

1767年 源内39歳
資金調達を行い秩父の金山開発に着手して金の産出による一獲千金を狙うも幕府から中止令が発令される。

1770年 源内43歳
度目の長崎行のおり数頭のヒツジを買い入れ、これを郷里志度の知人へ送り飼育を依頼。志度で羊毛をつむぎ、「国倫(くにとも)織」と名付けた。

1771年 源内44歳
長崎遊学のときに目にした天草陶石の素晴らしさを記すべく、西国郡代に建白書「陶器工夫書」を提出。

1773年 源内46歳
中津川鉄山で鉄の精錬事業を開始するものの、失敗。鉱山は閉山。一説によれば現在の金額に換算して20億円もの赤字を出したのだとか。

1774年 源内47歳
借財返済のため、小間物販売や戯作、商品の宣伝文などの創作に取り組む。炭焼事業、荒川通船工事の指導も。

1775年 源内48歳
長崎から持ち帰った摩擦起電器「エレキセエリテイト」の復元に着手。革を模した紙金唐革紙(きんからかわかみ)を開発、根付けなどの細工物を含む商売を開始。

1776年 源内49歳
長崎へ訪れた際に持ち帰った大量の伽羅の木。伽羅の木というのは香木でいい香りが漂うため、この香木で作られた櫛は高級とされてきました。源内はそれをもう一工夫します。棟の部分を銀で飾ってさらに高級な櫛を開発、宣伝しました。宣伝にあたり起用したのは吉原の遊女。源内櫛は大ヒットを記録しました。

1777年 源内50歳
「エレキセエリテイト」の復元に成功し「エレキテル」と名付けて公開。
同時期に『長枕褥合戦(ながまくらしとねかっせん)』を発表。

ちょっとやそっとじゃへこたれない

事業が失敗して多額の借金を抱えることになっても、常に挑戦を続けてきた平賀源内。たとえ利益にならなくても、自分の好奇心を満たしてくれる事業に注力し、自分らしく生き抜いてきたイノベーターだと言えるのではないでしょうか。

関連するキーワード


電気 伝記

関連する投稿


太陽光が当たるだけでセルフクリーニング 夢の電気素材「光触媒」とは

太陽光が当たるだけでセルフクリーニング 夢の電気素材「光触媒」とは

光触媒とは、太陽の光を当てるだけで表面を洗浄する機能を持った電気素材のことを言います。 そんな魔法のようなことがあるの? あるんです。実在しますし、実用化もされています。光触媒は、身近な生活の中でどのように活用されているのでしょうか?


リニアモーターカーにも使われている夢のような金属素材「超電導」とは

リニアモーターカーにも使われている夢のような金属素材「超電導」とは

聞きなれない言葉、「超電導」。これは電気抵抗がゼロである状態の電気素材のことです。 大きなエネルギーを作ることができるため、リニアモーターカーにも利用されています。またその他にもたくさんの場面で、今後使われていくであろう夢の電気素材です。今回は大きな可能性を秘めた超電導について、一緒に勉強してみましょう。


磁石の不思議。どこまで切り離したらN(S)だけになるの

磁石の不思議。どこまで切り離したらN(S)だけになるの

磁石について、あなたはどれだけ知っていますか? 冷蔵庫にはりつく、N極とS極がある、砂鉄がくっつく…。 磁石は、不思議な特性がいくつもあり、奥が深いものです。 今回は、おもに3つのことについて触れていきます。きっとあなたも興味がわくはず。 僕と一緒に磁石について勉強していきましょう。


ブレーカーはどうして落ちるの?その原理を解説します。

ブレーカーはどうして落ちるの?その原理を解説します。

家の中を見渡すと、エアコンや電子レンジ、ドライヤーなど、多くの電化製品があるはず。しかし家族から、「同時に利用しないようにね」と言われませんか? なぜこのように注意されるのか。それは、一度にたくさんの電気を利用するとブレーカーが落ちて家にある全ての電化製品が利用できなくなってしまうからです。もしブレーカーが落ちたら、自分の手でブレーカーを上げ、もとに戻さなければなりませんが、そもそもブレーカーはなぜ“落ちる”のでしょうか。非常に身近なことなのに、意外とその理由を理解していないかも?今回はブレーカーについて一緒に勉強していきましょう。


電気とは何か? 23年の仕事を通じて気づいた電気の偉大な力

電気とは何か? 23年の仕事を通じて気づいた電気の偉大な力

電気一筋のベテラン電気主任技術者が沖縄にいました。沖縄電気保安協会で働く萩原一貴さんは生まれ育った沖縄の電気を守り続けて23年。今回、萩原さんにご自身のキャリアを振りかえっていただきました。キーワードは「変幻自在」。暑さが続く8月の沖縄で話を聞きました。


最新の投稿


電気保安って具体的にどんな仕事?を解説します!

電気保安って具体的にどんな仕事?を解説します!

電気保安とは、言葉のとおり電気を安全に利用するために定期的な点検や検査を行うことです。このお仕事が適切に行われないと、漏電や火災事故が発生する危険性が高まります。つまり、電気保安を行う電気主任技術者は、そうした危険から日々、私たちの生活を守っているということです。本記事では、電気主任技術者の資格を有する僕が、電気保安のお仕事について詳しくお伝えしていきます。


不景気なんて関係ない。安定の仕事ができる、それが電気管理技術者だ!

不景気なんて関係ない。安定の仕事ができる、それが電気管理技術者だ!

2020年に大流行した新型コロナウイルスは、全世界に経済の低迷をもたらしました。それによって、仕事を失った方や大幅な収入減になった方も少なくはありません。しかし、経済の変動を受けない職業がここに。それが電気設備を点検する、“電気管理技術者”です。参入するには資格と経験年数が求められる技術職ですが、北海道電気管理技術者協会に所属する石田浩倫さんは、「やる気さえあれば誰でもできる」と熱弁。石田さんのキャリアと共に、仕事の魅力を語っていただきましょう!


有資格者が簡単に解説する「電験三種」の試験の中身

有資格者が簡単に解説する「電験三種」の試験の中身

電気保安には欠かせない国家資格である「電験三種」。名前は聞いたことがあっても、試験の内容までは知らない方も多いかもしれません。今回は、有資格者の僕が、なるべくわかりやすく解説します。


「キャリアって何だろう」 キャリアカウンセラーが解説!豊かな人生のための「働く」についての考え方

「キャリアって何だろう」 キャリアカウンセラーが解説!豊かな人生のための「働く」についての考え方

仕事とは何でしょう。10代を過ぎると、仕事に向き合う日がどんどん近づいていきます。いつかは直接携わることになる仕事、その仕事に向き合う準備を少しずつはじめてみませんか。この記事では、身近な「もの」から仕事を想像する、身近な「ヒト」がどんな仕事をしているのか聞いてみるという、2つの方法で仕事への理解を深めていきます。


眠りの瞑想「パワーナップ」で午後の集中力を劇的に高める!

眠りの瞑想「パワーナップ」で午後の集中力を劇的に高める!

昼の仮眠で午後の集中力を高まるって本当?本記事では、パワーナップとその効果についてご紹介します。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ
































最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 ストレッチ