実例も紹介!スマートウォッチで健康管理をはじめよう

実例も紹介!スマートウォッチで健康管理をはじめよう

新型コロナウイルスの影響により、体調管理の重要性が一気に加速。今まで医療機関に依存していた健康管理を、より個人で行う時代へと変化しました。この記事では、スマートウォッチとは何か、また、おすすめのスマートウォッチについてご紹介します。


スマートウォッチでできること

①消費カロリーがわかる
消費カロリーが計測できるため、肥満防止に役立ちます。摂取カロリーを上回るように運動することで、体脂肪の蓄積を防ぐ効果が見込めるでしょう。逆に、消費カロリーがわからないと、運動量が足りない場合や運動量が増えすぎて体に負担がかかる場合があります。

②睡眠の質がわかる
スマートウォッチを装着して就寝することで、睡眠レベルを計測できます。睡眠のステージを把握することは、健康管理でかなり重要です。睡眠には2種類があり、身体を休めるレム睡眠と脳を休めるノンレム睡眠です。健康であれば、1晩で5回ほどレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返します。

③心拍数がわかる
1分間あたりの心拍数を計測します。個人差はありますが、成人であれば1分間に60~100回といわれています。運動していない時に、心拍数が60未満や100を超える場合は身体に何らかの異常があるかもしれません。

Apple Watchの実例

Apple Watchには、不規則な心拍数の通知機能があります。海外で報告された事例では、心拍数が10分以上140超えたため異常検知し通知されました。自宅で安静にしていても常時160を計測、病院で受診したところ心拍障害と診断されたそうです。もし、スマートウォッチによる健康管理を行っていなかった場合、心臓発作をおこしていたかもしれません。

スマートウォッチを買うときは

おすすめスマートウォッチは、利用するスマホによって変わります。iPhoneをご利用の方はやはりApple Watchがおすすめです。Androidスマホをご利用の方はFitbitがおすすめです。
iPhoneとApple Watchは同じApple製品で、デバイスの連携やヘルスケアアプリの管理が容易なため最も王道の組み合わせです。AndroidスマホではApple Watchを使用できません。そのため、ワークアウトとヘルスケアに特化し計測精度に定評のあるFitbitが選択肢に入ります。

最新のスマートウォッチは、強い衝撃があった場合に自動で緊急通報サービスに連絡する衝突事故検出や、皮膚温センサーで今までよりも高度な測定が可能になりました。あなたも最新のスマートウォッチで健康管理してみませんか?

成人心拍数「1分間約60~100回」厚生労働省e-ヘルスネット参照
眠りのメカニズム「睡眠サイクル」 厚生労働省e-ヘルスネット参照

プロフィール

ガジェットブロガー×webライター しず(ryo shizu)

GoogleやApple製品などガジェット関連の情報を「ガジェット3.0」にて発信中

この記事のWriter

WattMagazine編集部 編集長

関連するキーワード


スマートウォッチ

最新の投稿


百聞は一VR体験に如かず…!? 最新設備による電気保安の危険体験が安全意識を大きく変える

百聞は一VR体験に如かず…!? 最新設備による電気保安の危険体験が安全意識を大きく変える

中国電気保安協会では、近年発生している墜落や感電といった重大災害や毎年多数、発生している交通事故の撲滅を目的として、研修の一環に安全体感のVRを導入しています。 リアルな仮想現実の世界で危険な体験をすることで、あらゆる危険に対して感受性を高め、安全マインドを醸成することが目的です。


【電気屋うさ坊】8話「倉庫の怪①」

【電気屋うさ坊】8話「倉庫の怪①」

新人電工のうさ坊たちがシドニー都市電設で繰り広げるドタバタ劇! 電気工事のお仕事に役立つ情報もある…かも…?


今年こそ、電験三種を獲得だ!すき間時間で勉強するコツ

今年こそ、電験三種を獲得だ!すき間時間で勉強するコツ

「忙しい1日の中でちょっとしたスキマ時間したい」「短時間でも効果的に勉強したい」この記事では、電験3種の取得を目指すあなたへ、隙間時間を上手く利用して、効率的に学習する方法を紹介します。


【電気屋うさ坊】7話「め〜子さんの謎2」

【電気屋うさ坊】7話「め〜子さんの謎2」

新人電工のうさ坊たちがシドニー都市電設で繰り広げるドタバタ劇! 電気工事のお仕事に役立つ情報もある…かも…?


【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(材料・器具編)

【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(材料・器具編)

第二種電気工事士の筆記試験で重要な識別。見た目や名称が似ていてもまったく用途が異なるものも多くあります。この記事では、間違えやすい識別の材料や器具にスポットを当てて解説します。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング