実はとっても簡単だった?ヘアドライヤーの原理

実はとっても簡単だった?ヘアドライヤーの原理

身の回りに存在する電気製品。 どれもこれもとても便利だと思います。 ただそれらがどんな原理で動いているのか、あまり考える機会はないかもしれません。今回は日常的に使用する電気製品の一つ、「ヘアドライヤー」の原理を学んでいきましょう。


へアドライヤーはこんな仕組みでできている

髪の毛を乾かす際に利用する電気製品・ヘアドライヤーは、コンセントに繋げてスイッチをONすることで風が発生します。また、製品についたスイッチを動かすことで、風の強弱、温風・冷風が簡単に操作できます。何気なく使用しているものの、こんなに簡単に切り替えることができるのだと、不思議に思ったことはないでしょうか。まずはどのような仕組みや構造になっているかを見ていきましょう。

風を発生している部位は「ファン」と呼ばれる部品

ファンとは、回転運動により風を発生する部品のこと。この部品にモーターを接続し、電気を流すことでモーターとともに回転させます。そうしてファンが回転することで、風を発生させることができるわけです。
風圧を強くする場合はモーターを速く、風圧を弱める場合はモーターを遅くする。つまり、基本的には扇風機と同じ原理でできているのです。

温風を生み出すために「抵抗加熱」の原理が応用されている

では、ただの風をどのような仕組みで温かくできるのでしょうか。そこには「抵抗加熱」という原理が利用されています。
抵抗加熱とは導線に電気を流した際に、その導線が持つ電気抵抗値により発熱する現象を言います。この抵抗加熱により、温まった導線(図1では電熱線と表現しています。)に対して風を吹きかけることで、温風を発生することができるのです。この場合導線は銅線ではなく、ニクロム線のような電気抵抗値が高い素材が用いられます。

中学生時代に理科で学んだ「ジュールの法則」を思い出してみよう!

ジュール熱=電流^2×電気抵抗値×時間(ジュールの法則)

この法則からは、熱を生むためには大きな電気抵抗値を持つ素材(ニクロム線)を用いる必要があることがわかります。また、家庭のブレーカーが落ちてしまいますのであまり電流を大きくすることはできません。

まとめ

こんなに身近な電気製品にも電気の技術がしっかり活躍しているのです。世の中にはさらにたくさんの電気製品が存在します。電気の世界をもっとのぞいてみませんか。

プロフィール

どわーふ

私立大学大学院(博士前期課程)卒業後、大手メーカー2社で電気部品の開発業務に従事。現在はとある施設で電気主任技術者として電気保安業務を担当。また、フリーライターとして「電気主任技術者が運営する就活転職応援サイト」を運営中。

ブログ

Twitter

Note


最新の投稿


電気工事士マンガ「転電虫」 第三回 ひきまわし

電気工事士マンガ「転電虫」 第三回 ひきまわし

電気工事の仕事には、多くの道具を必要とします。この回では、通常では耳にしないとある道具がでてきます。


普段の「習慣」を成功の糧に!ルーティーンを設けると変わる3つのこと。

普段の「習慣」を成功の糧に!ルーティーンを設けると変わる3つのこと。

ルーティーン(routine)は、生産性を高める上で、とても大切なことです。日常にルーティーンを取り入れることでどのようなメリットがあるのかを解説します。


レジリエンスを高める4つのポイントーマインドフルネスでしなやかな心へ

レジリエンスを高める4つのポイントーマインドフルネスでしなやかな心へ

日々のストレスが原因で人に当たってしまうことはありませんか。破滅的な方法でストレスを発散していては、心身の健康や人間関係に悪影響を及ぼしかねません。この記事では、現代の人々に求められている能力「レジリエンス」を紹介します。


幸せの源は食事!食事の時間を大切にして疲れない心と身体を手に入れよう

幸せの源は食事!食事の時間を大切にして疲れない心と身体を手に入れよう

あなたは昨日食べたものを思い出せますか?もしかすると、今朝食べた朝ごはんやランチも思い出せなかったりするかもしれません。食べたものが身体をつくり、健康を支えているのだと頭では理解はしていても、仕事や趣味の時間が優先されてしまうことも。しかし、最終的に食べることは「幸せに生きる」ということにつながるのです。


「困っている人を助けることが私の使命」東京オリンピック開会式でエッセンシャルワーカー代表に任命された電気技術者が語る仕事への誇り

「困っている人を助けることが私の使命」東京オリンピック開会式でエッセンシャルワーカー代表に任命された電気技術者が語る仕事への誇り

2021年7月23日、オリンピックスタジアムで東京オリンピック開会式が開催されました。五輪旗をリレー形式で掲揚台まで運ぶシーンに突入し、リレーの終盤という大役を任されたのは、アスリートでも著名人でもなく、8人のエッセンシャルワーカーの代表。そのうちの1人として抜擢されたのが、東京電力パワーグリッドに所属する南條優希さんです。大きな舞台で、堂々と勇ましい姿を見せてくださった南條さんに、開会式出演時の思い出から現在の仕事について、たっぷりとお話を伺いました。


最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 関東電気保安協会 電験二種 ストレッチ