電気なデンキ。日本初エレキテルの復元を遂げたイノベーター・平賀源内 その5

電気なデンキ。日本初エレキテルの復元を遂げたイノベーター・平賀源内 その5

好奇心の赴くままに、自分のやりたいこと、興味のあることに熱中してきた源内。今でいう”フリーランサー”として活躍を続けます。


二度の脱藩、フリーの事業者へ

江戸時代は半ば。当時の日本は金・銀・銅をはじめとした原料や資源の輸出国となっていました。しかし、人口が急激にふえたこと、資源が枯渇してきたことにとり、新規事業の創出や新たな施策が必要に。そこで、普及と発展を遂げてきた蘭学をもとに、輸入品の国産化を進めようとします。
そのとき、源内は本草学者として名をあげ、高松藩の薬坊主格となったものの、国内を自由に行き来するのは藩の許可が必要であることに不便を感じ、なんと脱藩。高松藩は源内を「仕官御構(おかまい)」という処され、幕府や他の藩への仕官を禁じられてしまうのです。
所属する藩がない=今でいうフリーランス(のような状態)。しかし源内はフリーという特権を生かし、さまざまな事業を立ち上げていきます。

短期間で次々と新規事業を興す

脱藩後の源内は次々と新規事業を興します。成功したか否かはなんとも言い難いものの、事業を興すということは、多大な労力と知識、そして何よりもアイデアが必要です。今の時代、彼のようにおよそ2年ごとのペースでここまで立ち上げている起業家はいるでしょうか…?

1762年 源内35歳
東都薬品会主催 1300種の物産を集めた博覧会

1764年 源内37歳
防災繊維で火浣布(燃えない布)を作り、幕府に献上。ただし技術が追いつかず、ビジネスとしてはうまくいきませんでした。この際、「火浣布略説」を執筆。

1767年 源内39歳
資金調達を行い秩父の金山開発に着手して金の産出による一獲千金を狙うも幕府から中止令が発令される。

1770年 源内43歳
度目の長崎行のおり数頭のヒツジを買い入れ、これを郷里志度の知人へ送り飼育を依頼。志度で羊毛をつむぎ、「国倫(くにとも)織」と名付けた。

1771年 源内44歳
長崎遊学のときに目にした天草陶石の素晴らしさを記すべく、西国郡代に建白書「陶器工夫書」を提出。

1773年 源内46歳
中津川鉄山で鉄の精錬事業を開始するものの、失敗。鉱山は閉山。一説によれば現在の金額に換算して20億円もの赤字を出したのだとか。

1774年 源内47歳
借財返済のため、小間物販売や戯作、商品の宣伝文などの創作に取り組む。炭焼事業、荒川通船工事の指導も。

1775年 源内48歳
長崎から持ち帰った摩擦起電器「エレキセエリテイト」の復元に着手。革を模した紙金唐革紙(きんからかわかみ)を開発、根付けなどの細工物を含む商売を開始。

1776年 源内49歳
長崎へ訪れた際に持ち帰った大量の伽羅の木。伽羅の木というのは香木でいい香りが漂うため、この香木で作られた櫛は高級とされてきました。源内はそれをもう一工夫します。棟の部分を銀で飾ってさらに高級な櫛を開発、宣伝しました。宣伝にあたり起用したのは吉原の遊女。源内櫛は大ヒットを記録しました。

1777年 源内50歳
「エレキセエリテイト」の復元に成功し「エレキテル」と名付けて公開。
同時期に『長枕褥合戦(ながまくらしとねかっせん)』を発表。

ちょっとやそっとじゃへこたれない

事業が失敗して多額の借金を抱えることになっても、常に挑戦を続けてきた平賀源内。たとえ利益にならなくても、自分の好奇心を満たしてくれる事業に注力し、自分らしく生き抜いてきたイノベーターだと言えるのではないでしょうか。

関連するキーワード


電気 伝記

関連する投稿


太陽光発電はどういう仕組みで発電するの?

太陽光発電はどういう仕組みで発電するの?

広大な土地にソーラーパネルが設置されているメガソーラー発電所などが増えてきて、太陽光発電を目にすることが多くなってきました。太陽光のエネルギーを電気に変換するソーラーパネルがどのような仕組みで発電しているのかを解説します。


高校生に読んでほしい記事14選

高校生に読んでほしい記事14選

今、高校生に読んでほしい記事をWattMagazine編集部が厳選。 進路や受験勉強の悩み解決につながる記事や今日から使える電気のマメ知識を読んでみよう。


身の回りにあるギモンを解決!電波時計が正確に時を刻むワケ

身の回りにあるギモンを解決!電波時計が正確に時を刻むワケ

電波時計は普通の時計と違って、時刻を合わせなくても勝手に正確な時間を刻んでいきます。それはどのような仕組みで時間を合わせているのでしょうか?


「LEDライトはなぜ光るの?」を簡単に解説します

「LEDライトはなぜ光るの?」を簡単に解説します

最近では、蛍光灯や電球が、LEDライトに置き換えられるようになってきました。今までの照明と明るさが違うため、明かりを見てLEDライトだと分かる人も多くいるのではないでしょうか。この記事では、LEDライトはどのような仕組みで光を放っているのかをわかりやすく解説します。


【エッセンシャルワーカー対談 第三回】人が生きるために、そして生活を彩るために、欠かせない電気と食物。2つの業界から考える持続可能な未来とは

【エッセンシャルワーカー対談 第三回】人が生きるために、そして生活を彩るために、欠かせない電気と食物。2つの業界から考える持続可能な未来とは

新型コロナウイルスの感染拡大により、注目を集めている「エッセンシャルワーカー」。電気設備の保安点検を行う電気管理技術者は、エッセンシャルワーカーとして多くの人々の生活を支えています。第三弾では農業従事者の小黒さんをゲストのお招きし、対談を実施。電気業界と農業の現場で働くお二人から、互いの働く現場と今後、そして電気と農業のこれからの可能性について語っていただきました。


最新の投稿


現役塾講師が答える「苦手な教科を克服するための3つのコツ」

現役塾講師が答える「苦手な教科を克服するための3つのコツ」

みなさんは苦手な教科はありますか?苦手教科を克服したいけれど、なかなか克服できずに悩んでいる人は多い。僕が塾で日頃指導している中でも、「苦手教科を克服するためにどうやって取り組めばいいのか」と、よく相談されます。 苦手な教科は克服したいと思いつつ、苦手だからこそなかなか勉強したくないものです。今回の記事では、苦手教科を克服する方法をご紹介しましょう。


思春期の子どもたちが抱える人間関係の悩み~解決の糸口は「自己効力感」

思春期の子どもたちが抱える人間関係の悩み~解決の糸口は「自己効力感」

思春期になると、家族以外との関係を重視するようになります。これは、体だけでなく、心も成長することで起こる正常な変化です。しかし、この頃から人間関係の悩みも抱えるようになります。 今回は思春期ならではの人間関係の悩みについて、解決案とともに解説します。


身の回りにあるギモンを解決!扇風機の常識を覆した羽のない扇風機はどうやって風を送るの?

身の回りにあるギモンを解決!扇風機の常識を覆した羽のない扇風機はどうやって風を送るの?

最近、羽がないスリムな形の扇風機が多く販売されています。扇風機といえばその形を思い浮かべる方も多いのではないかと思いますが、今までは羽がついた扇風機が一般的でした。 羽がある扇風機と、羽のない扇風機では、どのような違いがあるのでしょうか。


【iPhone攻略】今日から使えて超便利 ! コントロールセンターの機能とカスタマイズ手順

【iPhone攻略】今日から使えて超便利 ! コントロールセンターの機能とカスタマイズ手順

日本人の約7割がiPhoneユーザーであると言われていますが、一般的に認知されていない機能も多いようです。中には、隠し機能と呼ばれる裏技のような機能もありますが、今回は裏技ではなく「コントロールセンター」の機能について解説します。 シンプルで便利なコントロールセンターの機能を使い、iPhoneと快適な生活を送りましょう。


「高校時代に目に焼き付いた鉄塔上からの景色が忘れられなくて」テレビ番組にも出演した女性送電設備保守作業員が語る送電業務の魅力とは

「高校時代に目に焼き付いた鉄塔上からの景色が忘れられなくて」テレビ番組にも出演した女性送電設備保守作業員が語る送電業務の魅力とは

関西電力送配電で架空送電設備を保守するプロ職唯一の女性社員として活躍され、テレビ番組「深イイ話」に出演された関西電力送配電 大阪北電力本部 野江電力所に所属する西岡 鈴夏さん。西岡さんはなぜこの業界に興味を持ったのか、そのきっかけとなった高校時代の経験、そして現在のお仕事まで「送電線業務」の魅力について語っていただきました。


今月のおすすめ