【習慣化】脱・三日坊主“自分に合った”継続方法の見つけ方を徹底解説

【習慣化】脱・三日坊主“自分に合った”継続方法の見つけ方を徹底解説

「継続力がない」「飽きっぽい」などの悩みから自分を責めていませんか? 習慣化できない人とできる人の違いは、性格や努力の差がすべてではありません。 「自分に合ったやり方」を見つけることができれば、目標に向けて前向きに取り組むことだってできます。そこで今回は書籍『自分を変える習慣力』のメソッドを中心に、三日坊主から脱却し、習慣力を身につける方法をご紹介していきます。


三日坊主ってどんな意味?

三日坊主は「物事に飽きやすく、長続きしないこと。また、その人」(『大辞林』小学館より)という意味の言葉です。「坊主」とあるように、三日坊主の由来には仏教のお坊さんが関係しています。

僧の修行というのは俗世で生活するよりも大変厳しく、出家をしても並大抵の覚悟では長続きしませんでした。こうして三日も立たないうちにあきらめてしまう人が多かったことから「三日坊主」という言葉が生まれたのです。

「お坊さんの修行に比べれば大変な目標じゃないのに“三日坊主”になってしまうのですが…」と、継続力を手に入れたい人のほとんどは思うでしょう。継続が苦手な人には、実は共通する特徴があります。

ダイエット、勉強、読書…継続できない人の共通点

―ジョギングを始めたAさんの例―

結婚式をひかえてダイエットを初めて友人が、SNSで「朝活」としてジョギングの様子を投稿している。感化された私も、「毎朝ジョギングをして体重を4㎏減らす」「1週間でタイムを縮める」という目標を立てて実行してみた。
しかし、走ったあとは疲れてしまって仕事に集中できないし、お腹が空いてランチは大盛りに。もともと早起きが苦手なのもあり結局1週間も続かなかった…

この失敗例、どこに問題があったのでしょうか?

①動機や目標が漠然としている
朝活をしたいのか、早く走りたいのか、体重を減らしたいのか、そもそもなぜ体重を減らす必要があるのか…このように、ジョギングに取り組むと決めた目的が曖昧です。

Aさんが立てた毎日の目標も、いつまでに4㎏減らすのか、何キロ走るのか、何分タイムを縮めるのかなどが明確でなく、その日走りきったとしても達成感が得られにくくなっています。

②欲張りすぎ・頑張りすぎ
「毎朝ジョギングをして体重を4キロ減らす」「1週間でタイムを縮める」という2つの目標を掲げられていますが、短期的に成果を得ようと一度にたくさんのことにチャレンジしたり、目標を高く設定してしまうのは悪手です。

困難な課題を達成できた自分を想像して、最初は意気揚々と目標に向かって行動できるかもしれません。しかし、数多いハードル・高いハードルを飛び越え続けていてはすぐに疲弊してしまいます。

③毎日の習慣が苦になっている
頑張りすぎはモチベーションの低下や挫折の原因になります。
Aさんの場合、結果的にジョギングが「疲労」や「早起き」というネガティブ要因と結びついてしまいました。我慢やストイックさはある程度必要ですが、あまり自分に厳しすぎると逆効果に。


このように、長続きしない理由を理解した上で、自分のやる気を最大限引き出せる継続方法は何なのか、探っていきましょう。

自分に合った継続方法を見つける4つのステップ

何か新しいことに取り組もうとする時、しっかり目標を建てられていますか?

なんとなくやりたくない…さぼり癖がある…と三日坊主に終わってしまうのは、あなたの性格が原因ではなく、曖昧な目的と間違った目標設定がやる気を削いでいるからかもしれません。やる気を引き出すためには、

① 目的(自分は何がしたいのか)を明確にする
② 3週間続けられる習慣を1つだけ決める
③ 目標を達成度がわかるように具体的にする
④ ポジティブな感情と結びつける

という4つの段階を踏んで目標を立てていきましょう。

①目的(自分は何がしたいのか)を明確にする

先ほどのAさんの失敗例では、朝活をしたいのか、体重を減らしたのか、目的が曖昧でしたね。自分は何のために走っているのか、早起きしているのかがわからないと、毎日同じ行動をするのが億劫になります。

反対に、目的さえ明確になれば少し面倒で辛いと感じていたことでも習慣化できます。例えば、オープンキャンパスに行くことで受験生の勉強に対するモチベーションが上がるのは、受験生の「この大学で学びたい!」という目的意識が強くなるからです。

②3週間続けられる習慣を1つだけ決める

自分の中にある本当の目的が明確になったら、達成のために必要な習慣を決めます。三日坊主に終わらないためには、自分のクセを最大限生かして、ポジティブに取り組んでいくことが大切です。「自分に合った方法」を見つけていきましょう。

「自分に合った方法」を見つけるには、まず「自分を知る」ことが大切です。自分を観察しながら、最も快適に習慣化に取り組める環境をつくってあげること、それが習慣化の成功のために後押しになってくれます。

最新の投稿


暑い夏はなぜイライラしやすいの?気温が心理に与える影響を知ろう

暑い夏はなぜイライラしやすいの?気温が心理に与える影響を知ろう

梅雨を乗り越えると気温がぐっと高まり、多くの人が待ち望む夏休みがやってきます。「今までできなかったことに挑戦したい」「少し遠出をしたい」など、気持ちが前向きになるイメージが強い夏ですが、一方でやる気が出なかったり、イライラしたりすることも増えるようです。今回は、夏の気温が心理に与える影響について解説します。


電験三種の勉強の始め方 独学や通信教育などについて検討してみました

電験三種の勉強の始め方 独学や通信教育などについて検討してみました

「電験三種の受験に向けて勉強を始めたいけど何から勉強すればいいのかな」「そもそも、電験三種の勉強って、一人でできるものなのかな」そんな方のために、この記事では、具体的にどのような勉強スタイルがあるのかをまとめました。自分に合う勉強方法を模索してみませんか。


チェックリスト付き!正しい深呼吸で体の中心からリラックスする方法

チェックリスト付き!正しい深呼吸で体の中心からリラックスする方法

呼吸とは、酸素を取り入れ、二酸化炭素を出すだけではありません。 ・人間は呼吸によって動いている生き物である。 ・息を吸えば、体幹に膨らむ力が生まれる。 ・息を吐けば、体幹にしぼむ力が働く。 じつはこの膨らむ、しぼむという呼吸の力による体の圧力の変化が、体調や体質の大きなカギを握っているのです。それを理解するためには、深呼吸を修得して自分の呼吸状態を知り、呼吸のメカニズムを掴むことが必要です。


発酵食品は“毎日”食べよう!効果的に善玉菌を増やす食べ方とは?

発酵食品は“毎日”食べよう!効果的に善玉菌を増やす食べ方とは?

乳酸菌やビフィズス菌は毎日摂らないと意味がない、って知っていましたか?この記事では、発酵食品から腸内環境を整える方法を紹介していきます。


試験前のメンタル術!自己成就的予言で力を発揮する方法

試験前のメンタル術!自己成就的予言で力を発揮する方法

期末テストや受験、就職・資格試験など、日常生活に試験は多くありますが、多くの人が試験前後に不安や緊張を感じやすいものです。試験前の気持ちは本番に影響しやすく、中には本来の実力を発揮できないという人も。 そこで今回は、現役心理カウンセラーが試験前に注意すべきこと、そしてメンタルマネジメントを行う方法について解説します。


最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 関東電気保安協会 電験二種 ストレッチ