「コロナうつ」を防ぐにはーセルフチェック方法と3つの対策

「コロナうつ」を防ぐにはーセルフチェック方法と3つの対策

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の動向に不安が尽きない毎日ですが、感染症の流行が生み出す「恐怖」や「偏見」も人から人に広まってしまうことをご存知でしょうか?この記事では、「コロナうつ」と呼ばれるメンタルヘルス不調から身を守る方法を紹介していきます。


コロナうつとは?

長期化する新型コロナウイルス感染症の流行でメンタルヘルス不調に追い込まれてしまう、所謂「コロナうつ」が社会問題化しています。「コロナうつ」という言葉は正式な病名ではありませんが、メディアやインターネット上ではコロナ禍で急増する人々の抑うつ状態を総称して使われています。

抑うつ状態における症状

抑うつ状態では、

・行動力や集中力の低下
・人と会いたくなくなる
・物事を悲観的に考えてしまう
・不安や悩みが消えない
などの精神的症状のほか、

・不眠、過眠
・食欲不振や拒食、過食
・肩こり、腰痛などの身体の痛み
・倦怠感、動悸、息苦しさ
などの身体的症状もあらわれます。

このような抑うつ状態が悪化してしまうと、やがてうつ病や睡眠障害などセルフケアでは改善が難しい病気に陥ることも。抑うつ症状が2週間以上、ほぼ1日中続いている、日常生活に支障が出ている方は、精神科や心療内科への受診をすすめられる場合もあります。

メンタルヘルス不調に陥る背景と原因

なぜ「コロナうつ」を訴える人が増えているのでしょうか?日本うつ病学会では、新型コロナウイルス感染症の流行に伴う心理的・社会的変化を7つ指摘しています。※1

1. 感染への恐怖
2. 社会的役割の喪失
3. 自分自身への無力感
4. 孤立や偏見
5. 他者に感染させる不安
6. 経済的な困窮
7. 制限や自粛への怒り

このような変化をもたらした新型コロナウイルス感染症が、私たちに強い不安感を抱かせるのには理由があります。まず、新型コロナウイルス感染症は目に見えないウイルスであること。次に、新しい病気であるため明確な予防法・治療法が確立していないこと。最後に、人間には上記2つのような“わからないもの”を恐れる傾向があるためです。

コロナ禍では不安感や偏見も「感染」していく
不安・恐怖といった感情は人から人に伝染していき、人々の間で恐怖心が増していくと、医療従事者や流行地域から来る人・物に過剰な嫌悪感・偏見を抱いてしまうなどの現象も起こります。

そのため、コロナ禍における心理的・社会的変化は第2・第3の感染症と位置付けられ、対策が急がれているのです。

「食う」「寝る」「遊ぶ」に現れるメンタル不調のサイン

「コロナの流行を不安に感じることは多いけど、うつ病は大げさかな。」

などと思っていませんか?うつ病や睡眠障害など自力で回復することが困難な病気は、突然なるのではなく日々の不調が積み重なって引き起こされます。つまり、今抱えている不安や疲労をチェックし、セルフケアしていくことが「コロナうつ」を予防・解消するために欠かせません。

自分がどれだけストレスを蓄積しているのか。自分の「こころ」がどれだけ疲れているのか。『マネジメントはがんばらないほどうまくいく』の著者で産業医の三宅琢氏は、今のあなたのメンタル状態は「食う」「寝る」「遊ぶ」の3つのポイントからチェックすることができると紹介しています。

セルフケアチェックポイント

「コロナうつ」を予防する3つの習慣

ここからは、メンタルヘルスの健康を保つために日常に取り入れたい習慣を紹介していきます。

①規則正しい生活を心掛ける

関連するキーワード


コロナ コロナうつ

最新の投稿


暑い夏はなぜイライラしやすいの?気温が心理に与える影響を知ろう

暑い夏はなぜイライラしやすいの?気温が心理に与える影響を知ろう

梅雨を乗り越えると気温がぐっと高まり、多くの人が待ち望む夏休みがやってきます。「今までできなかったことに挑戦したい」「少し遠出をしたい」など、気持ちが前向きになるイメージが強い夏ですが、一方でやる気が出なかったり、イライラしたりすることも増えるようです。今回は、夏の気温が心理に与える影響について解説します。


電験三種の勉強の始め方 独学や通信教育などについて検討してみました

電験三種の勉強の始め方 独学や通信教育などについて検討してみました

「電験三種の受験に向けて勉強を始めたいけど何から勉強すればいいのかな」「そもそも、電験三種の勉強って、一人でできるものなのかな」そんな方のために、この記事では、具体的にどのような勉強スタイルがあるのかをまとめました。自分に合う勉強方法を模索してみませんか。


チェックリスト付き!正しい深呼吸で体の中心からリラックスする方法

チェックリスト付き!正しい深呼吸で体の中心からリラックスする方法

呼吸とは、酸素を取り入れ、二酸化炭素を出すだけではありません。 ・人間は呼吸によって動いている生き物である。 ・息を吸えば、体幹に膨らむ力が生まれる。 ・息を吐けば、体幹にしぼむ力が働く。 じつはこの膨らむ、しぼむという呼吸の力による体の圧力の変化が、体調や体質の大きなカギを握っているのです。それを理解するためには、深呼吸を修得して自分の呼吸状態を知り、呼吸のメカニズムを掴むことが必要です。


発酵食品は“毎日”食べよう!効果的に善玉菌を増やす食べ方とは?

発酵食品は“毎日”食べよう!効果的に善玉菌を増やす食べ方とは?

乳酸菌やビフィズス菌は毎日摂らないと意味がない、って知っていましたか?この記事では、発酵食品から腸内環境を整える方法を紹介していきます。


試験前のメンタル術!自己成就的予言で力を発揮する方法

試験前のメンタル術!自己成就的予言で力を発揮する方法

期末テストや受験、就職・資格試験など、日常生活に試験は多くありますが、多くの人が試験前後に不安や緊張を感じやすいものです。試験前の気持ちは本番に影響しやすく、中には本来の実力を発揮できないという人も。 そこで今回は、現役心理カウンセラーが試験前に注意すべきこと、そしてメンタルマネジメントを行う方法について解説します。


最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 関東電気保安協会 電験二種 ストレッチ