【#STAY HOME】おうち時間は自分時間!みんなの家活

【#STAY HOME】おうち時間は自分時間!みんなの家活

新型コロナウイルスによる感染症の影響で、急速に広まった[STAY HOME]。お家時間を楽しむために、みんな、どのような工夫をして過ごしているのでしょうか…?


外出自粛から1カ月以上経過。10代はどう過ごしているの?

417日、マイナビティーンズラボが13歳から19歳までの会員を対象に実施した【新型コロナウイルス】外出自粛期間中における10代の行動実態や意識に関する調査の結果を発表しました(インターネットにて実施、回答数は195件)。

その中で編集チームが着目したのが、「Q. 自宅で行っているストレス解消法はなんですか」と「Q. 自粛期間中、自宅でよくおこおなっていることを教えてください」という項目。外出自粛により自宅で過ごす時間が増えた今、どのように過ごし、どのようにストレスを発散しているのでしょうか。

 

Q. 自粛期間中、自宅でよく行っていることを教えてください(複数回答可)」では、次のような回答が上位に上がっていました。


・インスタ、TwitterなどSNSを見る 85.1%

YouTubeTikTokLIVE配信アプリを見る 82.6%

・友達とラインでやりとりする 67.7%

TVや配信動画(NetflixHuluなど)を見る 63.1%

・音楽やラジオ(ラジオアプリ)を聴く 62.1%

・勉強している 50.3%

・ゲーム(アプリも含む)をやる 50.3%

 

一番多い回答はSNSを見る、動画系アプリを見るなど、スマホを利用した過ごし方。また、今のうちに復習を徹底したり、遅れを取り戻したりするために勉強に時間を費やしている方も多くいました。

 

Q. 自宅で行っているストレス解消法はなんですか」について、フリーアンサーによる回答で多かったのは、以下の3つ。


・動画の視聴 25

・筋トレやストレッチ 10

・ダンス 12

 

ここでも根強い人気は動画の視聴。気分転換に好きなユーチューバーや話題の動画を見ているのかもしれませんね。

また、SNSを活用してお家での過ごし方を発信したり、友達と共有したり、工夫を凝らしながら過ごしているようです。

自宅時間を楽しもう!

どっぷり、読書にふけってみる。

好きな本を読み直したり、これを機に気になっていた本を手にしてみたり。読書という体験を通して、どっぷりと自分の時間に浸る人も多くいるようです。

SNSでは自分の好きな本を11冊紹介する【7日間ブックカバーチャレンジ】が盛り上がりを見せています。友達同士で、家族で、オススメの本を紹介したり、好きな本について感想を言い合ったりしても楽しいはず。読書という体験を通して、新たな可能性を広げてみませんか。

ヨガやストレッチ、ちょっとした運動でリフレッシュ

ストレス解消法としても多くの人が実践している筋トレやストレッチ。家にいると、ついついゴロゴロしてしまいがちですが、無理なく、少し体を動かして気分転換したい!という人は、簡単な運動から試してみませんか?

最近ではyoutubeでもお家でできる簡単なエクササイズや初心者さん向けのヨガチャンネル、著名なスポーツ選手の筋トレ動画が増えていますので、毎日異なる動画を見ながら、真似してみましょう。怪我をしないよう、準備運動はしっかりと行ってくださいね。

映画鑑賞

時間がたくさんある時にこそ、映画鑑賞は最適と言えるもの。

NetflixHuluを筆頭に、最近では月々定額の動画配信サービスが充実していますので、ぜひ活用してみては。映画はもちろん、長期的に続く海外のシリーズものドラマをイッキ見するのもアリ。友達とオンライン鑑賞会をしてもいいですね。

DIYでものづくりにチャレンジ!

工作してみる。手芸でポーチやマスクをつくる。アクセサリーを作って販売する。絵を描いてみる。などなど、自分で何かを作る時間に充てている人も。はじめての挑戦ができるのも、自分とじっくり向き合えるのも、この期間ならでは。自分が本当に好きなこと、楽しいこと、実は得意なことが発見できるかもしれません。

関連するキーワード


リフレッシュ 気分転換

最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ