わたしたちはなぜ本を読むのか〜10代のうちに読んでおきたい本 1冊目

わたしたちはなぜ本を読むのか〜10代のうちに読んでおきたい本 1冊目

「もっと本を読みなさい」 多くの方が、学校で先生から、あるいは自宅で両親から、こんなことを言われたことがあるのではないでしょうか。しかしその時、具体的にどんな本を読めばいいのか、本の読み方を教えてもらえたでしょうか。今回ご紹介する一冊目は、「何をどう読めばいいのか分からない」「読んでも分かった感じがしなくてモヤモヤする」と、選書に悩んでいる人に読んでいただきたい本です。


1冊目 本を読む本

『本を読む本』(モーティマー・J・アドラー,チャールズ・V・ドーレン,外山 滋比古,槇 未知子):講談社学術文庫 製品詳細 講談社BOOK倶楽部

https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000150900

本書は、1940年米国で刊行されて以来、世界各国で翻訳され読みつがれてきた。読むに値する良書とは何か、読書の本来の意味とは何かを考え、知的かつ実際的な読書の技術をわかりやすく解説している。初級読書に始まり、点検読書や分析読書をへて、最終レベルにいたるまでの具体的な方法を示し、読者を積極的な読書へと導く。単なる読書技術にとどまることなく、自らを高めるための最高の手引書。

本を読む本

モーティマー・J・アドラー、チャールズ・V・ドーレン 著

外山滋比古、槇未知子 訳

講談社学術文庫

この本はタイトルの通り、本を読んで理解するための技術を分かりやすく解説したもので、1940年にアメリカで刊行されて以来、80年以上読みつがれてきた古典と言える作品です。この本の中では、読書のレベルが初級読書、点検読書、分析読書、シントピカル読書の4種類に分けられています。


初級読書は、単語を覚えたり平易な文を理解したりする技術で、点検読書は、「この本は読む価値のあるものか」を見極めるときの、拾い読みや下読みのことです。タイトルや目次、索引、序文などを見て、議論の中心になりそうな章をいくつか読んでみると良いでしょう。そこから分析読書で、点検読書で価値があるとされた本を読みます。その際に、分類と全体の構造の把握が行われ、その後、著者が使う言葉=キーワードの吟味と批評が行われます。

ここまで辿り着くと、「何についての本か」「全体として真実か、あるいはどの部分が真実か」「どんな意義があるか」といった疑問に答えられるようになっているはずです。そして、最後に最も高度な「シントピカル読書」。シントピカル読書は、同じテーマについて2冊以上の本を読むことであり、この本では読書の最終目標とされています。 これらを実践することで、単純に本を読むための技術にとどまらず、「なぜ本を読んだ方がいいのか」「本を読む意味」を知る手掛かりにもなるでしょう。

最後に、「なぜ本を読むのか(読んだ方がいいのか)」という問いについて、私なりの答えを、教育哲学者の苫野一徳さん(熊本大学准教授)の言葉の引用で示したいと思います。

「読書は僕たちをGoogle マップにする」

読書をすることで私たちは、Google マップを眺め、動かすように世界中を駆け巡り、さまざまなことを知ることができるのです。さあ、『本を読む本』で「良い」読書の準備をしてみてください。

プロフィール

水無月游(みなづき・ゆう)

文学系の大学学部を卒業、社会学系の大学院修士課程を修了後、教育関連の専門書出版社に編集者として勤務。副業でライター業をときどき。主な関心分野は教育、福祉、政治など。読書は雑食、本棚が容量オーバーで本がいつも床に積まれています。

関連するキーワード


読書

最新の投稿


転電虫が教える!第一種電気工事士試験 筆記試験のおすすめ参考書・過去問集、勉強法

転電虫が教える!第一種電気工事士試験 筆記試験のおすすめ参考書・過去問集、勉強法

第一種電気工事士試験の筆記試験に向けて、「どんな参考書や過去問集がおすすめなの?」「どんな勉強をしたらいいの?」「効率的な勉強法とかないの?」という人、必見。仕事をしながら第一種電気工事士試験に一発合格できた転電虫さんが、自身の体験をもとにおすすめの参考書・過去問集・勉強法を教えます。


始めよう!ゼロウェイスト生活。すぐにできる取り組み 5 つ

始めよう!ゼロウェイスト生活。すぐにできる取り組み 5 つ

家庭からは日常的にたくさんのごみが出ています。環境へ悪影響を減らすには、家庭ごみをなるべく減らすことが大切です。しかし、「ごみを減らすって具体的にどうすればいいの?」と疑問に思う方もいるでしょう。そこで今回はごみを出さないゼロウェイスト生活を目指してすぐにできる取り組みを 5 つ紹介します。


転電虫が教える!第一種電気工事士試験 技能試験の体験談&おすすめテキスト&コツ

転電虫が教える!第一種電気工事士試験 技能試験の体験談&おすすめテキスト&コツ

まったくの素人で電気工事会社に入社、勤務しながら第二種電気工事士の資格を取得した転電虫さん。そして今回はまた働きながらも第一種電気工事士に挑戦、見事資格を手に入れました。その時の体験をもとに、オスススメとコツをお教えいただきました。これから試験へ挑もうとお考えの方はぜひ、ご参考ください!


わたしたちはなぜ本を読むのか〜10代のうちに読んでおきたい本 1冊目

わたしたちはなぜ本を読むのか〜10代のうちに読んでおきたい本 1冊目

「もっと本を読みなさい」 多くの方が、学校で先生から、あるいは自宅で両親から、こんなことを言われたことがあるのではないでしょうか。しかしその時、具体的にどんな本を読めばいいのか、本の読み方を教えてもらえたでしょうか。今回ご紹介する一冊目は、「何をどう読めばいいのか分からない」「読んでも分かった感じがしなくてモヤモヤする」と、選書に悩んでいる人に読んでいただきたい本です。


第二種電気工事士受験への挑戦!限りなく節約して合格を目指すコツ

第二種電気工事士受験への挑戦!限りなく節約して合格を目指すコツ

第二種電気工事士受験を受けるには、現実問題として費用がどれくらいかかるの?準備を万全に備えるために、ご参考ください!


今月のおすすめ