『スクリーン門限』で質の良い眠りを手に入れる

『スクリーン門限』で質の良い眠りを手に入れる

仕事のパフォーマンスを上げるのに不可欠な良質な睡眠。安心して眠る状況をつくりだすために必要なものとは?


脳の戦闘モードを遮断! 『スクリーン門限』

もっとも大事なのは「寝る1時間前からは、テレビやパソコン・スマートフォンなどのスクリーンを一切見ない」こと。

ニュースサイト『ハフィントン・ポスト』の創設者として知られるアリアナ・ ハフィントン氏は、睡眠を犠牲にして働いた結果、著しく心身を壊した経験から、睡眠について深く学び、著書『スリープ・レボリューション』を上梓しました。彼女は「いい仕事をするためには良質な睡眠をとることが必須。 そのためには、寝る前にスクリーンを見てはいけない、寝室にスマートフォンを持ち込むなどもってのほかである」と語っています。 事実、スクリーンが発する光は眠りの質を下げ、睡眠リズムを狂わせることが、さまざまな研究から明らかになっています。

しかし、「寝なくては」と焦れば焦るほど、なかなか眠れない状態が続いてしまうのです。

スクリーンを遮断するメリット

スクリーンを遮断することのメリットは次の3つ。

・ブルーライトによる体内時計の乱れを防止

・仕事からの完全シャットダウンで仕事の意識から解放

・自分から情報を探しに行かないことで脳の働きをストップさせる

 

・ブルーライトによる体内時計の乱れを防止

ブルーライトは網膜まで到達する、とても強いエネルギーを持っています。パソコンやスマートフォンなどのLED ディスプレイ、LED照明にはブルーライトが多く含まれており、夜間に浴びると、眠気を引き起こすメラトニンの分泌が減少して体内時計を狂わせ、睡眠の質を下げる原因になります。 

・仕事からの完全シャットダウンで仕事の意識から解放

 心身ともにリラックス状態をつくるには、緊張させるものをベッドに持ち込まないことです。とくに気をつけたいのがスマートフォン。寝る前の気晴らしのつもりで触っていても、メールや情報が飛び込んできてしまい、目を覚ましてしまいます。睡眠前は、目につかないところに置くか、電源を切っておきましょう。

・自分から情報を探しに行かないことで脳の働きをストップさせる

仕事中はつねに自分から発信したり、情報を探しに行ったりしているため、体も意識も戦闘モードになりがち。ただぼーっと受け取る側に回り、戦闘モードをぷつっと切ってしまいましょう。 

スクリーンを見る代わりに紙の本を読もう

スクリーンを見ない代わりに、紙の本を読んでみませんか。過剰な光が目に入ってこなくなり、かつ「ただ活字を追う」ことで受信モードに切り替わり、自然な眠りを誘ってくれます。とはいえ、くれぐれも自分の仕事に関するものは読まないこと。仕事スイッチをオフにするために、小説やエッセイ、趣味の本、刺激的過ぎないノンフィクションなどを選びましょう。

もし、寝る前たった1時間でもスマートフォンに触れないことで不安になるようなら、それはあなたが「スマートフォンに支配されている」サインです。今日からスクリーン門限を習慣化してみてください。


元記事「『スクリーン門限』で質の良い眠りを手に入れる」は2019年6月6日にBUSINESS LIFEに掲載されたものです。

『スクリーン門限』で質の良い眠りを手に入れる | BUSINESS LIFE

https://business-life.jp/sleep/15178

仕事のパフォーマンスを上げるのに不可欠なのは、良質な睡眠だ。しかしそれを妨げるのは「不安」や「緊張」である。 「明日起きられなかったらどうしよう」「早めに出社してプレゼンの準備をしなければ」 こういった意識や感情が心身の「安心」を損ね、眠りの質を低下させる。心地いい眠りのために必要なのは「安心感」だからだ。 では、「安心して眠る」状況をつくりだすために必要なのは何か。一流が通う"疲労回復

関連するキーワード


睡眠 スマホ

関連する投稿


眠りたいのになかなか寝つけない…質の良い睡眠のメリットとポイント

眠りたいのになかなか寝つけない…質の良い睡眠のメリットとポイント

「次の日を考えると眠れない」「寝ているのに眠く感じる」など、睡眠の悩みを感じている人は少なくありません。十分な睡眠をとれず、集中力が低下していたり日中に居眠りしてしたりしてしまう場合は、不眠症の可能性があります。今回は睡眠の効果睡眠の質を上げるために気をつけることについて解説します。


睡眠の質をあげて毎朝爽快!今日からできる方法5選 後編

睡眠の質をあげて毎朝爽快!今日からできる方法5選 後編

前編では質の良い睡眠とは何かを解説しました。後編では、5つの実践方法をご紹介します。


睡眠の質をあげて毎朝爽快!今日からできる方法5選 前編

睡眠の質をあげて毎朝爽快!今日からできる方法5選 前編

朝、目が覚めると「よく寝た~!」と伸びをして颯爽とベッドを降り、カーテンを開けて「今日もがんばろう」と一日をスタートする。そんな朝を毎日過ごせたら…そう思いながらも理想のまま、という人は多いでしょう。現実は、目覚ましのスヌーズと戦い、「起きなきゃ」と言いながら体は動かず。ようやく起き上がっても頭は重く、あくびをしながら最低限の支度をするのがやっと…。睡眠の質を上げ、「毎朝すっきり」目覚めるために前編では質の良い睡眠とは何かを解説します。


睡眠を自在にコントロール。深部体温を上げる方法とは

睡眠を自在にコントロール。深部体温を上げる方法とは

ベッドに入ったのに、眠れない。明日も朝早いのに…。つらいですよね。こんなとき、自在に睡眠をコントロールできたらどんなにいいでしょうか。「深部体温」をコントロールして眠りを操作する方法をお教えします。


睡眠の質を高める「ウサギのポーズ」首コリ解消&リラックス効果も!

睡眠の質を高める「ウサギのポーズ」首コリ解消&リラックス効果も!

睡眠不足による悪影響は重々承知、でも決めた時間にベッドに入ってもなかなか眠れない……。そんな悩みを持つ人は多いのでは。この記事では睡眠に適した姿勢と、それを可能にするポーズをご紹介します!


最新の投稿


たった4日間日記を書きなぐるだけで心身ともに健康になる?

たった4日間日記を書きなぐるだけで心身ともに健康になる?

「日記は心の整理に役立つ」ことはなんとなく知っていても、感情のままに書きなぐるのは少し気恥ずかしい。後で読み返すことを考えて、事務的な記録にとどめている人も多いのでは。しかし、「日記を書きなぐる」という行為には精神・肉体ともに健康効果があることをご存知でしょうか。実際の医療現場で試みられている心理療法の一つ「筆記開示」は、不眠症や免疫機能の改善、記憶力の向上、さらには欠勤の減少など様々な効果が実証されているのです。


電験三種合格への道!おすすめの参考書やグッズを紹介します。

電験三種合格への道!おすすめの参考書やグッズを紹介します。

参考書や電卓、テキストなど、独学で勉強するにあたってのおすすめアイテムをご紹介します。


はたらく世代の7割超が「運動習慣なし」-健康経営で身体を動かせる職場づくりを

はたらく世代の7割超が「運動習慣なし」-健康経営で身体を動かせる職場づくりを

日本では運動不足が原因で毎年5万人が死亡しているとも言われており、※1「運動」は「食事」や「睡眠」と並んで心身の健康に絶対に欠かせない要素です。しかし、はたらく世代(20~64歳)の7割超は運動習慣を持っていないことが厚生労働省の調査で明らかになりました。


電験三種の合格を勝ち取ろう!「法規科目の強化書」

電験三種の合格を勝ち取ろう!「法規科目の強化書」

電験三種の試験勉強を応援するこの企画。この記事では、法規について近年の出題傾向をまとめました。


【ドローン撮影】鉄塔で働くラインマン

【ドローン撮影】鉄塔で働くラインマン

鉄塔で働くラインマンのリアルな現場をドローンで撮影。動画と画像で紹介。 この動画で働くラインマンは古い鉄塔から新しい鉄塔に電線を移動させる作業をしています。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ



















最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 関東電気保安協会 電験二種 ストレッチ