レジリエンスを高める4つのポイントーマインドフルネスでしなやかな心へ

レジリエンスを高める4つのポイントーマインドフルネスでしなやかな心へ

日々のストレスが原因で人に当たってしまうことはありませんか。破滅的な方法でストレスを発散していては、心身の健康や人間関係に悪影響を及ぼしかねません。この記事では、現代の人々に求められている能力「レジリエンス」を紹介します。


レジリエンスとは

「レジリエンス(resilience)」とは、「復元力」「回復力」「弾力」などと訳される言葉です。
たとえば、地震や豪雨が頻発する世界屈指の災害大国・日本では、大規模災害に対して、被害を最小限に留め、迅速な復旧・復興を可能にするために「国家強靭化(ナショナル・レジリエンス)」が推し進められています。

ストレスにしなやかに対応する力
心理学の領域では、アメリカの心理学者ボナノによって「極度の不利な状況に直面しても、正常な平衡状態を維持することのできる能力」と定義されています。

しばしば「ストレス耐性」と同義で扱われるため、「周囲の影響を跳ね返す”鋼”の心」というイメージを持たれがちですが、厳密には正しい表現とは言えません。レジリエンスは周囲の影響に対して柔軟に適応できる力であり、言うなれば”竹”のような「硬さ」と「しなやかさ」を合わせ持った心だと言えるでしょう。

なぜ現代の人々に必要なのか

新型コロナウイルス感染症(COVID−19)の拡大により、メンタル不調に陥る「コロナうつ」が社会問題化しました。一方で、コロナ禍をきっかけにして、自宅での筋トレを習慣化した人、食生活を改善した人、ワークライフバランスを見直した人等々、ポジティブな方向に自分を変えた人も少なくありません。

困難なできごとは、必ずしも人生の結果をネガティブに決定づけるものではありません。自分でコントロールしたり、修正したり、成長したりできる部分がたくさんあります。それがレジリエンスの役割です。レジリエンスを高めることは、困難な状況を乗り越えるのに役立つだけでなく、その過程で自分を成長させ、さらには人生を向上させる力となるのです。

レジリエンスを育むには

ストレスへの耐性は性格の問題で鍛えられないと思われるかもしれません。しかし、レジリエンスは特別な能力ではなく、誰もがポテンシャルを持っています。アメリカ心理学会(APA)は、レジリエンス向上を目指すために、

・つながり
・健康
・目的
・健全な思考
の4要素に基づく行動を提案しています※1。

人とのつながりを築く

自分の気持ちに共感してくれる人、信頼できる人といった理解者の存在は、困難な状況にあっても自分が一人ではないことを思い出させてくれます。

まずは、家族、恋人、友人、会社の仲間など、今つながっている人との時間を大切にすること。そして、ボランティア活動や趣味の教室など、目的意識や喜びを提供してくれるコミュニティに参加してみるのも手です。

心身の健康を育む

栄養バランスのとれた「食事」、十分で良質な「睡眠」、適度な「運動」といったポジティブなライフスタイルを心がけることで、ストレスへの適応力を高め、不安や抑うつなどの感情の影響を軽減することができます。

大きな失敗や悲しい出来事に遭遇すると、その痛みをやけ食いなどで隠したくなるかもしれませんが、それでは心を癒すことはできません。ストレスを完全に排除しようとするのではなく、ストレスに対処するためのリソースを体に与えることに重点を置きましょう。

目標に向かって積極的に行動する

現実的な目標を立て、達成したいことに向けて、小さなことでも良いので定期的に実行しましょう。

達成できなさそうなことに目を向けるのではなく、「自分が行きたい方向に進むために、今日できることは何か」と自問してみてください。その過程で大なり小なり苦労をした結果、何らかの点で自分が成長したことに気づき、自分の価値を発見できるかもしれません。

物事を前向きに捉える

ポジティブな心持ちは、困難に直面したときの回復力に大きく影響します。

強いストレスを感じる出来事を変えることはできないかもしれませんが、その出来事をどう解釈し、どう対応するかは変えることができます。変化を受け入れることで”変えられる状況”に目を向け、前に向かって踏み出すことができるのです。

マインドフルネスを活用しよう

マインドフルネスとは、”ただ目の前のことに集中する姿勢”であり、呼吸や体感に意識を向ける「メディテーション(瞑想)」などが主なアプローチ方法です。

瞑想というと精神統一や一リフレッシュ効果がイメージされがちですが、マインドフルネスの効果はそれだけではありません。継続することで、脳疲労の緩和、自律神経の調節、精神が安定することによる対人関係の改善なども期待できるため、「つながり」「健康」「目的」「健全な思考」という4つの戦略を実践する上で、大きな手助けとなるでしょう。

関連する投稿


【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

受験勉強中、理由もなく家族や友だちにイライラする自分に気づいて、自己嫌悪に陥ってしまう。このイライラはどこからくるのでしょうか? 受験期は自分と懸命に向き合っているからこそストレスも溜まりやすいもの。 今回は、家族や友人にイライラする心理とその原因について解説します。


これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

健康な人なら、1日に1度はあるお通じ。「毎日お通じがあるよ」という人でも、便の状態をしっかり把握できている人は少ないかもしれません。私たちが食べたものは体内で消化吸収され、吸収された栄養素を使い、身体に吸収された栄養素は、エネルギーや身体に必要な物質をつくり出すのに使われます。その残りとして不要になったものが「便」です。つまり、せっかく栄養バランスのよい食事をとっても、栄養素が体内できちんと利用されなければ、栄養不足と同じ状態になってしまいます。食べたものを使える身体にするには、きちんと消化吸収ができる身体へと変えていきましょう。


【受験生必読】受験勉強中は体調を崩しやすい?心と身体を整える方法3選

【受験生必読】受験勉強中は体調を崩しやすい?心と身体を整える方法3選

受験とは、多くの学生にとって緊張しやすい大事なライフイベントですが、「受験勉強中はあまり寝つけない」「本番前に風邪をひきやすい」など、中には体調を崩す人もいるようです。そこで、この記事では、受験勉強期間でも心と身体を整える方法を3つ紹介します。


知らなきゃ損する、糖質制限の真実。「炭水化物はいらない栄養素」は正しくない!

知らなきゃ損する、糖質制限の真実。「炭水化物はいらない栄養素」は正しくない!

本記事では『ひとり暮らしビジネスマンのための食事と健康大改善』より、タンパク質に関する間違いがちな食の知識についてご紹介します。筋トレ・ダイエットでよく聞く炭水化物抜きは本当に健康にいいのでしょうか…?


満腹感の決め手は「ほかほか・とろとろ」?どか食い・むちゃ食いを防ぐ胃のトレーニングとは

満腹感の決め手は「ほかほか・とろとろ」?どか食い・むちゃ食いを防ぐ胃のトレーニングとは

食べ物を口にしてから「お腹いっぱいだ」と感じるまで、およそ20分かかると言われています。多少の物足りなさを感じても、20分待てば自然と満腹感を得られ、食べ過ぎなくなる、そのメカニズムとは?


最新の投稿


転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

いろいろな理由で自分と同じ40代で転職を考えられていらっしゃる方々、その他の年代で転職を考えておられる方々が多くいらっしゃると思います。この記事では、非正規雇用の自分が転職を決意した理由、お金や手続きなどについて、体験・経験したことを紹介していきます。


【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

受験勉強中、理由もなく家族や友だちにイライラする自分に気づいて、自己嫌悪に陥ってしまう。このイライラはどこからくるのでしょうか? 受験期は自分と懸命に向き合っているからこそストレスも溜まりやすいもの。 今回は、家族や友人にイライラする心理とその原因について解説します。


疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

寝ても寝ても疲れが取れない、四六時中仕事のことが浮かんできて気が休まらない…多忙な現代社会において、しつこい疲れに悩まされている方は多いはず。今回は、ZERO GYMによる書籍『超疲労回復』[ZERO GYM(著)、松尾 伊津香(著)、板生 研一(監修)、駒澤 真人(監修)]から、現代人の疲れが取れない2つの原因と、最速で疲労回復に導く4ステップを特別にご紹介します。


これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

健康な人なら、1日に1度はあるお通じ。「毎日お通じがあるよ」という人でも、便の状態をしっかり把握できている人は少ないかもしれません。私たちが食べたものは体内で消化吸収され、吸収された栄養素を使い、身体に吸収された栄養素は、エネルギーや身体に必要な物質をつくり出すのに使われます。その残りとして不要になったものが「便」です。つまり、せっかく栄養バランスのよい食事をとっても、栄養素が体内できちんと利用されなければ、栄養不足と同じ状態になってしまいます。食べたものを使える身体にするには、きちんと消化吸収ができる身体へと変えていきましょう。


入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

2021年8月24日、東京パラリンピックが開催されました。その幕開けを彩る華やかな開会式で、パラ楽団によって演奏が奏でられるなか、リレー形式で次々に掲揚台へと運ばれていくパラリンピック旗。掲揚台までまもなくという終盤に差し掛かり、パラリンピアンたちから旗を託されたのは、8人のエッセンシャルワーカーでした。その1人として先頭で旗を運ぶ大役を担ったのが、東京電力パワーグリッドに所属する大峠志帆さんです。全世界が注目する舞台で、会社のユニフォームを身にまとい、堂々たる姿を見せてくださった大峠さんに、開会式出演のエピソードや現在の仕事についてお話を伺いました。


今月のおすすめ