ウォーキング、ジョギング、ランニング…違いを知って、生活習慣に取り入れよう!

ウォーキング、ジョギング、ランニング…違いを知って、生活習慣に取り入れよう!

走ることは、脳や心、体にもいいことはわかるけど、少しハードルが高い…。 運動があまり得意ではない人や、これまで体を動かす習慣がなかったという人は、そんな風に感じてしまうかもしれません。では「歩くこと」ならどうでしょうか?


「歩く」と「走る」の違い

有酸素運動の代表的なものとして挙げられるウォーキングとランニングですが、さらにもう少し細かく分類すると、ウォーキング、ジョギング、ランニングと分けられます。それぞれの違いをエクササイズという観点でみると、単にスピードが速いとか遅いというだけではなく、それぞれにメリットとデメリットがあります。では、ひとつずつ見ていきましょう。

ウォーキング

ウォーキングを定義する上でまず押さえておきたいことは、どんなにスピードを出しても左右の足のどちらかが必ず地面についているということです。両方の足が宙に浮いてしまった時点で、それは「走る」とみなされてしまいます。
例えば、陸上競技の競歩においても、両足が地面から離れると減点されますが、これはあくまでも「歩く」ということにこだわった競技であるが故のルールです。
ウォーキングの場合、常に地に足が着いていますので、足首や膝などにかかる衝撃が小さく、運動が習慣化していない人でも怪我や障害のリスクが少なくなるというメリットがあります。

ジョギング/ランニング

ジョギングは、ひとことで言えば「ゆっくり走ること」です。もちろん感覚には個人差がありますので、その点は注意してください。
まず、ウォーキングと決定的に違うのは、両足を地面から離す瞬間が走行周期にあるということです。
両足が宙に浮いた後で片足ずつ着地するため、この衝撃が腰や膝への負担になります。基本的に1㎞の距離を5分以上の時間をかけて走るのがジョギングになります。
そして、このジョギングの延長上にあるのがランニングというわけです。ランニングは1㎞の距離を5分以内とスピーディーに走るため、運動量、消費カロリー量はジョギングやウォーキングに比べて多くなることが特徴です。

辛いときはハードルを下げる

運動神経がない人、ブランクがある人は、最初はウォーキングから開始し、強度を上げられるようになった時点でジョギングに切り替えるというようなプログラムにしてもよいでしょう。
強度のステップアップは競技種目を変更するだけでなく、運動時間でもコントロールできます。
たとえば、もう少し体力のある人であれば、最初はジョギングを5分程度から開始し、徐々に運動時間を増やしていくようなプログラムがそれに当たります。
大事なことは、最大心拍数の70%くらいで運動する習慣を継続することです。
ただ、ウォーキングよりもジョギングの方が、自分のペースで走っているだけにもかかわらず、効率よく心臓へ負担がかかり、短時間で有酸素効果が得られやすいのも確かです。

効率よく海馬に適度な刺激を与えたい場合は、ジョギングが有酸素運動の中で最も脳を鍛えることができるといえるでしょう。

研究対象に「歩く」が多いワケ

有酸素運動が脳に与える影響を見ている研究では、なぜかジョギングではなく、ウォーキングを取り上げているケースが多いようです。これはジョギングよりもウォーキングの方が優れているということではなく、研究アイテムにウォーキングを扱わざるを得ない、いくつかの理由があるためです。

まず、研究の対象者の特性が挙げられます。
研究はできるだけ成果が明確に出るように、普段から運動習慣がある人ではなく、運動習慣のない人を選定します。そのため、運動習慣のない人にいきなりジョギングをしてもらうわけにはいかないので、安全にできるウォーキングが有酸素運動として都合がいいのです。

また、研究対象者の年齢や身体能力も関係しています。これまで「有酸素運動が脳にどのように影響を与えるのか」というような題材をテーマにした研究では、放っておくと海馬が委縮するような年齢層の人が対象者に選ばれていました。つまり、放っておくと脳が衰えるのですが、有酸素運動をすることで脳がよみがえったという結果が出やすいのです。そのため、高齢期の方たちを対象者とする研究が多く、その方たちの体力を考えるとジョギングは適さないだけなのです。

運動を研究する場合、種類は違っても、運動強度や運動頻度をそろえることができるので、ウォーキング・ジョギング・ランニングという区別は特に必要ありません。自分の身体能力や生活習慣に合わせたものを取り入れるとよいでしょう。

ウォーキングからはじめてみよう

走るのは素晴らしい。体にも脳にもいい。走った方が得をするに違いない。それでもやっぱり、走るのには勇気がいる。
そう感じたなら、まずはウォーキングからはじめてみてください。あなたの中の意識を変えるのは、その最初の一歩かもしれないのですから。


元記事「ウォーキング、ジョギング、ランニング…違いを知って、生活習慣に取り入れよう!」は2017年2月4日にBUSINESS LIFEに掲載されたものです。


ウォーキング、ジョギング、ランニング…違いを知って、生活習慣に取り入れよう! | ビジネスライフ(BUSINESS LIFE)

https://business-life.jp/mental/2595

「走れば脳は強くなる」(著・重森健太)より すべての健康は歩くことから 走ることは脳や心、そしてもちろん体にもいい、それはわかる。 それでも、やっぱり走るとなるとハードルが高い。 運動がまり得意でない人や、これまで体を動かす習慣がなかったという人は、そんな風に感じてしまうかもしれません。 では「歩くこと」ならどうでしょう?誰でも毎日、行う「歩く」という行為。今回はそこに着目してみましょう。 「歩く

関連する投稿


健康は正しい姿勢から!いい姿勢のとり方とは?

健康は正しい姿勢から!いい姿勢のとり方とは?

姿勢を改善したい、正しい姿勢を理解したい、そんな人は必見です。


レジリエンスを高める4つのポイントーマインドフルネスでしなやかな心へ

レジリエンスを高める4つのポイントーマインドフルネスでしなやかな心へ

日々のストレスが原因で人に当たってしまうことはありませんか。破滅的な方法でストレスを発散していては、心身の健康や人間関係に悪影響を及ぼしかねません。この記事では、現代の人々に求められている能力「レジリエンス」を紹介します。


幸せの源は食事!食事の時間を大切にして疲れない心と身体を手に入れよう

幸せの源は食事!食事の時間を大切にして疲れない心と身体を手に入れよう

あなたは昨日食べたものを思い出せますか?もしかすると、今朝食べた朝ごはんやランチも思い出せなかったりするかもしれません。食べたものが身体をつくり、健康を支えているのだと頭では理解はしていても、仕事や趣味の時間が優先されてしまうことも。しかし、最終的に食べることは「幸せに生きる」ということにつながるのです。


秋に食欲が増すのはなぜ?食欲と健康との関係

秋に食欲が増すのはなぜ?食欲と健康との関係

秋になると「○○の秋」という言葉をよく耳にしますが、そのうちの1つに「食欲の秋」があります。秋の味覚を堪能しすぎて、ついつい食べすぎてしまったという経験がある人もいるのでは。今回は、秋に食欲が増す要因や、食欲の乱れと心身の健康の関係について解説します。食欲をコントロールして、軽やかな体を手に入れましょう!


はたらく世代の7割超が「運動習慣なし」-健康経営で身体を動かせる職場づくりを

はたらく世代の7割超が「運動習慣なし」-健康経営で身体を動かせる職場づくりを

日本では運動不足が原因で毎年5万人が死亡しているとも言われており、※1「運動」は「食事」や「睡眠」と並んで心身の健康に絶対に欠かせない要素です。しかし、はたらく世代(20~64歳)の7割超は運動習慣を持っていないことが厚生労働省の調査で明らかになりました。


最新の投稿


健康は正しい姿勢から!いい姿勢のとり方とは?

健康は正しい姿勢から!いい姿勢のとり方とは?

姿勢を改善したい、正しい姿勢を理解したい、そんな人は必見です。


観葉植物の知られざる効果とは?メリットとオススメ植物8選

観葉植物の知られざる効果とは?メリットとオススメ植物8選

疲労、不安、肥満、散漫な集中力、モチベーションの低下、不眠、弱い意志力…。 年に5000本の科学論文を読み続けるサイエンスライターにして、7万部突破の話題書『最高の体調』の著者・鈴木祐氏は、「こうした現代人の不調は、『現代の環境』と『遺伝』のミスマッチにある」と言います。「数百万年近く自然と共に暮らしてきた人類にとって、自然と切り離された現代の生活はあまりにも異例なもの。そのため、私たちの体をうまく機能させるには、自然と触れ合うことが重要になってきます。自然は人体の疲労を回復させ、人間の感情システムのバランスを整えてくれることが科学的にも証明され始めている」とのこと。この記事では今すぐ実践できる簡単な方法をお伝えします。


電気工事士マンガ「転電虫」 第八回 ペン型インパクトドライバー

電気工事士マンガ「転電虫」 第八回 ペン型インパクトドライバー

電気工事士は、普段から多くの工具を使用します。見た目もかっこいい工具があるとついついやってしまいがちなのが、あんなこと。


疲労回復や風邪の予防におすすめの食材とは?

疲労回復や風邪の予防におすすめの食材とは?

季節の変わり目は体調を崩したり、風邪がひきやすくなったりします。毎日の食事の中で予防をしていきましょう。


電気工事士マンガ「転電虫」 第七回 監督の地図

電気工事士マンガ「転電虫」 第七回 監督の地図

最近ではGPSを活用した便利な地図が多くありますが…。