幸せの源は食事!食事の時間を大切にして疲れない心と身体を手に入れよう

幸せの源は食事!食事の時間を大切にして疲れない心と身体を手に入れよう

あなたは昨日食べたものを思い出せますか?もしかすると、今朝食べた朝ごはんやランチも思い出せなかったりするかもしれません。食べたものが身体をつくり、健康を支えているのだと頭では理解はしていても、仕事や趣味の時間が優先されてしまうことも。しかし、最終的に食べることは「幸せに生きる」ということにつながるのです。


私たちはなぜ食べるのか?食事が持つ2つの役割とは?

あらためて、「私たちはなぜ食べるのか」を考えてみると、食事の役割は大きく2つあります。

食事の役割①:栄養学的な役割

健康の維持増進、病気の予防や治療に必要な栄養素を過不足なく補給するため。

食事の役割②:QOLや社会性を高める

食習慣や食文化を満たして、おいしく食べることで心の豊かさや満足感、人間関係やコミュニケーションの形成に役立つなど、QOL(クオリティー・オブ・ライフ…ある人がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているか、ということを尺度としてとらえる概念)や社会性を高めるため。

どんなに栄養素が豊富でも、嗜好に合わないものや見ためが美味しそうに見えないと食欲がわかなかったり、どんなにおいしいといわれるものでも、ひとりで食べるより仲のよい友人や家族と一緒に食べたほうがよりおいしく感じられるはずです。食事は、この2つのバランスが大切なのです。

疲れない心と身体をつくるカギは「食事の時間を大切にすること」

食事をおろそかにすると、心と身体がだんだん疲れやすくなっていきます。ついついその場の忙しさに流されがちですが、長い目で見ると、食事の時間を大切にする習慣を身につけることが疲れにくい身体づくりにつながるのです。

アスリートは1日中のトレーニングで疲労困憊状態になりますが、食事の時間になると、「今日はカレーだ」「明日はなんだろう?」とメニューの内容をみて、喜んだり、あれこれ楽しんで選んだりしています。そして、ワイワイと楽しく会話をしながら食事の時間をうまくリフレッシュの時間に使っているのです。基本的には、トレーニングがしっかりできるように、栄養バランスや量を考えて食べなければいけませんが、限られた中でもベストなものを選び、味わって食べています。それは国際大会で長く活躍するアスリートになるほど、そうした姿が見られます。

「いただきます」「ごちそうさま」で食事の時間を楽しもう

食事の時間を楽しみ、大切にする第一歩として、「いただきます」「ごちそうさま」から始めてみましょう。

「いただきます」とは、食べ物の命をいただくことへの感謝だけではありません。農業や漁業、畜産に携わる人、それらを運ぶ流通業の人、調理して食卓に並ぶまでにはさまざまな人の手が加わっているわけです。それらのことすべてに感謝の気持ちを持つことが「いただきます」ということです。

「ごちそうさま」は、漢字で書くと、「御馳走様」になります。「馳走」は走りまわるという意味で、食事を出してもてなすために奔走する様子をあらわしています。いろいろと大変な思いをして食事を準備してくれた人への感謝を込めて、「様」がつき、食事のあとに、「御馳走様」「御馳走様でした」といわれるようになったそうです。

ゆっくり味わって食べる時間を持つのは難しいときでも、食べる前ににおい、色、形、盛り付けなどを、10秒間だけでも観察してみてから食べてください。そして、最初の1口だけでもよく味わって食べてみましょう。よく味わって食べることで、どんな味か考えることができます。すると、これまで気づかなかったことを感じるかもしれません。新たな発見をしようとする習慣は、仕事や趣味にも通じるところがあると思います。もしかしたら、食事で仕事や趣味などの新しい発見ができるかもしれませんね。

充実した食事の時間で心のゆとりを手に入れよう!

ときには誰かと一緒に食事をしながら、会話を楽しむことも大切なことです。楽しく、おいしく食べることは、消化吸収能力も高める効果も。楽しく、おいしい食事は心と身体に大切なことなのです。



元記事「幸せの源は食事!食事の時間を大切にして疲れない心と身体を手に入れよう」は2017年1月24日にBUSINESS LIFEに掲載されたものです。


幸せの源は食事!食事の時間を大切にして疲れない心と身体を手に入れよう | ビジネスライフ(BUSINESS LIFE)

https://business-life.jp/food/1426

「疲れやすい人の食事 いつも元気な人の食事」(著:柴崎真木)より 食べることは「幸せ」につながる!食事をおろそかにしていませんか? あなたは昨日食べたものを思い出せますか?もしかすると、今朝食べた朝ごはんやランチも思い出せなかったりするかもしれません。「仕事が忙しいから食事をする時間がない」「ひとり暮らしだから食事が面倒だ」という人もいるかもしれません。 食べたものが身体をつくり、健康を支えている

この記事のWriter

関連する投稿


受験生が気を付けたい体調管理のポイント|健康第一で力を出し切ろう

受験生が気を付けたい体調管理のポイント|健康第一で力を出し切ろう

毎年1月を過ぎると、受験日を控えた受験生たちがそわそわし始めるころでしょう。大切な日に備えて万全の力を出し切るためには、勉強だけでなく体調管理も大切です。今回は受験日を乗りきるために、気を付けたい体調管理についてご紹介します。受験日が近づいている学生の皆さんは、ぜひ参考にしてください。


受験に備えて強いカラダを作る!健康なカラダづくりを応援する記事10選

受験に備えて強いカラダを作る!健康なカラダづくりを応援する記事10選

冬は体調を崩しやすい季節。受験や好きなことに備えていつでも動けるカラダづくりをしましょう!


食欲の秋!おいしいものを我慢したくない人に読んでほしい「健康になる食べ方」

食欲の秋!おいしいものを我慢したくない人に読んでほしい「健康になる食べ方」

食欲の秋は、あちらこちらで美味しいものが誘惑をしてきますよね。気になるのが食べ過ぎてしまうこと。 本記事では、美味しいものを我慢せずに食べたい!という方へ向けて健康的な食べ方についてご紹介します。せっかく食べるなら、健康的に、そして幸せな気持ちで食べましょう!


【モリモリ食べよう】温野菜と生野菜、カラダに良いのはどっち?

【モリモリ食べよう】温野菜と生野菜、カラダに良いのはどっち?

身体にいい食事というと、野菜をたくさん食べることを思い浮かべる人も多いでしょう。肉類などのタンパク質も重要ですが、そもそも野菜は不足ちがちなのでなるべく多めに摂りたいところ。


これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

健康な人なら、1日に1度はあるお通じ。「毎日お通じがあるよ」という人でも、便の状態をしっかり把握できている人は少ないかもしれません。私たちが食べたものは体内で消化吸収され、吸収された栄養素を使い、身体に吸収された栄養素は、エネルギーや身体に必要な物質をつくり出すのに使われます。その残りとして不要になったものが「便」です。つまり、せっかく栄養バランスのよい食事をとっても、栄養素が体内できちんと利用されなければ、栄養不足と同じ状態になってしまいます。食べたものを使える身体にするには、きちんと消化吸収ができる身体へと変えていきましょう。


最新の投稿


電気工事士マンガ「転電虫」 第四十回 「懐かしい上履き」

電気工事士マンガ「転電虫」 第四十回 「懐かしい上履き」

学生時代にお世話になった上履き。大人になっても役に立つ…!


家庭で出来る停電対策を解説!停電の原因・注意点・類似用語も!

家庭で出来る停電対策を解説!停電の原因・注意点・類似用語も!

家庭で電気を使いすぎたり、落雷が起きたりすると発生する停電。身近な現象でありながら、いくつか種類があることや、具体的な対策まで熟知している方は少ないはず。そこで今回は停電に関する基本的な内容も含め、原因や対策などを解説していきます。


【デンキな心理テスト】この春にはじめるといいことは?

【デンキな心理テスト】この春にはじめるといいことは?

寒い冬が終わり、暖かな春がやってきます。4月から新学期、新年度が始まると同時に、新しく何かを始めてみようかな、何かチャレンジしてみようかな、という人も多いのでは。今回は、選んだ家電をもとに、始めてみるのにおすすめなことをご紹介します。


【デンキな心理テスト】あなたのストレス度は何%?

【デンキな心理テスト】あなたのストレス度は何%?

気づかないうちにたまっている「ストレス」。ストレスとは、嫌なことばかりで感じるものではありません。「特にストレスになることはない」と思っている人や「今頑張らないと!」と感じている人こそ、心理テストで今の自分の状態をチェックしてみましょう!


札電協青年部がお伝えするゲンキな電気の世界!電気工事7つ道具その4「電工ドライバー」

札電協青年部がお伝えするゲンキな電気の世界!電気工事7つ道具その4「電工ドライバー」

札電協青年部が電気工事に欠かせない必須道具を楽しくわかりやすくお伝えする本企画も今回で第4回へ!皆さんにとっても身近な工具、ドライバー。実は奥が深い?ドライバーの話をお届けします。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング