真夏の天敵、汗とニオイ!夏を快適に過ごすための対策

真夏の天敵、汗とニオイ!夏を快適に過ごすための対策

酷暑続きで過ごしにくい夏が続いています。そんな夏の悩みの一つが「汗」です。 汗には、体を冷やし体温を下げるという大事な役割がありますが、顔から滝のように流れる汗に、見た目もニオイも気になる人は少なくないでしょう。今回は、夏に避けては通れない汗対策について紹介します。


汗の原因とニオイの根元

汗は体温調節のためにかく汗だけではなく、唐辛子など発汗作用のある食べ物を食べるなどの食事の影響、緊張した時に手汗や脇汗が出るなど精神的な影響も受けます。これらは全て脳からの指令によって起こるため、残念ながら自分の意思でコントロールすることはできません。

また、汗をかいた後そのままにしておくとニオイの原因にもなります。汗はもともと無臭ですが、皮膚や洋服の雑菌と反応することでニオイが発生するため、普段、汗をかかない人も注意が必要です。汗の通り道である汗腺には濾過機能があり、汗の99%は水分です。しかし汗腺が普段から使われていないと、濾過機能がうまく働かず余計な成分まで汗の中に含まれニオイの原因となりやすいのです。

今すぐできる!汗対策

夏になると、店頭へ一斉に並ぶさまざまな暑さ対策や制汗グッズ。これらのグッズを使用した汗対策をご紹介します。

体を冷やして体温を下げる

一番簡単な方法は、体を冷やすことで汗を抑えること。最近では、ハンディファンや冷感タオル、首元を冷やすためのアイスリングなど、手軽に使えるグッズが人気です。これらの製品を使う際は、大きな血管が通っている首や脇、足の付け根などを冷やすように意識しましょう。効果的に体を冷やす事ができます。

汗対策用アンダーウェアの使用

直接肌に触れるアンダーウェアにも、接触冷感で汗をかきにくくするものや、汗をかいてもすぐに吸収・拡散・乾燥させる素材を使用するなど、暑さ対策に特化した製品があります。アンダーウェアに脇汗パットや背中パットが付けられているものもあるため、部位ごとに汗をかきやすい人や、見た目に気を使いたい人は利用してみましょう。

制汗剤を有効活用する

制汗剤は、汗の出口である汗腺にフタをしたり、引き締めたりして汗が出るのを一時的に抑えてくれる効果があります。スプレー、直塗り、シートタイプなど種類はさまざまです。
使いたい部位や、使うタイミングに合わせて選びましょう。

ニオイ対策は

汗をかくと、気になるのがニオイ。汗対策に+αして、ニオイ対策を強化しましょう。

汗をかいたらこまめに拭く

汗は基本的に無臭ですが、放置することでニオイが発生します。つまり、汗をかいた後に放置せず拭き取ることがポイントです。

汗が服に染み込んでしまった場合、着替えるのがベストですが、それができない状況も多いでしょう。洗濯洗剤や柔軟剤の中には、ニオイを防ぐ抗菌防臭作用のあるものが数多くありますので、ぜひ活用してみて下さい。

食べ物にも気をつける

汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」があります。
エクリン腺は体温調節のためにかく汗で、99%が水のサラッとしていますが、アポクリン腺は、脇など決まった場所にあり、水分以外にもタンパク質や脂質、ミネラルなどの成分を含んでいます。

そのため、普段の食事に動物性タンパク質や脂質が多い食事をしていると、汗に豊富に栄養成分が含まれることで雑菌が繁殖しやすくなります。これが、独特のニオイの汗となるのです。和食などバランスの良い食事をとることが、ニオイ対策にもつながります。

ストレスを溜めすぎない

ストレス臭と言う言葉を聞いたことがありますか?
近年、ストレスが原因で独特のニオイを発する汗をかくことも分かっています。今の時代、ストレスのない生活を送ることは困難ですが、適度な運動、バランスの良い食事、良質な睡眠という理想の生活を意識して少しでも近づけることで、自律神経が整い心と体は整います。

汗のニオイが気になる人は、ストレス臭も可能性のひとつとして心と体に優しい生活を意識してみましょう。

まとめ

汗は暑さ対策や汗対策グッズを活用しながら汗を抑え、かいた後は早めに拭き取ることが重要です。9月に入ってもまだまだ暑さは続きます。暑い中、少しでも快適な夏となるようぜひ試してみてください。

プロフィール

みなみ なみ

現役看護師WEBライター。
看護師として働きながら、ライター活動を行う一児の母。皮膚科勤務経験が長く、医療関連記事だけでなく美容記事も得意。
趣味は、グルメ・旅行・英会話。こどもに邪魔をされながら、日々執筆中!

この記事のWriter

現役看護師WEBライター。
看護師として働きながら、ライター活動を行う一児の母。皮膚科勤務経験が長く、医療関連記事だけでなく美容記事も得意。
趣味は、グルメ・旅行・英会話。こどもに邪魔をされながら、日々執筆中!

関連するキーワード


におい 対策

関連する投稿


外出時に必須!危険な暑さから身を守る”カンタン・すぐでき”熱中症対策

外出時に必須!危険な暑さから身を守る”カンタン・すぐでき”熱中症対策

今年は早くから猛暑日が続き、ニュースでは熱中症に気をつける呼びかけが毎日のように行われています。熱中症の症状には頭痛や吐き気、立ちくらみなどがありますが、この記事では、熱中症にならないための対策についてご紹介します。9月に入っても暑い日が続くことが予想されます。しっかり対策を!


最新の投稿


電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編①

電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編①

電気工事士の学科試験では実際にどんな問題が出て、なにを覚えればいいのでしょうか? 学科編①はコンセントを表す図記号について解説します。


【電気屋うさ坊】1〜4話「うさ坊登場!/ほか」

【電気屋うさ坊】1〜4話「うさ坊登場!/ほか」

新人電工のうさ坊たちがシドニー都市電設で繰り広げるドタバタ劇! 電気工事のお仕事に役立つ情報もある…かも…? 初回は1〜4話をまとめてお届け!


パリで国際会議デビュー…!? 電気保安協会の若手社員が見た世界の電気保安事情とは(後編)

パリで国際会議デビュー…!? 電気保安協会の若手社員が見た世界の電気保安事情とは(後編)

電気保安協会全国連絡会では、海外の電気保安の組織と定期的に情報交換を行っています。2023年10月、本部をパリに置く、電気設備の検査関係業務を手がける公益法人、フランス電力需要家保安協会(以下、CONSUEL)との情報交換会へ、電気保安協会の社員3名が参加しました。WattMagazineでは、普段は耳にすることができない気になる海外の電気事情について伺おうと、3名に会議を通して学んできたことをインタビュー。 後編では、日本と海外の違いなどについて語っていただきました。


最短で獲得!第二種電気工事士試験の技能試験対策「最低限おさえたいポイント」

最短で獲得!第二種電気工事士試験の技能試験対策「最低限おさえたいポイント」

筆記試験と異なり、技能試験は1つのミスで欠陥工事扱いとなり、不合格となります。しかし、事前に問題もわかるため試験対策さえすれば合格は可能ですので、万全の状態で試験に臨みましょう。今回は「最短」で合格するために最低限やっておきたいことをまとめました。ぜひ、ご参考ください!


パリで国際会議デビュー…!? 電気保安協会の若手社員が見た世界の電気保安事情とは(前編)

パリで国際会議デビュー…!? 電気保安協会の若手社員が見た世界の電気保安事情とは(前編)

電気保安協会全国連絡会では、海外の電気保安の組織と定期的に情報交換を行っています。2023年10月、本部をパリに置く、電気設備の検査関係業務を手がける公益法人、フランス電力需要家保安協会(以下、CONSUEL)との情報交換会へ、電気保安協会の社員3名が参加しました。WattMagazineでは、普段は耳にすることができない気になる海外の電気事情について伺おうと、3名に会議を通して学んできたことをインタビュー。それぞれ、どんな景色を見て、学んで、感じてきたのでしょうか…?


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング