今すぐ眠気を覚ます方法とは?眠気覚ましのツボは「抗重力筋」と「腱」にあり!

今すぐ眠気を覚ます方法とは?眠気覚ましのツボは「抗重力筋」と「腱」にあり!

忙しい学生さんにとって睡眠は切っても切れないもの。本記事では、睡眠不足と記憶力の関係、眠気覚ましについて紹介します。


睡眠不足は記憶力を低下させる

試験に向けて徹夜で猛勉強する……この行為は発想力、記憶力のどちらをとっても非効率です。寝る間を惜しんで必死に追い込んでも、眠けでなかなかいいアイデアが出てこず、ものを覚えるスピードも落としてしまうからです。イギリスのラフバラ大学のハリソン博士らの行った記憶と睡眠に関する実験では、「眠らないことが記憶力の低下を招く」ことが明らかにされています。

博士らは、
1.きちんと眠った場合
2.きちんと眠ったうえでカフェインを飲んだ場合
3.36 時間断眠をした場合
4.36時間の断眠をしてカフェインを飲んだ場合

の4つの条件で、被験者にあらゆる人物の顔写真を見せ、覚えさせました。
結果、カフェインは一時的に眠気をとってくれましたが、記憶力に対してはほとんど効果がなく、しっかり眠った方が多くの顔を覚えられるということがわかったのです。

ものごとを覚えるとは、「大脳に記憶として残っている状態」ということ。

一度学んだことや経験したことは、まず海馬が記憶します。しかし、海馬は短期的な記憶をつかさどる場所であるため、ここに入っている記憶はすぐに忘れられてしまうのです。そこで重要なのが、「短期的記憶の海馬から長期的な記憶ができる大脳へ、記憶を移す」作業。この記憶の移動は睡眠中も行われており、寝ている間に、脳内で必要な情報と要らない情報が選り分けられ、大脳にしまわれます。一般的に、海馬にインプットされた記憶の整理が始まるのは6時間後で、それが定着するまでには24時間以上もかかるとされています。

情報のインプットと記憶の定着。睡眠はこの2つに深く関係します。しっかり睡眠をとらない眠らなと、情報を頭に入れる能力も落ちますし、せっかく頭に入れたこともすぐに忘れてしまいます。効率良く勉強をしたいのであれば、睡眠時間を削ることは避けましょう。

睡魔に打ち勝つポイントは「抗重力筋」と「腱」

いくら抗っても気合では勝てない「眠気」。特に昼食後に訪れる眠気は、ビジネスパーソンの大敵です。どうしても居眠りできない場面で睡魔に襲われたとき、どう撃退すればいいのでしょうか?

本当は仮眠をとるのが一番良いのですが、会議中やクライアントとのミーティング直前など、どうしても眠ることができない場面では、一時的な眠気対策が必要です。具体的には以下の2つ。

「抗重力筋」を刺激する

人には、重力に逆らって働く筋力である「抗重力筋」が、「まぶた・首・背中・もも」の4ヶ所にあり、姿勢を維持しています。眠くなった時、この抗重力筋を刺激すると、脳が覚醒することがわかっています。眠くなってしまったら、まぶたを押さえたり、姿勢を正したり、首を捻るなどして抗重力筋を意識的に動かし、身体を起こしてみましょう。

「腱」を刺激する

「腱」とは、筋肉と骨とが離れないように接合している部分。具体的には、「首・肩・手首・ひざ・足首」の5ヶ所です。首や肩、足や手などの関節をぐるぐる動かすのも眠気撃退に効果的です。

なお、腱を動かすといわれると、ついついストレッチをしてしまいがちですが、眠気をなくすという点では逆効果です。ストレッチ運動は血行を良くして副交感神経を刺激してしまうため、リラックスして眠くなってしまうからです。眠気ざましの場合は、抗重力筋と腱を”集中して”動かすようにしてください。

交感神経を刺激して脳を目覚めさせる

また、体の一部に刺激を加える以外にも、交感神経を刺激することで眠気を撃退することができます。
たとえば、あくびです。眠いとき無意識に行っていることが多いものですが、あくびは働きが悪くなっている脳に酸素を与え、活性化させる働きがあるため、脳を目覚めさせやすくします。

また、深呼吸にも同様の効果があります。勉強中は脳も体も緊張状態にあるために、呼吸が浅くなりがちです。肺に入っている空気を出し切るまで息を吐き、胸が膨らむまで吸う。これを何回か繰り返すだけで、少し頭がすっきりします。空気を入れ換えるという意味では、部屋の窓を開けて換気するのもおすすめ。冬場などは、冷たい空気を浴びることによって交感神経が刺激され、目が覚めます。

腕に冷たい水をあてる、首に冷えたタオルを巻く、冷えた飲み物を飲む、いれたてのコーヒーを飲むなども交感神経を刺激するので、一時的な眠気対策には効果的です。

その他にも、

ガムを噛む
顔を洗う
明るい場所に行って光を浴びる
友達に話し掛ける
…なども、目を覚ますの効果的。

しっかりと睡眠をとることは効率の良い活動をするために欠かせませんが、どうしても寝不足なときは、以上の方法を試してみてくださいね。

関連するキーワード


睡眠 眠けさまし

関連する投稿


筋肉は一日にしてならず…?睡眠と筋トレの深いカンケイ

筋肉は一日にしてならず…?睡眠と筋トレの深いカンケイ

筋肉と睡眠は、一見すると関連性があまりないようにも感じるかもしれません。 しかし、順調に筋肉を育てる最大のポイントは、「しっかりと睡眠をとること」。今回は睡眠と筋肉の関係と、筋トレをする際の注意点について解説します。


朝型信仰の罠!体質の差が睡眠格差を生む「社会的ジェットラグ」に要注意 後編

朝型信仰の罠!体質の差が睡眠格差を生む「社会的ジェットラグ」に要注意 後編

この記事では、2018年3月16日、東京・大手町で行われた三島先生によるセミナー「日常生活に潜む社会的ジェットラグ問題」(主催:武田薬品工業株式会社)をもとに、「体内時計と社会時刻とのミスマッチで生じる健康問題とその対策」についてお伝えします。


朝型信仰の罠!体質の差が睡眠格差を生む「社会的ジェットラグ」に要注意 前編

朝型信仰の罠!体質の差が睡眠格差を生む「社会的ジェットラグ」に要注意 前編

この記事では、2018年3月16日、東京・大手町で行われた三島先生によるセミナー「日常生活に潜む社会的ジェットラグ問題」(主催:武田薬品工業株式会社)をもとに、「体内時計と社会時刻とのミスマッチで生じる健康問題とその対策」についてお伝えします。


『スクリーン門限』で質の良い眠りを手に入れる

『スクリーン門限』で質の良い眠りを手に入れる

仕事のパフォーマンスを上げるのに不可欠な良質な睡眠。安心して眠る状況をつくりだすために必要なものとは?


寝転がるだけで快眠!「動かないストレッチ」で睡眠の質を高める姿勢をつくる

寝転がるだけで快眠!「動かないストレッチ」で睡眠の質を高める姿勢をつくる

仕事も遊びも体力が必須!睡眠の質を高めてパフォーマンスを向上させよう。


最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ