健康は正しい姿勢から!いい姿勢のとり方とは?

健康は正しい姿勢から!いい姿勢のとり方とは?

姿勢を改善したい、正しい姿勢を理解したい、そんな人は必見です。


姿勢で呼吸のしかたは変わる

子どもの頃に教わった良い姿勢は、どんな姿勢かを想い出してみてください。胸をピンッと張って肩甲骨をよせて、肩は後ろに引いて、肘や膝はビシッと伸ばす。そう教わりませんでしたか。

まずその姿勢をとってみましょう。その姿勢で呼吸をしてみてください。すんなりとできましたか?そのままの姿勢で力を抜いてみてください。しっかりと抜けましたか?抜けないのではないでしょうか。

俗に言う良い姿勢というものをとったにもかかわらず、呼吸が浅くなる、力が抜きにくいということは、少なくともその姿勢がじつは理想的ではないことを示しています。先ほどの呼吸を深くする呼吸法でもわかるように、体を開く方向を強くしすぎると息は深く吸えないのです。

そもそも、背筋をまっすぐというのは、その言葉自体に無理があります。もともと人間の背骨は生理的湾曲といって、横から見ればS字カーブを描いており、これが人間のさまざまなしなやかな機能を支えているのです。そもそもまっすぐになっていない生理的な構造に対してまっすぐという発想が、いかに無理であるかは誰が考えても明らかではないでしょうか。

用途や目的によって背筋をまっすぐにしてもよいのですが、それを保とうとする必要はまったくありませんし、むしろ弊害のほうが大きいのです。体のことを勉強し、日々患者さんの体と向き合っている石や整体などの先生は、この事実をよく知っています。このピンピン姿勢が保持すべき良い姿勢ではないということが、近い将来には当たり前に知られるようになるのではないでしょうか。

本当に良い姿勢は楽な姿勢

良い姿勢をとるには、まずは無駄な動きをやめることです。胸を張ろうとしない、肩甲骨を寄せようとしない、肩は後ろに引かない、肘や膝はビシッと伸ばさなくてもよい、まずこれだけを守りましょう。これだけで楽になるはずです。

本来人間には、動物としての快・不快の感覚があるのですが、人間には思考があり、子どもの頃からたたき込まれてきた正しい姿勢という教育によって、緊張して呼吸が浅くなってしまう姿勢を無条件によしとして、それができないのは体ができていないからだというように思い込んでしまっています。そして無理につらい状態でこらえるということで、良いといわれている姿勢を保持しようとしているのです。

姿勢というのは思考が硬直化して、体の感覚としてつらいのに、自分の感覚ではなく人から言われたことが正しいという無条件の前提に立ちやすくなっている典型的な例です。思考があまりにも優位になり思考偏重になりすぎてしまうと、人間という動物本来が持っている体の感覚が劣化してしまうのです。

背筋をピンと伸ばしてみてください。そのときに背中の背骨の両脇にある筋肉を感じてみてください。ギュッと力が入って縮んでいることでしょう。

実は背筋をピンとするという行為は、背筋を縮めています。伸ばしていると思いながら、実は縮めてしまっていたのです。

さらに、ピンとしたままで深呼吸をしてみてください。深く入らないのがわかるのではないでしょうか。無理に力をいれる行為は体にとっても無理になります。背筋をピンとしていると背中がつらくなって保持できない、というのは怠け者ではなく、人間が動物としてもつ当たりまえの感覚なのです。

シーンによってはピンとすることも必要なときがあるとは思いますが、背筋をピンとすることは体を緊張させてしまいますので、常にその状態でいると呼吸を浅くし、体を緊張させていまうことは知っていたほうがよいでしょう。さきほどの姿勢の話とあわせると、もはや笑ってしまう人もいるかもしれませんが、笑えないくらいに思考が硬直化してしまっていることが問題なのです。

リラックスして深い呼吸をするよう心がけよう

良い姿勢をとるには、無駄な動きをやめること。頭を柔らかくして、無理な力を入れることをやめてみてください。人間本来がもっている動物的な感覚を蘇らせましょう。リラックスして、深い呼吸をすることを、ふだんから心がけるようにしてみてください。


元記事「健康は正しい姿勢から!いい姿勢のとり方とは?」は2017年2月2日にBUSINESS LIFEに掲載されたものです。

健康は正しい姿勢から!いい姿勢のとり方とは? | ビジネスライフ(BUSINESS LIFE)

https://business-life.jp/mental/2432

「なにもしていないのに調子がいい」(著:森田敦史)より 姿勢で呼吸のしかたは変わる 子どもの頃に教わった良い姿勢は、どんな姿勢かを想い出してみてください。胸をピンッと張って肩甲骨をよせて、肩は後ろに引いて、肘や膝はビシッと伸ばす。そう教わりませんでしたか。 まずその姿勢をとってみましょう。その姿勢で呼吸をしてみてください。すんなりとできましたか?そのままの姿勢で力を抜いてみてください。しっかりと抜

関連する投稿


これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

健康な人なら、1日に1度はあるお通じ。「毎日お通じがあるよ」という人でも、便の状態をしっかり把握できている人は少ないかもしれません。私たちが食べたものは体内で消化吸収され、吸収された栄養素を使い、身体に吸収された栄養素は、エネルギーや身体に必要な物質をつくり出すのに使われます。その残りとして不要になったものが「便」です。つまり、せっかく栄養バランスのよい食事をとっても、栄養素が体内できちんと利用されなければ、栄養不足と同じ状態になってしまいます。食べたものを使える身体にするには、きちんと消化吸収ができる身体へと変えていきましょう。


【受験生必読】受験勉強中は体調を崩しやすい?心と身体を整える方法3選

【受験生必読】受験勉強中は体調を崩しやすい?心と身体を整える方法3選

受験とは、多くの学生にとって緊張しやすい大事なライフイベントですが、「受験勉強中はあまり寝つけない」「本番前に風邪をひきやすい」など、中には体調を崩す人もいるようです。そこで、この記事では、受験勉強期間でも心と身体を整える方法を3つ紹介します。


知らなきゃ損する、糖質制限の真実。「炭水化物はいらない栄養素」は正しくない!

知らなきゃ損する、糖質制限の真実。「炭水化物はいらない栄養素」は正しくない!

本記事では『ひとり暮らしビジネスマンのための食事と健康大改善』より、タンパク質に関する間違いがちな食の知識についてご紹介します。筋トレ・ダイエットでよく聞く炭水化物抜きは本当に健康にいいのでしょうか…?


満腹感の決め手は「ほかほか・とろとろ」?どか食い・むちゃ食いを防ぐ胃のトレーニングとは

満腹感の決め手は「ほかほか・とろとろ」?どか食い・むちゃ食いを防ぐ胃のトレーニングとは

食べ物を口にしてから「お腹いっぱいだ」と感じるまで、およそ20分かかると言われています。多少の物足りなさを感じても、20分待てば自然と満腹感を得られ、食べ過ぎなくなる、そのメカニズムとは?


呼吸法で筋肉・内臓・心を整えよう

呼吸法で筋肉・内臓・心を整えよう

呼吸をエリアで分けるという考え方があります。最大に息を吸った状態(最大吸気点)をエリア1、その手前をエリア2、ほどよく力が抜けた状態の呼吸をエリア3、これ以上吐けないという状態(最大呼気点)をエリア4とします。体調や体質の管理を図る上で最も重要なポイントは、ふだんの呼吸の中心がどの呼吸エリアにあるのか、ということです。


最新の投稿


転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

いろいろな理由で自分と同じ40代で転職を考えられていらっしゃる方々、その他の年代で転職を考えておられる方々が多くいらっしゃると思います。この記事では、非正規雇用の自分が転職を決意した理由、お金や手続きなどについて、体験・経験したことを紹介していきます。


【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

受験勉強中、理由もなく家族や友だちにイライラする自分に気づいて、自己嫌悪に陥ってしまう。このイライラはどこからくるのでしょうか? 受験期は自分と懸命に向き合っているからこそストレスも溜まりやすいもの。 今回は、家族や友人にイライラする心理とその原因について解説します。


疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

寝ても寝ても疲れが取れない、四六時中仕事のことが浮かんできて気が休まらない…多忙な現代社会において、しつこい疲れに悩まされている方は多いはず。今回は、ZERO GYMによる書籍『超疲労回復』[ZERO GYM(著)、松尾 伊津香(著)、板生 研一(監修)、駒澤 真人(監修)]から、現代人の疲れが取れない2つの原因と、最速で疲労回復に導く4ステップを特別にご紹介します。


これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

健康な人なら、1日に1度はあるお通じ。「毎日お通じがあるよ」という人でも、便の状態をしっかり把握できている人は少ないかもしれません。私たちが食べたものは体内で消化吸収され、吸収された栄養素を使い、身体に吸収された栄養素は、エネルギーや身体に必要な物質をつくり出すのに使われます。その残りとして不要になったものが「便」です。つまり、せっかく栄養バランスのよい食事をとっても、栄養素が体内できちんと利用されなければ、栄養不足と同じ状態になってしまいます。食べたものを使える身体にするには、きちんと消化吸収ができる身体へと変えていきましょう。


入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

2021年8月24日、東京パラリンピックが開催されました。その幕開けを彩る華やかな開会式で、パラ楽団によって演奏が奏でられるなか、リレー形式で次々に掲揚台へと運ばれていくパラリンピック旗。掲揚台までまもなくという終盤に差し掛かり、パラリンピアンたちから旗を託されたのは、8人のエッセンシャルワーカーでした。その1人として先頭で旗を運ぶ大役を担ったのが、東京電力パワーグリッドに所属する大峠志帆さんです。全世界が注目する舞台で、会社のユニフォームを身にまとい、堂々たる姿を見せてくださった大峠さんに、開会式出演のエピソードや現在の仕事についてお話を伺いました。


今月のおすすめ