進路に悩んだら…実践したい3つのこと

進路に悩んだら…実践したい3つのこと

大学や専門学校への進学、または就職など、高校を卒業した後に進路は十人十色。「将来、どうしようかな」「まだ進路なんて考えられないな」…と悩んでいる人は、この記事を参考にしてみてください。


一言進学と言っても、大学・専門学校など選択肢は豊富にある

進学といっても大学だけではありません。専門学校にも調理やファッション、プラグラミングなどなど、非常の幅広い種類があります。一人でも参加できますし、お友達や家族と参加することもできるので、少しでも興味がある分野の学校のオープンキャンパスに、気軽に行ってみましょう。

そうすることで、実際にその学校へ通っている生徒と直接話して学校の様子を聞いてみたり、本当の授業を受けたりすることができます。体験を通して、あなたがワクワクしたり、もっと学びたいと思ったり、その時何を感じたかを大切にしてください。

やりたいことが見つからない。そんな人にすすめる3つのこと

まだ、自分の将来の姿ややりたいことが見つからない人も多くいるのではないでしょうか。しかし決して焦る必要はありません。自分が好きなこと、嫌いなこと、楽しいこと、嫌なこと、興味があること、追求したいことなどを紙に書き出すなど、少しずつ絞っていけば自分の将来像が少しずつ描けてきますよ。

1.まず自分を知ること(長所・短所を知る)
まずは興味軸を整理して、自分のことを良く知ることです。自分で長所・短所を考える他に、友達や先生などから注意されたり、褒められたりしたことも箇条書きにしてみましょう。
自分自身を知ることによって自分にあった進路先を選ぶことができますし、面接時に自己アピールする時にもスラスラと答えられるようになりますよ。

2.色々な体験に挑戦する
職業体験やボランティア、地域のイベントなど、さまざまな体験に積極的に参加してみましょう。さまざまな人と出会い、多くの経験を通して、自分がやってみたいこと、気づかなかった魅力や能力に気づくことができるでしょう。

3.本を読む
学校や近所にある図書館。図書館にはたくさんの可能性の扉が眠っています。作者の考え方や経験などを知ることで、考え方の幅が広がりますし、本をきっかけに自分がしたいことを見つける人もいます。今まで手に取ったことがない本を手当たりしだい読んでみませんか?新たな発見があるかもしれませんよ。

まとめ

進路に悩んでいる高校生の多くが、「自分が何をしたいのか」がわかっていないと言います。あなたの感覚や思いを強くするために、まずは多くの経験を積んで自分を知る機会を増やしてみましょう。進路を考える時は、人生の中で最も自分を見つめる時であるといっても過言ではありません。自分の強みや興味があることなど自己分析をしてみてくださいね。

関連するキーワード


進路 高校生

関連する投稿


「キャリアって何だろう」 キャリアカウンセラーが解説!豊かな人生のための「働く」についての考え方

「キャリアって何だろう」 キャリアカウンセラーが解説!豊かな人生のための「働く」についての考え方

仕事とは何でしょう。10代を過ぎると、仕事に向き合う日がどんどん近づいていきます。いつかは直接携わることになる仕事、その仕事に向き合う準備を少しずつはじめてみませんか。この記事では、身近な「もの」から仕事を想像する、身近な「ヒト」がどんな仕事をしているのか聞いてみるという、2つの方法で仕事への理解を深めていきます。


ホランド理論で見つけよう!あなたにぴったりのお仕事とは

ホランド理論で見つけよう!あなたにぴったりのお仕事とは

「自分に合っている仕事って何だろう・・?」 進学や就職、今後の進路を考えた時、誰もがぶつかる悩みの一つではないでしょうか。本記事では、適職を考えるときに活用されるホランド理論をもとに、自分にあったお仕事のヒントをお伝えします。


【高校生インタビュー・前編】ワタシが考える電気の未来。カギは「女性の社会進出」と「環境にやさしい電気」

【高校生インタビュー・前編】ワタシが考える電気の未来。カギは「女性の社会進出」と「環境にやさしい電気」

未来の電気保安を担う電気技術者の応援を目的とし、関東電気保安協会が主催する「電気技術者としての夢や抱負」をテーマにした第8回高校生作文コンクール。応募者数665人の中から最優秀賞に輝いたのが、山梨県立甲府工業高等学校電気科の3年生、丸山侑晏さんです。WattMagazine編集部は丸山さんに直撃し、前編と後編の2回に渡ってインタビュー。前編では電気に興味を持ったきっかけから、作文のことまで聞いてきました。作文では、「女性の社会進出」と「環境にやさしい電気」をテーマに問題提起をしていた丸山さん。高校3年生の丸山さんが考える、“電気の未来”とは?


高3で進路が決まらない悩みを解消するには

高3で進路が決まらない悩みを解消するには

高3になったけど、まだまだ進路が決まらない。そんなとき、どうすればいいの?


進路に迷ったときに自分に問いかけたい3つ質問

進路に迷ったときに自分に問いかけたい3つ質問

進路を選択するタイミングでは、どんな選択をすればいいか悩む人は少なくないはず。この記事では、「進路を選択する時に大切にしたいポイント」を解説します。


最新の投稿


電気保安って具体的にどんな仕事?を解説します!

電気保安って具体的にどんな仕事?を解説します!

電気保安とは、言葉のとおり電気を安全に利用するために定期的な点検や検査を行うことです。このお仕事が適切に行われないと、漏電や火災事故が発生する危険性が高まります。つまり、電気保安を行う電気主任技術者は、そうした危険から日々、私たちの生活を守っているということです。本記事では、電気主任技術者の資格を有する僕が、電気保安のお仕事について詳しくお伝えしていきます。


不景気なんて関係ない。安定の仕事ができる、それが電気管理技術者だ!

不景気なんて関係ない。安定の仕事ができる、それが電気管理技術者だ!

2020年に大流行した新型コロナウイルスは、全世界に経済の低迷をもたらしました。それによって、仕事を失った方や大幅な収入減になった方も少なくはありません。しかし、経済の変動を受けない職業がここに。それが電気設備を点検する、“電気管理技術者”です。参入するには資格と経験年数が求められる技術職ですが、北海道電気管理技術者協会に所属する石田浩倫さんは、「やる気さえあれば誰でもできる」と熱弁。石田さんのキャリアと共に、仕事の魅力を語っていただきましょう!


有資格者が簡単に解説する「電験三種」の試験の中身

有資格者が簡単に解説する「電験三種」の試験の中身

電気保安には欠かせない国家資格である「電験三種」。名前は聞いたことがあっても、試験の内容までは知らない方も多いかもしれません。今回は、有資格者の僕が、なるべくわかりやすく解説します。


「キャリアって何だろう」 キャリアカウンセラーが解説!豊かな人生のための「働く」についての考え方

「キャリアって何だろう」 キャリアカウンセラーが解説!豊かな人生のための「働く」についての考え方

仕事とは何でしょう。10代を過ぎると、仕事に向き合う日がどんどん近づいていきます。いつかは直接携わることになる仕事、その仕事に向き合う準備を少しずつはじめてみませんか。この記事では、身近な「もの」から仕事を想像する、身近な「ヒト」がどんな仕事をしているのか聞いてみるという、2つの方法で仕事への理解を深めていきます。


眠りの瞑想「パワーナップ」で午後の集中力を劇的に高める!

眠りの瞑想「パワーナップ」で午後の集中力を劇的に高める!

昼の仮眠で午後の集中力を高まるって本当?本記事では、パワーナップとその効果についてご紹介します。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ
































最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 ストレッチ