人前で緊張しやすいあなたへ。あがり症の対策を教えます。

人前で緊張しやすいあなたへ。あがり症の対策を教えます。

「人前だと、緊張してうまく話せない」「発表するとき赤面したり、声が震えたりしてしまう」…緊張しすぎて動悸が激しくなる、硬直してしまうなど、体に何か変化が現れることはありませんか。それはあがり症のせいという可能性が。本記事では、あがり症とあがった時に試してほしいについてお教えします。


あがり症とは

大勢の前で話すと緊張し、その緊張から赤面や心拍数の上昇、発汗などの症状が見られる場合があります。あがり症は、過度な緊張によってこれらの症状が強まり、さらに人の目が怖くなったり、自分の気持ちを表現しづらくなったりするなど、悪循環が目立つ状態のことを言います。
とくに、思春期など周りの目線が気になる10代後半に、あがり症を自覚する人が多いようです。

あがり症の原因は

あがり症の代表的な症状である「人前での過度な緊張」は、1回の失敗体験や周りからの評価を気にする不安からくるものです。「また失敗したらどうしよう」といった不安が、さらにあがり症を悪化させる原因となります。

不安や苦手は意識すればするほど人前での緊張を強めてしまい、あがり症が悪化すると「人目が怖くて話せない」など、恐怖心へと変わっていきます。学生生活では挙手をして発言したり、人前で発表したりするなど、周りからの注目を浴びやすい時期でもあるため、人目にふれやすい環境もあがり症のきっかけになりやすいと考えられます。また、もともと不安が強くて心配性な人、完璧主義な人は、他人からの評価を気にしやすい一面があるため、あがり症になりやすい傾向があります。

あがり症を克服する2つの方法

あがり症の症状は誰にでも起こりうることですが、あがり症が悪化する原因の多くは過去の失敗体験にあります。あがり症の悪循環を断つためには小さな成功体験を重ねることが重要であるため、以下2つの具体的な行動であがり症を克服していきましょう。

①自分のイメージを捉え直してみよう
あがり症の人は自分自身に対し、「人前で話すと緊張で頭が真っ白になる」「周りから笑われているかもしれない」など、ネガティブなイメージを強く持っていることが多いようです。あがり症を克服するために、まずは自分のイメージをポジティブに捉え直してみましょう。

・人前で話すと頭が真っ白になる→注目を浴びる方が上手に話すことができる
・周りから笑われているかもしれない→周りは静かに見守ってくれているだろう など

ポジティブなイメージトレーニングをすることで、少しの安心感や自信を感じやすくなり、成功体験につながりやすくなります。人は、「緊張しないようにしよう」と意識するほど余計に緊張してしまうため、ポジティブなイメージへと捉え直すことで少し自己暗示の効果が期待できる可能性もあります。

②自分からあえて行動してみよう

また、自分からあえて行動することも有効です。とはいえ、ただ場数を踏めば克服できるわけではありませんので、事前にポジティブなイメージトレーニングを十分にしたり、実際に人前での発表練習をしてみたりするなど、少しずつ行動へうつしてみましょう。

たとえば、「クラスメートの前で発表すると緊張して怖い」場合、いきなりクラスメート全員の前で発表するのではなく、まずは友人数名の前で発表の練習をしてみるでも十分有効です。無理なく、自分がチャレンジしやすいことから練習してみましょう。

自分のペースで行動すればあがり症は克服できる

あがり症は誰でも体験する可能性がありますが、自分のペースで向き合うことで克服は可能です。人前での緊張や発表時の赤面などは完全になくすことができませんが、誰にでも起こりうることです。ですから、今回ご紹介した対処方法で、なんとか乗り越えられる状態を目指しましょう。

プロフィール

しあん

臨床心理士・公認心理師。国立大学院修了後、精神科クリニックや学校現場にてカウンセラーとして従事。専門領域は臨床心理学、心理アセスメント。また、心理系大学院を目指す人のために『サイコロブログ』にて情報発信中。Twitterのアカウントはこちら

関連するキーワード


あがり症

最新の投稿


電線の形状が変わると電気の性質も変わる

電線の形状が変わると電気の性質も変わる

電気はどのように発電所から送られてくるか、ご存知でしょうか。 電気は銅やアルミのような金属を線にした「電線」に流すことで、私たちの家庭に送られます。また、その電線の太さを変えることで電気の性質は変わってくるのです。普段の生活においてはあまり気にならないかもしれませんが、少し知識を深めてみませんか。


「コロナうつ」を防ぐにはーセルフチェック方法と3つの対策

「コロナうつ」を防ぐにはーセルフチェック方法と3つの対策

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の動向に不安が尽きない毎日ですが、感染症の流行が生み出す「恐怖」や「偏見」も人から人に広まってしまうことをご存知でしょうか?この記事では、「コロナうつ」と呼ばれるメンタルヘルス不調から身を守る方法を紹介していきます。


「プラズマってなんだろう?」その疑問に答えます!

「プラズマってなんだろう?」その疑問に答えます!

あなたは「プラズマ」という言葉を知っていますか?この言葉を聞いて、「あのピカッとするやつでしょう?」と思う方もいるでしょう。プラズマはとても身近な現象ですが、実際に説明するとなると簡単にはいきません。知っているようで知らないプラズマ。今回はプラズマについて学んでいきましょう。


「自分は一体何者なんだろう?」方向性を見出すアイデンティティの形成について

「自分は一体何者なんだろう?」方向性を見出すアイデンティティの形成について

「自分らしさって何だろう」「自分は一体何者なんだろう」…誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。今回は、思春期の心の悩みの1つであるアイデンティティについて、そしてアイデンティティを理解して進路を選択する方法をご紹介します。


電気業界に興味がある学生は51.4%!エッセンシャルワーカーの認知/関心度調査

電気業界に興味がある学生は51.4%!エッセンシャルワーカーの認知/関心度調査

今回、Watt Magazineでは「エッセンシャルワーカー」という言葉を認知している学生を対象に、エッセンシャルワーカーの認知/関心度調査を実施しました。 縁の下の力持ちである電気業界、学生さんたちはどんなイメージを抱いているのでしょうか…?


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ


























































最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 ストレッチ 関東電気保安協会 電験二種