「コロナうつ」を防ぐにはーセルフチェック方法と3つの対策

「コロナうつ」を防ぐにはーセルフチェック方法と3つの対策

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の動向に不安が尽きない毎日ですが、感染症の流行が生み出す「恐怖」や「偏見」も人から人に広まってしまうことをご存知でしょうか?この記事では、「コロナうつ」と呼ばれるメンタルヘルス不調から身を守る方法を紹介していきます。


コロナうつとは?

長期化する新型コロナウイルス感染症の流行でメンタルヘルス不調に追い込まれてしまう、所謂「コロナうつ」が社会問題化しています。「コロナうつ」という言葉は正式な病名ではありませんが、メディアやインターネット上ではコロナ禍で急増する人々の抑うつ状態を総称して使われています。

抑うつ状態における症状

抑うつ状態では、

・行動力や集中力の低下
・人と会いたくなくなる
・物事を悲観的に考えてしまう
・不安や悩みが消えない
などの精神的症状のほか、

・不眠、過眠
・食欲不振や拒食、過食
・肩こり、腰痛などの身体の痛み
・倦怠感、動悸、息苦しさ
などの身体的症状もあらわれます。

このような抑うつ状態が悪化してしまうと、やがてうつ病や睡眠障害などセルフケアでは改善が難しい病気に陥ることも。抑うつ症状が2週間以上、ほぼ1日中続いている、日常生活に支障が出ている方は、精神科や心療内科への受診をすすめられる場合もあります。

メンタルヘルス不調に陥る背景と原因

なぜ「コロナうつ」を訴える人が増えているのでしょうか?日本うつ病学会では、新型コロナウイルス感染症の流行に伴う心理的・社会的変化を7つ指摘しています。※1

1. 感染への恐怖
2. 社会的役割の喪失
3. 自分自身への無力感
4. 孤立や偏見
5. 他者に感染させる不安
6. 経済的な困窮
7. 制限や自粛への怒り

このような変化をもたらした新型コロナウイルス感染症が、私たちに強い不安感を抱かせるのには理由があります。まず、新型コロナウイルス感染症は目に見えないウイルスであること。次に、新しい病気であるため明確な予防法・治療法が確立していないこと。最後に、人間には上記2つのような“わからないもの”を恐れる傾向があるためです。

コロナ禍では不安感や偏見も「感染」していく
不安・恐怖といった感情は人から人に伝染していき、人々の間で恐怖心が増していくと、医療従事者や流行地域から来る人・物に過剰な嫌悪感・偏見を抱いてしまうなどの現象も起こります。

そのため、コロナ禍における心理的・社会的変化は第2・第3の感染症と位置付けられ、対策が急がれているのです。

「食う」「寝る」「遊ぶ」に現れるメンタル不調のサイン

「コロナの流行を不安に感じることは多いけど、うつ病は大げさかな。」

などと思っていませんか?うつ病や睡眠障害など自力で回復することが困難な病気は、突然なるのではなく日々の不調が積み重なって引き起こされます。つまり、今抱えている不安や疲労をチェックし、セルフケアしていくことが「コロナうつ」を予防・解消するために欠かせません。

自分がどれだけストレスを蓄積しているのか。自分の「こころ」がどれだけ疲れているのか。『マネジメントはがんばらないほどうまくいく』の著者で産業医の三宅琢氏は、今のあなたのメンタル状態は「食う」「寝る」「遊ぶ」の3つのポイントからチェックすることができると紹介しています。

セルフケアチェックポイント

「コロナうつ」を予防する3つの習慣

ここからは、メンタルヘルスの健康を保つために日常に取り入れたい習慣を紹介していきます。

①規則正しい生活を心掛ける

心身の健康を保つには、規則正しい睡眠と食事を心掛けて自律神経のバランスを崩さないことが重要になります。

時短営業やリモートワークなどで勤務形態が安定しない方も、毎日の就寝時間と起床時間を決めて生活のリズムをつくりましょう。理想の睡眠時間は、最新科学では「7時間」という結論が多く出ています。カルフォルニア大学のダニエル・F・クリプキ名誉教授が110万人の睡眠時間について6年間追跡調査したところ、「睡眠時間が6.5~7.4時間の人々が死亡率が最も低い」という結果に。
他にもアメリカの能力トレーニングサイトで行われた認知力テストでは、「認知力が高くなるピークの睡眠時間は7時間」と報告されました。※2

もちろん必要な睡眠時間には個人差があるので、「7時間」を目安に調整してみてください。食事は一定の時間をおいて食べることで自律神経のリズムを整えることができます。一般的に食べてから消化・脂肪の燃焼までには3〜5時間かかるとされているので、6時間間隔で食事をし、なおかつ就寝前の食事は睡眠の質を下げるので寝る3時間前までには夕食を済ましておきましょう。

②リフレッシュできる活動をする

趣味や運動を通して心身をリフレッシュすることも大切です。外出自粛で体をあまり動かしていない方は、ウォーキングやストレッチなど継続的に取り組めそうな運動から始めてみましょう。体力や免疫力を高めるだけでなく、ストレス解消にも効果的です。

リフレッシュを求めるには、体を動かすアクティブな活動だけでなく、ゆっくりと心身をリラックスできる活動についても考えてみましょう。しかし、飲酒、喫煙、食べ過ぎ、ギャンブルなどは、度が過ぎるとかえってイライラやストレスをためてしまう結果になるので注意が必要です。

お菓子づくり、絵を描く、入浴剤を入れるなど「おうち時間」を充実させてくれる趣味で、こころとからだを癒してみてください。

③情報と距離を置いた時間をつくる

私たちは、メディアやSNSを通して頻繁に、そして大量に新型コロナウイルス感染症の情報に触れて生活しています。感染予防や不安払拭のために正しい情報を得ることは不可欠ですが、かえって自分の中の不安を増幅させる恐れがあります。食事中や寝る前などはニュースを見ないように決めておくなど、情報から離れて頭を休める時間を意識的に設けてください。

ウィズコロナ時代を心身ともに健康で過ごせるように、日々の生活を充実させていきましょう。

■出典・参考文献:

※1『COVID-19に関する資料』日本うつ病学会:https://www.secretariat.ne.jp/jsmd/gakkai/teigen/covid19.html

※2『健康な数値』猪俣武範 クロスメディア・パブリッシング

・『マネジメントはがんばらないほどうまくいく』三宅琢 クロスメディア・パブリッシング

・『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に 対応する職員のためのサポートガイド』日本赤十字社:http://www.jrc.or.jp/activity/saigai/news/pdf/%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87%EF%BC%88COVID-19%EF%BC%89%E3%81%AB%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%81%99%E3%82%8B%E8%81%B7%E5%93%A1%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89.pdf


元記事「『コロナうつ』を防ぐにはーセルフチェック方法と3つの対策
」は2021年2月5日にBUSINESS LIFEに掲載されたものです。


「コロナうつ」を防ぐにはーセルフチェック方法と3つの対策 | ビジネスライフ(BUSINESS LIFE)

https://business-life.jp/active-health-for-office/18422

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の動向に不安が尽きない毎日ですが、感染症の流行が生み出す「恐怖」や「偏見」も人から人に広まってしまうことをご存知でしょうか?この記事では、「コロナうつ」と呼ばれるメンタルヘルス不調から身を守る方法を紹介していきます。 「コロナうつ」とは? 長期化する新型コロナウイルス感染症の流行でメンタルヘルス不調に追い込まれてしまう、所謂「コロナうつ」が社会問題化して

この記事のWriter

関連するキーワード


コロナ コロナうつ

最新の投稿


【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(機器・測定器編)

【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(機器・測定器編)

第二種電気工事士の筆記試験で重要視する分野に「識別」がありますが、種類が多く初めて電気に関わる人は最初の壁になるのではないでしょうか。この記事では、識別の中でも間違えて覚えやすい機器や測定器類に今回はスポットをあてて解説していきます。


 十人十色でこだわりたい【腰道具は職人のロマンNO.2】by.札電協青年部

十人十色でこだわりたい【腰道具は職人のロマンNO.2】by.札電協青年部

電気工事士の欠かせない道具たち。100人いれば、100通りある「マイベスト」。今回は第二弾です!


2024年4月に開講!次世代の電気関係者を育成する「北陸電気保安協会ミライウムアカデミー」とは?

2024年4月に開講!次世代の電気関係者を育成する「北陸電気保安協会ミライウムアカデミー」とは?

電気保安の未来を守るために今春、新たに開設されたミライウムアカデミー。今回はミライウムアカデミーの詳細についてお伝えします。


電気業界は、誰もが活躍できる時代へ。電気保安協会で働くベトナム人技術者へインタビュー!

電気業界は、誰もが活躍できる時代へ。電気保安協会で働くベトナム人技術者へインタビュー!

電気保安協会では、2024年3月よりベトナム人技術者4名が来日し、4月から定期採用者(正社員)として研修を受けています。研修はすべて日本語のため、やや苦労もあるようですが、助けを借りながらもマナーや電気保安業務について学んでいるようです。そんな4名にインタビューを実施しました。


電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編②

電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編②

毎日、何気なく利用している電気用品ですが、誰もが安全に使えるように検査に合格したものだけが販売されています。普段はあまり意識して見ることはないかもしれませんが、勉強を兼ねて家にある家電のマークを調べてみましょう。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング