レジリエンスを高める4つのポイントーマインドフルネスでしなやかな心へ

レジリエンスを高める4つのポイントーマインドフルネスでしなやかな心へ

日々のストレスが原因で人に当たってしまうことはありませんか。破滅的な方法でストレスを発散していては、心身の健康や人間関係に悪影響を及ぼしかねません。この記事では、現代の人々に求められている能力「レジリエンス」を紹介します。


レジリエンスとは

「レジリエンス(resilience)」とは、「復元力」「回復力」「弾力」などと訳される言葉です。
たとえば、地震や豪雨が頻発する世界屈指の災害大国・日本では、大規模災害に対して、被害を最小限に留め、迅速な復旧・復興を可能にするために「国家強靭化(ナショナル・レジリエンス)」が推し進められています。

ストレスにしなやかに対応する力
心理学の領域では、アメリカの心理学者ボナノによって「極度の不利な状況に直面しても、正常な平衡状態を維持することのできる能力」と定義されています。

しばしば「ストレス耐性」と同義で扱われるため、「周囲の影響を跳ね返す”鋼”の心」というイメージを持たれがちですが、厳密には正しい表現とは言えません。レジリエンスは周囲の影響に対して柔軟に適応できる力であり、言うなれば”竹”のような「硬さ」と「しなやかさ」を合わせ持った心だと言えるでしょう。

なぜ現代の人々に必要なのか

新型コロナウイルス感染症(COVID−19)の拡大により、メンタル不調に陥る「コロナうつ」が社会問題化しました。一方で、コロナ禍をきっかけにして、自宅での筋トレを習慣化した人、食生活を改善した人、ワークライフバランスを見直した人等々、ポジティブな方向に自分を変えた人も少なくありません。

困難なできごとは、必ずしも人生の結果をネガティブに決定づけるものではありません。自分でコントロールしたり、修正したり、成長したりできる部分がたくさんあります。それがレジリエンスの役割です。レジリエンスを高めることは、困難な状況を乗り越えるのに役立つだけでなく、その過程で自分を成長させ、さらには人生を向上させる力となるのです。

レジリエンスを育むには

ストレスへの耐性は性格の問題で鍛えられないと思われるかもしれません。しかし、レジリエンスは特別な能力ではなく、誰もがポテンシャルを持っています。アメリカ心理学会(APA)は、レジリエンス向上を目指すために、

・つながり
・健康
・目的
・健全な思考
の4要素に基づく行動を提案しています※1。

人とのつながりを築く

自分の気持ちに共感してくれる人、信頼できる人といった理解者の存在は、困難な状況にあっても自分が一人ではないことを思い出させてくれます。

まずは、家族、恋人、友人、会社の仲間など、今つながっている人との時間を大切にすること。そして、ボランティア活動や趣味の教室など、目的意識や喜びを提供してくれるコミュニティに参加してみるのも手です。

心身の健康を育む

栄養バランスのとれた「食事」、十分で良質な「睡眠」、適度な「運動」といったポジティブなライフスタイルを心がけることで、ストレスへの適応力を高め、不安や抑うつなどの感情の影響を軽減することができます。

大きな失敗や悲しい出来事に遭遇すると、その痛みをやけ食いなどで隠したくなるかもしれませんが、それでは心を癒すことはできません。ストレスを完全に排除しようとするのではなく、ストレスに対処するためのリソースを体に与えることに重点を置きましょう。

目標に向かって積極的に行動する

現実的な目標を立て、達成したいことに向けて、小さなことでも良いので定期的に実行しましょう。

達成できなさそうなことに目を向けるのではなく、「自分が行きたい方向に進むために、今日できることは何か」と自問してみてください。その過程で大なり小なり苦労をした結果、何らかの点で自分が成長したことに気づき、自分の価値を発見できるかもしれません。

物事を前向きに捉える

ポジティブな心持ちは、困難に直面したときの回復力に大きく影響します。

強いストレスを感じる出来事を変えることはできないかもしれませんが、その出来事をどう解釈し、どう対応するかは変えることができます。変化を受け入れることで”変えられる状況”に目を向け、前に向かって踏み出すことができるのです。

マインドフルネスを活用しよう

マインドフルネスとは、”ただ目の前のことに集中する姿勢”であり、呼吸や体感に意識を向ける「メディテーション(瞑想)」などが主なアプローチ方法です。

瞑想というと精神統一や一リフレッシュ効果がイメージされがちですが、マインドフルネスの効果はそれだけではありません。継続することで、脳疲労の緩和、自律神経の調節、精神が安定することによる対人関係の改善なども期待できるため、「つながり」「健康」「目的」「健全な思考」という4つの戦略を実践する上で、大きな手助けとなるでしょう。

関連する投稿


幸せの源は食事!食事の時間を大切にして疲れない心と身体を手に入れよう

幸せの源は食事!食事の時間を大切にして疲れない心と身体を手に入れよう

あなたは昨日食べたものを思い出せますか?もしかすると、今朝食べた朝ごはんやランチも思い出せなかったりするかもしれません。食べたものが身体をつくり、健康を支えているのだと頭では理解はしていても、仕事や趣味の時間が優先されてしまうことも。しかし、最終的に食べることは「幸せに生きる」ということにつながるのです。


「よく噛んで食べる」ってどのくらい?実は「舌先」が重要だった!

「よく噛んで食べる」ってどのくらい?実は「舌先」が重要だった!

秋は食欲の季節。美味しいものに囲まれて、ついつい食欲がコントロールできなくなってしまうこの時期ですが、舌先をうまく使うことで食欲を安定させることができるのだとか。その方法とは?


あなたのストレスは〇〇ゾーン?!自己管理と体幹トレーニングでリラックスする方法

あなたのストレスは〇〇ゾーン?!自己管理と体幹トレーニングでリラックスする方法

もしもストレスセンサーなるものがあれば、日本のオフィス街は3月から4月にかけてが最もストレスフルであると検知されるでしょう。なぜなら、入社や引っ越し、転勤、配置転換、上司が変わったなど、春は変化の季節だから。あなたはストレスの多い、ストレスフルになっていませんか?


秋に食欲が増すのはなぜ?食欲と健康との関係

秋に食欲が増すのはなぜ?食欲と健康との関係

秋になると「○○の秋」という言葉をよく耳にしますが、そのうちの1つに「食欲の秋」があります。秋の味覚を堪能しすぎて、ついつい食べすぎてしまったという経験がある人もいるのでは。今回は、秋に食欲が増す要因や、食欲の乱れと心身の健康の関係について解説します。食欲をコントロールして、軽やかな体を手に入れましょう!


はたらく世代の7割超が「運動習慣なし」-健康経営で身体を動かせる職場づくりを

はたらく世代の7割超が「運動習慣なし」-健康経営で身体を動かせる職場づくりを

日本では運動不足が原因で毎年5万人が死亡しているとも言われており、※1「運動」は「食事」や「睡眠」と並んで心身の健康に絶対に欠かせない要素です。しかし、はたらく世代(20~64歳)の7割超は運動習慣を持っていないことが厚生労働省の調査で明らかになりました。


最新の投稿


電気工事士マンガ「転電虫」 第三回 ひきまわし

電気工事士マンガ「転電虫」 第三回 ひきまわし

電気工事の仕事には、多くの道具を必要とします。この回では、通常では耳にしないとある道具がでてきます。


普段の「習慣」を成功の糧に!ルーティーンを設けると変わる3つのこと。

普段の「習慣」を成功の糧に!ルーティーンを設けると変わる3つのこと。

ルーティーン(routine)は、生産性を高める上で、とても大切なことです。日常にルーティーンを取り入れることでどのようなメリットがあるのかを解説します。


幸せの源は食事!食事の時間を大切にして疲れない心と身体を手に入れよう

幸せの源は食事!食事の時間を大切にして疲れない心と身体を手に入れよう

あなたは昨日食べたものを思い出せますか?もしかすると、今朝食べた朝ごはんやランチも思い出せなかったりするかもしれません。食べたものが身体をつくり、健康を支えているのだと頭では理解はしていても、仕事や趣味の時間が優先されてしまうことも。しかし、最終的に食べることは「幸せに生きる」ということにつながるのです。


「困っている人を助けることが私の使命」東京オリンピック開会式でエッセンシャルワーカー代表に任命された電気技術者が語る仕事への誇り

「困っている人を助けることが私の使命」東京オリンピック開会式でエッセンシャルワーカー代表に任命された電気技術者が語る仕事への誇り

2021年7月23日、オリンピックスタジアムで東京オリンピック開会式が開催されました。五輪旗をリレー形式で掲揚台まで運ぶシーンに突入し、リレーの終盤という大役を任されたのは、アスリートでも著名人でもなく、8人のエッセンシャルワーカーの代表。そのうちの1人として抜擢されたのが、東京電力パワーグリッドに所属する南條優希さんです。大きな舞台で、堂々と勇ましい姿を見せてくださった南條さんに、開会式出演時の思い出から現在の仕事について、たっぷりとお話を伺いました。


【エッセンシャルワーカー対談 第一回】 電気と医療の現場で働く両者が気づいたインフラを支える仕事の共通点とは

【エッセンシャルワーカー対談 第一回】 電気と医療の現場で働く両者が気づいたインフラを支える仕事の共通点とは

新型コロナウイルスの感染拡大により、注目を受けた「エッセンシャルワーカー」。電気の現場で働く人はもちろんのこと、医療現場で働く人もまたエッセンシャルワーカーです。この2つの現場で働く両者が出会い、対談を実施。異なる現場で働くエッセンシャルワーカーが話し合う中で見出した共通点とは、何だったのでしょうか?


最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 関東電気保安協会 電験二種 ストレッチ