キャリアカウンセラーが解説!「働く」を意識した進路の考え方

キャリアカウンセラーが解説!「働く」を意識した進路の考え方

高校を卒業後の進路として、就職するのか、進学するのか、多くの人は2つの選択肢から選ぶのではないでしょうか。 本記事では、自分がやりたい仕事をどれくらいイメージできているかという度合によって、働くこともイメージした、「学ぶ場所」を整理してご紹介したいと思います。やりたい仕事がイメージできていない場合はイメージがつくように、やりたい仕事のイメージがある人はより具体的にして、「学ぶ場所」の選択につなげてもらえればと思います。


やりたい仕事がある程度イメージできている人は

将来自分がやりたい仕事についてすでにイメージができている人は、おもに専門的な職業を選んでいる人が多いのではないでしょうか。

医師・看護師、弁護士などは、高校卒業後の進路は大学の医学部や看護学部、法学部などで勉強し、国家資格を受験することがまずは必要になる職業です。これらの職種は知名度が高く、インターネットや書籍などからも多くの情報を集めやすいもの。しかし、社会や経済の変化から、これらの専門的な仕事以外にも裾野が広がってきているといえます。

大学という選択肢

文部科学省では、以前より実際の仕事の場面ですぐに役に立つことを高等教育(大学)で学ぶべきとの理由から専門職大学というものをつくりました。
文部科学省のホームページを確認すると、実際に開設している専門職大学が確認できます。たとえば、静岡県立農林環境専門職大学は、これからの農業を担う経営人材の育成を視野に入れて学ぶ場所を提供しています。カリキュラムは農業技術だけではなく、経営の観点も含まれているのです。また、情報経営イノベーション専門職大学は、現在需要の高いICTの専門人材を育成する専門職大学として設立されました。

これらは新たに設立されている大学ですが、既存の大学なども専門化に力を入れています。滋賀県の国立滋賀大学経済学部は、データサイテンティスト(ビッグデータを処理・分析し、そこから新たな価値を生みだすことのできる人材)の育成のために、2017年にデータサイエンス学部を設立しました。より実践的かつ高度な専門スキルを学べる学校を選ぶのも、就職を有利にする一つの手段になるでしょう。

専門学校という選択肢

専門学校は、従来の大学よりも学べることが明確なことが特徴で、特定の職業に就くために必要な技術・知識を凝縮して学んでいきます。就きたい職業が明確になっている場合は、専門的なスキルを学び、卒業後に活躍するため、選択肢のひとつとなるでしょう。

やりたい仕事が、まだあまりイメージできていない人は・・

高校生で、将来やりたい仕事が明確な人は少ないかもしれません。悩みながら、自分について理解し、好きを理解し、少しずつ答えを探していきましょう。まずは自分が興味のある学習分野、何が得意で何が不得意かを把握しておくことが大事です。そしてそこに対し、自分がなぜ、それに興味があるのか、という理由を探してみてください。

自分史を書こう

歴史上の偉人になったつもりで、自分の歴史を書いてみましょう。ちょっと難しいな、と思う人は、下記の質問に答える形で書いてみましょう。

● 勉強や習い事で好きだったのは?
● 先生から何で褒められた? / 怒られた?
● 一番努力したことは?
● 自慢できることは?
● 一番うれしかったことは?
● 何に熱中した?

自己紹介をしてみよう

私は「〇〇〇」です、という自己紹介を思いつくまま、たくさんつくってみましょう。紙に書いてみて、よく眺めてみましょう。自分の特徴がでていませんか?自分が何に興味があるのか、それはなぜかを少しずつ言葉に表し、今後、何を学ぶべきかを考える材料にしてくださいね。

最新の投稿


電線の形状が変わると電気の性質も変わる

電線の形状が変わると電気の性質も変わる

電気はどのように発電所から送られてくるか、ご存知でしょうか。 電気は銅やアルミのような金属を線にした「電線」に流すことで、私たちの家庭に送られます。また、その電線の太さを変えることで電気の性質は変わってくるのです。普段の生活においてはあまり気にならないかもしれませんが、少し知識を深めてみませんか。


「コロナうつ」を防ぐにはーセルフチェック方法と3つの対策

「コロナうつ」を防ぐにはーセルフチェック方法と3つの対策

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の動向に不安が尽きない毎日ですが、感染症の流行が生み出す「恐怖」や「偏見」も人から人に広まってしまうことをご存知でしょうか?この記事では、「コロナうつ」と呼ばれるメンタルヘルス不調から身を守る方法を紹介していきます。


「プラズマってなんだろう?」その疑問に答えます!

「プラズマってなんだろう?」その疑問に答えます!

あなたは「プラズマ」という言葉を知っていますか?この言葉を聞いて、「あのピカッとするやつでしょう?」と思う方もいるでしょう。プラズマはとても身近な現象ですが、実際に説明するとなると簡単にはいきません。知っているようで知らないプラズマ。今回はプラズマについて学んでいきましょう。


「自分は一体何者なんだろう?」方向性を見出すアイデンティティの形成について

「自分は一体何者なんだろう?」方向性を見出すアイデンティティの形成について

「自分らしさって何だろう」「自分は一体何者なんだろう」…誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。今回は、思春期の心の悩みの1つであるアイデンティティについて、そしてアイデンティティを理解して進路を選択する方法をご紹介します。


電気業界に興味がある学生は51.4%!エッセンシャルワーカーの認知/関心度調査

電気業界に興味がある学生は51.4%!エッセンシャルワーカーの認知/関心度調査

今回、Watt Magazineでは「エッセンシャルワーカー」という言葉を認知している学生を対象に、エッセンシャルワーカーの認知/関心度調査を実施しました。 縁の下の力持ちである電気業界、学生さんたちはどんなイメージを抱いているのでしょうか…?


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ


























































最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 ストレッチ 関東電気保安協会 電験二種