これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

健康な人なら、1日に1度はあるお通じ。「毎日お通じがあるよ」という人でも、便の状態をしっかり把握できている人は少ないかもしれません。私たちが食べたものは体内で消化吸収され、吸収された栄養素を使い、身体に吸収された栄養素は、エネルギーや身体に必要な物質をつくり出すのに使われます。その残りとして不要になったものが「便」です。つまり、せっかく栄養バランスのよい食事をとっても、栄養素が体内できちんと利用されなければ、栄養不足と同じ状態になってしまいます。食べたものを使える身体にするには、きちんと消化吸収ができる身体へと変えていきましょう。


健康的な便ってどんな状態?

きちんと消化吸収ができているかどうかを確認するツールのひとつが「便」です。きちんと消化吸収できているか確認するのが排泄された便の状態です。便の健康状態は、色、大きさ、臭いで判断します。

食べたものがきちんと消化吸収された健康的な便は、やわらかいバナナ状で1〜2本分、黄金色であまり臭くなく、軽く水に浮いた状態のものです。反対に、あまりよい状態でない便は、固くて、細くなったり、コロコロの丸い状態で、量もあまりなく、色は黒っぽい茶、色で臭いもくさくなります。また、水分が多すぎて形にならない便もよくありません。

食べたものが便として排泄されるまでの時間は、12〜48時間といわれています。食べ物はまず口でよく噛み、噛むことで出る唾液に含まれる酵素によって、糖質の一部が分解されます。次に、胃では、胃液によってたんぱく質が一部分解されます。そして、十二指腸で膵臓から分泌される膵液によって、糖質、たんぱく質、脂肪を分解して小腸に送られ、さらに小腸の腸液によって大部分の栄養素を分解した後に、それらを吸収します。小腸で消化吸収しきれなかった栄養素や食物繊維を、大腸内にある細菌で発酵させて分解し、水分とともに吸収されます。残った食べかすと水分、腸内細菌が便となって排泄されます。

このように、いくつかの行程を経て消化吸収されるのですから、消化器官のどこかに不具合があると、必要な栄養素をきちんと吸収できていない可能性があるのです。

消化を助ける3つの菌

特に小腸や大腸の状態がよくないと健康的な便がでません。腸内には、大きく分けると、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つの菌が存在しており、それらがバランスよく働くことで腸の状態を整えています。

乳酸菌やビフィズス菌などに代表される善玉菌は、悪玉菌の働きを抑え、免疫力を高めたり、ビタミンの合成を助けたりします。悪玉菌は、食べかすであるたんぱく質を分解したり、善玉菌の働きを活発にしたりと、必要なものですが、増えすぎるとおなかの調子が悪くなったり、免疫力が低下したりします。

日和見菌はどちらか増えたほうに加勢をする菌で、よくも悪くも働きます。腸内の善玉菌の働きを活発にするには、善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌をとることです。これらはヨーグルトだけでなく、納豆やみそ、ぬか漬けなど発酵食品でもとることができます。

また、善玉菌の働きを助ける食物繊維やオリゴ糖を一緒にとることで、善玉菌の効果が高まります。食物繊維は穀類や野菜、きのこ、海藻類をしっかりとることです。オリゴ糖は特別なものではなく、玉ねぎやアスパラガス、ごぼう、豆類、バナナなどの野菜や果物類、はちみつや牛乳、ヨーグルト、みそ、しょうゆなどにも含まれています。

その他にも、緊張やストレスでも胃腸の働きが弱まったり、水分のとりすぎや不足もよくありません。そもそも、消化の最初の段階である噛むという行為がおろそかになっていると、その後の消化吸収がうまくできないので、バランスがよい食事をしていてもなぜか調子がよくないということが起こるのです。

きちんと便をチェックして、いいコンディションを維持しよう!

食べたものがきちんと使われているか、出てくるものを必ず確認したほうがよいですね。よくない状態のときには、食事や生活習慣などに問題がないか原因を考えましょう。早めに対処することで大きくコンディションを崩さず、自分の力をしっかり発揮し続けることができます。

便は身体からのお便りともいわれます。お便りをもとに自分自身の生活を見なおすことが大切です。



元記事「便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌とは?」は2017年1月29日にBUSINESS LIFEに掲載されたものです。

便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌とは? | ビジネスライフ(BUSINESS LIFE)

https://business-life.jp/food/1950

「疲れやすい人の食事 いつも元気な人の食事」(著:柴崎真木)より 健康な人は、「便」も気にしている 健康な人なら、1日に1度はあるお通じ。きちんと毎日あるでしょうか?「毎日お通じがあるよ」という人でも、便の状態をしっかり把握できている人は少ないのではないでしょうか。日々バランスよく食べ、健康に気遣っているという人も、出ていくものには無関心という人も少なくありません。 当たり前のことですが、私たちが

関連する投稿


【受験生必読】受験勉強中は体調を崩しやすい?心と身体を整える方法3選

【受験生必読】受験勉強中は体調を崩しやすい?心と身体を整える方法3選

受験とは、多くの学生にとって緊張しやすい大事なライフイベントですが、「受験勉強中はあまり寝つけない」「本番前に風邪をひきやすい」など、中には体調を崩す人もいるようです。そこで、この記事では、受験勉強期間でも心と身体を整える方法を3つ紹介します。


知らなきゃ損する、糖質制限の真実。「炭水化物はいらない栄養素」は正しくない!

知らなきゃ損する、糖質制限の真実。「炭水化物はいらない栄養素」は正しくない!

本記事では『ひとり暮らしビジネスマンのための食事と健康大改善』より、タンパク質に関する間違いがちな食の知識についてご紹介します。筋トレ・ダイエットでよく聞く炭水化物抜きは本当に健康にいいのでしょうか…?


満腹感の決め手は「ほかほか・とろとろ」?どか食い・むちゃ食いを防ぐ胃のトレーニングとは

満腹感の決め手は「ほかほか・とろとろ」?どか食い・むちゃ食いを防ぐ胃のトレーニングとは

食べ物を口にしてから「お腹いっぱいだ」と感じるまで、およそ20分かかると言われています。多少の物足りなさを感じても、20分待てば自然と満腹感を得られ、食べ過ぎなくなる、そのメカニズムとは?


健康は正しい姿勢から!いい姿勢のとり方とは?

健康は正しい姿勢から!いい姿勢のとり方とは?

姿勢を改善したい、正しい姿勢を理解したい、そんな人は必見です。


レジリエンスを高める4つのポイントーマインドフルネスでしなやかな心へ

レジリエンスを高める4つのポイントーマインドフルネスでしなやかな心へ

日々のストレスが原因で人に当たってしまうことはありませんか。破滅的な方法でストレスを発散していては、心身の健康や人間関係に悪影響を及ぼしかねません。この記事では、現代の人々に求められている能力「レジリエンス」を紹介します。


最新の投稿


転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

いろいろな理由で自分と同じ40代で転職を考えられていらっしゃる方々、その他の年代で転職を考えておられる方々が多くいらっしゃると思います。この記事では、非正規雇用の自分が転職を決意した理由、お金や手続きなどについて、体験・経験したことを紹介していきます。


【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

受験勉強中、理由もなく家族や友だちにイライラする自分に気づいて、自己嫌悪に陥ってしまう。このイライラはどこからくるのでしょうか? 受験期は自分と懸命に向き合っているからこそストレスも溜まりやすいもの。 今回は、家族や友人にイライラする心理とその原因について解説します。


疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

寝ても寝ても疲れが取れない、四六時中仕事のことが浮かんできて気が休まらない…多忙な現代社会において、しつこい疲れに悩まされている方は多いはず。今回は、ZERO GYMによる書籍『超疲労回復』[ZERO GYM(著)、松尾 伊津香(著)、板生 研一(監修)、駒澤 真人(監修)]から、現代人の疲れが取れない2つの原因と、最速で疲労回復に導く4ステップを特別にご紹介します。


これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

健康な人なら、1日に1度はあるお通じ。「毎日お通じがあるよ」という人でも、便の状態をしっかり把握できている人は少ないかもしれません。私たちが食べたものは体内で消化吸収され、吸収された栄養素を使い、身体に吸収された栄養素は、エネルギーや身体に必要な物質をつくり出すのに使われます。その残りとして不要になったものが「便」です。つまり、せっかく栄養バランスのよい食事をとっても、栄養素が体内できちんと利用されなければ、栄養不足と同じ状態になってしまいます。食べたものを使える身体にするには、きちんと消化吸収ができる身体へと変えていきましょう。


入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

2021年8月24日、東京パラリンピックが開催されました。その幕開けを彩る華やかな開会式で、パラ楽団によって演奏が奏でられるなか、リレー形式で次々に掲揚台へと運ばれていくパラリンピック旗。掲揚台までまもなくという終盤に差し掛かり、パラリンピアンたちから旗を託されたのは、8人のエッセンシャルワーカーでした。その1人として先頭で旗を運ぶ大役を担ったのが、東京電力パワーグリッドに所属する大峠志帆さんです。全世界が注目する舞台で、会社のユニフォームを身にまとい、堂々たる姿を見せてくださった大峠さんに、開会式出演のエピソードや現在の仕事についてお話を伺いました。


今月のおすすめ